妊娠初期の腹痛と出血。赤ちゃんは大丈夫?14の簡単チェックシート

  • LINEで送る
この記事の所要時間: 1214

赤ちゃんとお母さんとの幸せな妊娠生活がスタートして、
とっても大切な妊娠初期…そんな時に…

「なんだか、
お腹が張って痛い…」

「えっ、出血した!…
赤ちゃんは大丈夫なの…?」


と、
とっても心配になる症状が出る方は多いかと思います。


大切な赤ちゃんが無事にお腹の中で育ち、
元気に産まれてきてくれる事がお母さんにとって何よりの願い…

そんなお母さんにとっては、
腹痛や出血などが起きることは一大事です!


今回は、そんな妊娠初期に起こる
腹痛と出血について、なぜ起きたのかという原因と

腹痛が起きたときの
 7つのチェックシート。

出血が起きたときの
 8つのチェックシート。


と、それぞれ分けて詳しく説明していきます。

お母さんの不安が少しでも早く解消される為にも
是非、参考にしてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

腹痛と出血

まずは、
お腹の張りや痛み、出血はなぜ起きてしまうのか…

腹痛や出血が起きてしまう原因をいくつか紹介します。

もちろん、これに当てはまらない場合もあります。

ただ、だからといって必要以上に慌てたり、
安易な自己判断は絶対にしないでください。


このような原因が考えられるということを参考にして、
まずは、すぐにかかりつけの産婦人科医に
連絡をとるようにしましょう。

いまはネットや本などで、
すぐに情報が取れる時代です。

ですが、

ネットなどの情報だけで、
自己判断し対処することはせず、
医師からの指示に従い、診断してもらうようにしてください。

スポンサーリンク

妊娠初期 腹痛の原因

お腹の張りや腹痛は、
妊婦さんの殆どの方が経験することです。

下の1~3の原因ならあまり心配はいりません。

ただ、4・5の場合や、
その他の原因の場合は、一刻も早く医師の診察が必要です!


ですから、
大切な赤ちゃんとお母さんの為にも、
絶対に自己判断はしないようにください。




1. 子宮が引き伸ばされている

本来小さな子宮が妊娠により、
どんどん大きくなっていることで、
子宮が引き伸ばされていることにより起こる痛みです。

また、それに伴いお腹の皮膚も引き伸ばされている為、
痛みが起きることがあります。




2. 卵巣の腫れ

妊娠初期に、ホルモンバランスが変化し、
一時的に卵巣が腫れてしまうことがあります。

その際に痛みを伴うこともあります。

大抵は、妊娠14週頃までに腫れもひき、
痛みも無くなります。




3. 便秘

意外と多いのが、
便秘による腹痛やお腹の張りです。

妊娠するとホルモンバランスの変化により
腸の動きが鈍くなります。

その為、妊娠前より便秘になりやすくなっています。

「そういえば、ここ最近、出ていなかったな…」

という方は、もしかしたら便秘の可能性も大です。

しかし!
妊娠中にトイレで無理に力を入れるのは厳禁!!

ただの便秘かも…と放置せず、
かかりつけの産婦人科医へ相談してください。

妊婦さんでも使用できる安全な便秘薬を
処方してくれる場合もあります。

また、妊婦さんの便秘解消については、
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。
 >妊婦さん便秘解消法!簡単で効果的な3つの解消法とは?




4. 子宮筋腫

子宮筋腫とは、簡単に説明すると、
子宮に出来る良性の腫瘍です。

もし子宮筋腫があった場合は、
妊娠したことにより筋腫が大きくなってしまい、
お腹の張りや痛み、出血を起こすことがあります。

また、妊娠中の子宮筋腫は
早産や流産の可能性が高くなってしまうので、
必ず産婦人科医の診察が必要となります。

こちらの記事では、妊娠初期の流産について
詳しく解説しています。あわせて参考にしてみて下さい。
 >妊娠初期の流産。その兆候と症状とは?赤ちゃんを守る10の予防策




5. 切迫流産

切迫流産とは…

赤ちゃんは無事だけど、
流産の兆候がある状態を言います。

切迫流産になるとお腹の張りや痛み、
出血などの症状が出ることがあります。

こちらの動画でも更に詳しく説明しています。


しかし、もし切迫流産になったとしても、
多くの方が妊娠を継続出来ています。

その理由とは
「安静にする」「張り止めの薬を服用する」等、
医師からの指示をきちんと守ったからです。

これには、絶対に医師の診察が必要となります。

とくに、妊娠初期の不安定なときは、
不安なことや身体の不調があった場合には、
すぐに医師に相談するようにしましょう。





【腹痛】 7つのチェックシート

妊娠時におきる腹痛の、4つの原因を挙げましたが、
いずれの場合も、自己診断で原因を特定することは困難です。

また、ネットや本などの知識だけで自己診断し、
解決することはとても危険なことです。

かならず、医師の診断を受けるようにしてください!


その際に、

「先生にどこまで伝えればいいの?」

「先生に聞かれたけど、そんなこと確認しなかった」


などという時の為に、

腹痛が起きた際の
簡単な7つのチェックポイントを紹介いたします。

産婦人科医の診断は絶対ですが、

「どんな状態なのか?」

は、診察時にとても重要なことなので、
7つチェックポイントをしっかり確認しておきしょう。



腹痛・お腹の張りのチェックポイント

1. しばらく安静にすると治まるか


2. 身体を温めると治まるか


3. 周期的に起こっているか


4. どの位の時間、痛みや張りが続いたか


5. 出血は伴っていないか


6. 出血を伴っている場合、どの位の量か

  (生理の何日目位など)

7. 性交渉は行っていないか


以上が腹痛が起きた際の7つのチェックポイントです。

診察を受ける際に聞かれることも多いので、
正確な診断を受ける為にしっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期 出血の原因

つづいて、妊娠初期の出血の原因です。


妊娠中の突然の出血…

あまりのショックと不安で
いてもたってもいられなくなりますよね。

どんな原因が考えらえるかをいくつか挙げていますが、
どれも自己判断は厳禁です!

もちろん、
心配のいらない出血の場合も多くあります。

特に、妊娠初期は不安定な為、
比較的出血しやすいと言われています。

ですが、出血の場合は特に、
至急を要する可能性も考えられるので、
必ずかかりつけの産婦人科医に診てもらいましょう。




1. 子宮筋腫

「腹痛の原因」でも説明しましたが、
子宮筋腫の場合、腹痛の他に出血の症状が出る場合があります。

早産や流産を避ける為にも、
すぐに医師の診察が必要です。

こちらの記事もあわせて参考にしてみて下さい。
 >妊娠初期の流産。その兆候と症状とは?赤ちゃんを守る10の予防策




2. 切迫流産

こちらも「腹痛の原因」で説明しましたが、
お腹の張り、痛み、出血などの症状が出ることがあります。

無事に妊娠を継続させるためにも、
医師の診察、指導を受ける必要があります。




3. 絨毛膜下出血

絨毛膜下出血とは、
絨毛膜と子宮内膜との間に血腫が出来てしまうことを言います。

妊娠初期に起こる事が多いです。

症状としては出血が起きますが、その量は
下着に付く位のほんの少しの場合もあれば、
生理のような出血の場合もあります。

医師の診察を受けて治療しないと、
切迫流産などを引き起こす可能性もあります。


この動画で妊娠初期の出血の原因について
更に詳しく説明しています。

こちらも是非、参考にしてみてください。



【出血】 8つのチェックシート

出血が起きる3つの主な原因を挙げましたが、
腹痛と同様に、いずれの場合も医師の診断が絶対に必要です。

妊娠時のお母さんの体は、
妊娠前とは大きく変わり、変化しています。

何度も言いますが、

これぐらいなら・・・

と、軽く考える自己判断は絶対にNGです!

「医師の診断は必須」

そのうえで、

起きている症状、状態を自分でしっかりチェックして、
診断の際に、正確に医師に伝えられるよう
このチェックシートを利用してください。

では、出血が起きたときの8つのチェックシートです。



出血のチェックポイント

1. 出血の量はどの位か

 (生理の何日目位など)

2. 出血の色は何色か


3. いつから出血しているか


4. 出血がどの位続いているか


5. 血の塊のようなものはないか


6. 腹痛やお腹の張りは伴っていないか


7. 発熱、吐き気など他の症状は出ていないか


8. 性交渉は行っていないか



以上が出血のチェック項目です。

医師からの診察の際に、これらの項目は
聞かれることが多いので自身でしっかりチェックしておくとよいでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠初期におこる腹痛と出血について、

・考えられるいくつかの原因

・医師の診察を受ける際に
 必要なチェックポイント


を紹介してきました。

また別の記事では、妊娠初期に起こる身体の変化、
トラブルについて紹介しています。
 >妊娠初期の頭痛と吐き気。市販薬はOK?私がやった14の対処法
 >妊娠初期の出血。茶色の血や出血量の意味?3つの原因と対処法
 >妊娠初期の黄色いおりものは何のサイン?6つの原因と着色全解説
 >妊婦さん便秘解消法!簡単で効果的な3つの解消法とは?
 >妊娠中は口臭がきつくなる!妊婦さん必見、4つの原因とその対策
 >妊娠初期の食べ物!子供に良い4つのおすすめ栄養素とレシピ!
 >妊娠初期に要注意の食べ物!ママが注意すべき4つの食材とは?


妊娠中は少しでも体調などに変化が起きると、
大切な赤ちゃんが無事なのかどうか…
お母さんは心配で仕方ないですよね。

でも、
大抵の場合は特に心配することがない場合が多いです。

ただし、それは
医師でなければ確実な診断はできません。

ここで紹介した原因は、特に多くみられるものですが、
あくまで一例に過ぎません。


また、お腹の中に赤ちゃんが宿ったということで、
お母さんの身体も様々な変化が起きています。

その変化に伴って腹痛や出血以外にも
お母さんにとっては、心配になるような症状が起きるかもしれません。

例え、どのような小さな症状でも
医師の診察を受けることが何よりも大切です。

そうすることで、
何もなければお母さんも安心することが出来ますよね。


また、もしも治療が必要な場合でも、
いち早く開始することで、赤ちゃんもお母さんも
元気に妊娠生活を送れる可能性がグンと高くなります。

大切な赤ちゃんの為です!

少しくらい大袈裟かも…という位でいいんです♪


これからの妊娠生活を安心して送る為にも、
何か心配な症状がある場合は
必ずかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。






  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ