胃痛に効くおすすめ胃薬8選!痛みの種類で使い分ける最強市販薬

  • LINEで送る
この記事の所要時間: 1215

胃が痛い。。。

そんな時、まっ先に頼るのは市販の胃薬!
という方はとても多いと思います。

こちらの記事では、胃薬以外の胃痛対処法も紹介していますが、

今回はズバリ、
胃痛に効く最強胃薬です!


実際、胃の不調が続いている私は、
市販薬に良くお世話になっています。

私の場合、慢性的な胃痛だったので
病院で検査もしてもらったのですが、
さいわい特に大きな異常もなく。。。

胃の不調時には、すぐに出来る対処法の1つとして
市販薬を使用しています。


胃薬はドラッグストアで買えるので、
「胃痛には胃薬」と手軽な対処法になっています。

しかし、いざ胃薬を選ぶとなると、
市販されている胃薬には沢山の種類があります。

・胃酸を抑制するもの

・消化促進するもの


それぞれ作用が違ったり、作用の強さも違います。


決して、会社や名前の違いだけではないのです。

では…

自分の胃痛には、
一体どの市販薬が合っているのか?



つまり、

一番効く最強の胃薬はどれか?ということですが、
この最強胃薬を見極めるポイントは、、、

胃痛の原因です。


やみくもに口コミの良い胃薬を試すよりも、
自分の胃痛の原因を絞り込み、
それに見合った胃薬をセレクトする。

これこそが、あなたの最強市販薬を
導き出す黄金ルートです!

今回は、私個人のオススメ市販薬を参考に、
「あなたの胃痛に効く最強市販薬」
をばっちりガイドいたします。

胃薬をえらぶ参考にしてください!
きっと、あなたの最強胃薬が見つかるはずです!

スポンサーリンク

胃痛の原因を特定する

まずは、胃痛の原因の特定ですが、

自分の胃痛の原因はわかってるよ!

という方は、
次章以降のオススメ市販薬へ進んでくださいね。


では、話を戻して、胃痛の原因です。

胃薬には大きく分けると、この3種類があります。

・胃に直接作用して痛み・不調を改善する市販薬
・身体全体の調子を整えて胃の不調を改善させる漢方薬
・胃腸を健康にする為のサプリメント


原因によって、これらをセレクトするわけです。


続いて、
胃痛の原因ですが、こちらは大きく分けて6つ。

1.食べ過ぎ

2.刺激物の摂り過ぎ

3.空腹

4.ストレス

5.冷え

6.ピロリ菌



ここでは、それぞれの詳しい解説は割愛しますが、
詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
 >胃が痛い時の対処法!胃痛の6つの原因とすぐにできる応急対策!


胃痛の原因には、
胃薬以外の対処法が有効なものも当然あります。

なんでもかんでも胃薬、
という対処の仕方はハッキリ言って間違いです!

これだ!という特定まではいかずとも、
これかな…
というとこまで絞り込んでみてください。

では、次章からは、
ズバリのおすすめ市販薬を紹介いたします!

スポンサーリンク

胃に直接効く胃腸薬

市販薬と言えば、
「西洋薬」を選ぶ人が最も多いかと思います。

西洋薬とは、薬局に行くと「頭痛」「かぜ」など
症状別に1番多く置いてある薬です。

特徴としては、
効果に即効性があり、
症状をピンポイントで治す作用があります。



ただし、ピンポイントである為、
同じ薬の中でも細かく作用が分かれています。

そのため、間違った市販薬を使用すると、
全く効果がなかったり、
かえって症状を悪化させることもあります。

西洋薬を使用する際には、
自分の症状や原因を知った上で選ぶことが重要です。


では、胃腸薬(西洋薬)と呼ばれるもので
私がオススメする胃腸薬を、実際に使用した感想も含めて、
胃痛の原因別に紹介いたします。

是非、胃薬を選ぶ際の参考にしてください!



ガスター10
原因:「胃酸過多」に効果あり

胃痛に効く胃薬として、
とても有名ですよね。

H2ブロッカー配合で、
胃酸の分泌を抑える作用があります。

病院でも使われている薬で、
「第1類医薬品」になります。
※薬剤師のいる薬局でのみ購入可能です。

私もごく稀に使用しますが、
とてもよく効きます。
即効性もバツグンです。




ブスコパンA錠
原因:「ストレス」などの胃痛・胃痙攣に効果あり

ブチルスコポラミン臭化物配合で、
急な胃痛や、胃の痙攣を治める作用があります。

この成分は、神経伝達物質へ働きかけるものです。

主に、精神面などのストレスなどからくる
胃痛・胃痙攣に効果があります。

胃の鎮痛剤という感じでしょうか。


私は、緊張しやすい性格の為、
そのような場面で差し込むような胃痛が起きた時、
いつもこの薬を服用します。

胃痛への効果は勿論ありますし、
即効性もあります。




太田胃酸A
原因:食べ過ぎによる胃の不調に効果あり

CMなどでも有名な市販薬ですよね。

こちらの薬は、4種類の消化剤が配合されており、
食べ過ぎなどによる胃痛に効果があります。

食べ過ぎで胃の中にまだ残っている感じ…
という胃の痛みや不快感に効きます。


また、上の3つとは少し異なり、
「胃へ作用する漢方」を配合した市販薬もあります。

それらは、
胃の不調の緩和に特化した漢方を配合しており、
西洋薬に比べると即効性は劣ります。

しかし、症状の緩和だけでなく、
胃の調子を整える作用もあります。

一般には「○○漢方胃腸薬」といった胃腸薬ですが、
その中でのおすすめはこれです!


大正胃腸薬K
原因:胃酸過多・胃の粘膜の修復に効果あり

胃腸へ作用する漢方を配合したもので、
胃の不調の治癒に効果があります。

私は、なんとなく胃が痛い、胃の調子が悪い…
といった時に、これを服用しています。

主な成分は漢方ですが、
胃腸へ作用するものに特化しているので、
私は割と即効性もあるように感じます。


ここでは、私が使用して効果があり、
即効性があると思った市販薬を紹介しました。

ただし、即効性があるということは、
それだけ強い薬ということです。

服用する際には、添付の説明書をよく読み、
絶対に用法・用量を守りましょう。

そして、長期服用は厳禁です。

説明書記載の期間服用しても症状が改善しない場合は、
必ず、医師の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

身体の調子を整えて胃の不調を改善する漢方薬

前章では、
胃へ直接作用する胃腸薬(西洋薬)を紹介しました。

勿論、一時的な胃痛などでしたら、
上で紹介した薬で良いのですが…

私のように、病院で検査しても問題なく、
しょっちゅう胃の調子が悪いといった方は、
「胃弱」の可能性が高いと思われます。


「胃弱」とは、、、
胃の働きが弱っている状態のことで、
生活習慣やストレスなど何らかの原因で
起こっていると言われています。


もちろん、
その原因を見つけて改善するのが1番ですが…
中々難しいですよね。

かといって、
市販薬を長期服用するわけにもいかないし…

そんな時に、漢方薬の出番です♪


私個人的には、
断然、西洋薬より漢方薬がオススメです。

漢方薬は、即効性は無いものの、
身体全体の調子を整えることから胃の不調を改善します。

つまり、根本的に胃を健康にするのです。


例えば、日常生活のストレスから
胃の不調が続いている場合…

漢方がストレスに強い身体にするよう働きかけ、
結果、ストレスによる胃の不調がなくなる…

といった感じです。


ですから、
漢方は少し長い目で見る必要がありますが、
私の感想としては、漢方が体質に合っている人は、
割と早く効果が感じられると思います。

ただ、逆に漢方が合わない人もいるらしく、
その場合、あまり効果が期待出来ないそうです。

ここでは、私がオススメする
胃の不調を改善する漢方薬を紹介します。

私のような症状の方は、
1度漢方薬を試してみるのも良いかと思います。

ちなみに、漢方薬にもいくつか種類があり、
自分に合った漢方を選ぶためのポイントも紹介するので、
是非、参考にしてください。




六君子湯(りっくんしとう)

まさに、「胃弱」の方に効果のある漢方薬です。

【こんな症状のある方に】
・体力が無い
・食が細い
・常に胃の調子が悪い
・消化不良がある





半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

ストレスによる胃の不調がある方に効果があります。

【こんな症状のある方に】
・体力が無い
・胃腸薬があまり効かない
・お腹がゴロゴロと鳴る
・げっぷが出やすい
・みぞおちにつかえた感じがする





胃苓湯(いれいとう)

冷えから来る胃の不調がある方に効果があります。

【こんな症状のある方に】
・冷たいものを飲食するとお腹を壊す
・下痢・軟便の傾向がある
・動くと胃がチャポチャポする



胃腸を健康にするサプリメント

ここまで、胃腸薬(西洋薬)、
漢方薬と紹介してきました。

最後は、胃腸の健康に必要な栄養素を配合した
サプリメントを紹介いたします。

胃腸の健康の為、日頃の栄養補助として
胃腸薬や漢方薬と合わせて
摂取するもの良いかと思います。


私は昔から胃腸が弱く、
胃薬をふくめ様々な対処法をやってきました。

胃腸のサプリに関しても

口コミ評価の高いもの・・・
友人から聞いたサプリ・・・
広告に出ていたサプリ・・・


これまでに数えきれないほどの
胃腸サプリを試してきました。

ですが、
ここ数年はずっとコレ!という
ダントツのおすすめサプリがコレです!



エビオス錠

ビール酵母に含まれている栄養素40種配合されており、
消化機能を助け、乳酸菌などの善玉菌を増やします。


ちなみに、私は毎日、
毎食後に摂取しています♪

漢方薬の効果もあるかと思いますが、
私にはバツグンに合っているようです!

今では急な胃痛などの症状が殆ど無いほどです。
サプリをご検討の方は、ぜひおススメです!




まとめ

胃痛に効く市販薬として、
胃腸薬・漢方薬・サプリメントに分けて紹介しました。

それぞれ、作用の仕方も違いますし、
効果のある症状も違います。

特に、胃腸薬を使用する場合は、
自分の症状を把握し服用することが必要ですし、
一時的な症状の改善として使用しましょう。

胃腸薬を服用しても治らない場合や、
胃痛などの胃の不調が繰り返し続く場合は、
病院の検査を受けましょう。

また、漢方薬は長期の服用で効果が出るものです。

漢方薬を使用する場合は、
病院で診てもらい問題が無かった場合に
使用することをオススメします。


当サイトでは他にも胃に関する
記事を紹介していますので、こちらもぜひご参考に!
 >胃が痛い時の対処法!胃痛の6つの原因とすぐにできる応急対策!
 >急性胃腸炎はうつる?症状と原因は?下痢や嘔吐を早く治す方法
 >胃に優しい食べ物!寝不足、疲労の胃疲れに消化を良くする4つの秘訣!
 >胃もたれ解消法!胃もたれを治す6つの対処法と危険サイン!
 >ストレス解消法!仕事や人間関係の憂鬱をなくす13の解消法!

ここで紹介したことを参考にして、
自分に合った市販薬を選んでもらえたらと思います。

(注意)
市販薬は、正しい服用方法で、
効果が発揮されます。
必ず、用法・用量を守り服用しましょう。





こちらの関連記事も人気です♪

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ