香典の金額相場!みんなが悩むお香典の金額を大公開!

香典の金額相場!みんなが悩むお香典の金額を大公開!

  • LINEで送る
この記事の所要時間: 418


香典の金額って?相場はどれくらい?

失礼があってはいけない!
知らなかったじゃすまない葬儀マナー!

香典で悩むこといえば、、、やっぱり金額。
いったい、いくら包めばいいの~?

故人との関係や、お付き合いの度合い、深さによって
その考え方(金額)はさまざまです。

ですが、葬儀関連のお仕事でもしていなければ
葬儀のマナーだったり、香典の金額相場に詳しい人なんて、
実際にはそうそういません!

もしも、一緒に葬儀に参列される方の中に
相談できる人がいるならば、ぶっちゃけ相談するのがベストです!

とはいえ、

金額の相場くらいは知っておきましょう!


いったい、お香典の金額、相場はどれくらいなのか?

みんなが悩むお香典の全国平均相場と、
知っておくべき香典マナーを徹底調査!

相場とあわせて、香典に関するQ&Aをまとめました♪
ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

香典の意味とは?


まずは、相場の前に「お香典」の講釈をひとつ。

そもそも、お香典とはどんな意味なのか?

香典とは本来、
喪家の負担を軽くするためのものなのです。


つまりは、故人を供養する葬儀で、
線香などの代わりとして差し上げる金銭のことです。

葬儀をとりおこなう喪家の負担を
少しでも軽くするために、弔問客が遺族に対して贈るようになった風習なのです。


もともとが負担を和らげるための「お気持ち」のため、
一概にいくら!と決まっているわけではないのです。


ですが、

香典を用意する側としては、少なすぎれば失礼にあたる。

かといって、、、

多すぎると、遺族に負担をかけてしまう。

と、

なかなか厄介なものではありますが、
遺族の方に失礼なく、無事に乗り切るため、
次の全国のお香典相場を参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

香典の全国相場全国平均額

では、気になる香典の全国平均金額です。

この金額の算出については、互助協会のアンケート結果や
各書籍等からの情報をまとめ、平均額を出しています。

 
20代

全国平均相場
30代

全国平均相場
40代

全国平均相場
50代

全国平均相場
60代

全国平均相場
祖父母10,00010,00010,00010,00010,000
50,00050,00050,00050,00050,000
兄弟姉妹50,00050,00050,00050,00050,000
おじ、おば10,00010,00020,00020,00020,000
それ以外の親戚5,0005,00010,00010,00020,000
職場関係5,0005,0005,0005,0005,000
勤務先社員の家族5,0005,0005,0005,0005,000
取引先関係5,0005,0005,0005,00010,000
友人、その家族5,0005,0005,0005,00010,000
近所5,0005,0005,0005,0005,000
その他5,0005,0005,0005,0005,000

以上が香典の平均相場となります。

葬儀に関する書籍はもちろん、
お坊さん、葬儀屋さん、墓石屋さんといった知人に徹底リサーチ。

調べられるものは徹底的に調べ上げた金額です!


余談ですが、こうしてみると、葬儀関係の知人って多いな…
と思い知らされたりもしました。

ということで、

相場金額には自信があります!
ですが、これはあくまでも相場です。


もし、葬儀に行く方と相談できるのであれば、
絶対に相談することをおすすめします。

周りの方との金額が違いすぎる、
多すぎても少なすぎても良いことはありませんので。。。

スポンサーリンク

香典に関するQ&A

よし、お香典の相場金額はわかった!

でも待った~!

ここで香典に関して、知っておいた方が良いこと、
香典に関する知っておくべき2つのマナーを、
Q&Aにて紹介いたします!ぜひ、ご参考に!


Q1. 香典に包むお金に新札はNG?

一般的なマナーとしてNGです。

急に起こった葬儀に対して、新札を使うということは、
「事前に準備していました」という印象を与えてしまうため、
あまり好ましくありません。

かといって、あまりにもシワシワなお札も失礼。
もし、新札を使う場合には、1度折り目をいれてから
包むようにした方が良いでしょう。



Q2. 香典で包んではいけない金額がある?

基本的なマナーとして、
弔事には偶数を用いるのが一般的です。

ただ、最近ではあまりその辺に神経質にならなくても良いでしょう。

しかし、

4、6、9の金額は避けた方が賢明です。

4は「死」、6は「無・亡」、9は「苦」を連想させてしまいます。



また、お香典の表書きと渡し方については、
こちらの動画がわかりやすく説明しています。


ついでに、ご焼香の仕方もどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなか、おおやけにはならないお香典ですが、
ここで紹介した金額の相場をぜひ参考にしてみてください。

ただ、
ここで紹介した金額は、あくまでも一般的な相場金額です。

度々、言っていますが、
葬儀に行かれる方で相談できる人がいる場合には、
事前に話合って金額を決めることをおススメします。


もし、相談できる方がいない場合には、
ここで紹介した相場金額を参考にしてもらえれば
間違いありません!

ぜひ、ご参考に♪

スポンサーリンク
           
 
   
こちらの関連記事も人気です♪
  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ