女の子の名前

植物や果実から女の子の名付け!和風な女の子の名前160例!【全解説つき!】

更新日:

★一緒に読まれているオススメ記事★
花をイメージする女の子のかわいい名前200選!
ちょっと珍しい女の子の名前152例!
女の子の二文字名前!古風な名前185選!


かわいらしくて、女の子らしくて、和風な感じで…
女の子の名前はとっても悩みます!

名付けには色んな発想方法があり、
当サイトでも1500例以上の女の子の名前を紹介していますが、
今回のテーマは、、、

植物や果実といった自然のイメージ

古風や和風といった名前は変わらない人気ですが、
植物や果実といったナチュラルなイメージも、
ここ最近はとっても人気になっています!

今回紹介するのは、植物や果実に関連する漢字を使った
女の子の和風・古風なかわいい名前を一気に160例!

名付けをうまく進めるコツは、出来るだけ沢山の名前を見て
気になる名前候補をどんどん出していくことです。

ぜひ、ステキな名前候補を見つけてください♪

スポンサーリンク


あ行の名前

植物や果実のイメージ あ行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

愛莉(あいり)

女性
愛莉という名前は、音の響きと字の印象から、可憐で女性らしい人柄をイメージさせます。この名前には、誰からも愛されるような素敵な人に育ちますように、可憐な女性になって欲しいといった願いを込めることができます。

+ 葵(あおい)

女性
15代続いた徳川家の家紋は「葵の御紋」ですし、京都の下鴨神社の御紋も「フタバアオイ」なのでとても由緒正しいものをイメージします。聡明で清廉潔白な清らかな女性になって欲しいと言う願いも込めることが出来ます。

+ 碧葉(あおば)

女性
「碧」という字は、爽やかさや聡明さをイメージさせ「葉」の字の持つ生き生きとしたイメージとよく合います。また葉のもつ成長していく、大きくなっていくイメージと合わせて、これからもどんどん聡明で健やかな子に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 杏花音(あかね)

女性
素朴なかわいらしさのある音の響きです。杏の花の持つかわいらしい印象と合わせて可憐な女性になってほしいという願いを込めることができます。また、杏は漢方の材料として現在でも用いられており、このことから人の役に立てるようになりますように、といった願いを込めることができます。

+ 蒼葉(あおば)

女性
青々とした若い葉がすくすくと育つように、まっすぐに元気よく育っていくイメージがあります。あおばちゃん、とみんなに好かれて呼ばれ、明るいキャラクターで周りの人たちにも元気を与えそうな子供になりそうです。

+ 杏樹(あんじゅ)

女性
「杏樹」という名前からは春から夏にかけて、杏が実る木のようにすくすくと育つ、というイメージがわきます。有名人で思い出すのは女優の鈴木杏樹さんで、凛とした大人の女性を思い浮かべます。名前の響きは、昔だと外国風でしたが、字面が日本的なのがギャップもありいいかと。

+ 杏珠(あんじゅ)

女性
「杏珠」という名前からは、少し妖艶なイメージがあります。
古めな印象も受けますが、子供のころより大人になってから素敵な名前と思われることが多いのではないでしょうか。
年配の方は鈴木杏樹さんのイメージが入る方も多いと思います。

+ 杏(あん)

女性
可愛く実った果実のイメージがあります。秋にみんなで豊作を喜んだり、宴会で楽しく美味しいものを食べているイメージもします。みんなに祝福されて生まれたことを伝えることが出来ますし、身も心も豊かで健やかに育って欲しいと言う願いも込めることが出来ます。

+ 杏莉(あんり)

女性
少し西洋的なイメージも抱きますが、
可愛らしく、女の子らしいイメージとともに、真っ直ぐ聳え立つ樹の幹のような、可愛らしさと、強さを兼ね備えたような女性。
世代的に歌手の、杏里さんをまず思い浮かべてしまいますが、彼女のように才能があり、美しい女性ですごくいい印象です。

+ 菖(あやめ)

女性
五月晴れの爽やかな初夏に、野原に咲く菖(あやめ)は、濃い紫の花が印象的で、かわいらしく、おしとやかな印象を与えるので、気品の高い、愛嬌のある女の子に、すくすくと育ってほしいとの願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 梓(あずさ)

女性
「梓」というのは中国では良質の木材として使用されていた樹木であり、丈夫にすくすくと育つという願いをこめることができます。また、版木として印刷に使用されていたことから、「知的」で「文化的」な印象も与えます。

+ 梓実(あずみ)

女性
「梓」という文字からきれいな新緑のイメージがあり、元気いっぱいな印象を受けます。
「実」を付けることで将来的に元気いっぱいで幸せな人生を送るイメージを受けます。
一つだけ気になることは、「梓実」と書いて(シジツ、キササゲ)と読む読み方があることで、別な読み方をされてしまうことがありそうです。

+ 亜椰(あや)

女性
「亜椰」という名前からは植物の名前を連想しにくいと思います。
椰子の椰を取っていると思いますが、気付かれた方からは南国のイメージから元気な子というイメージが沸くと思います。
名前の響き自体は少し古めなアジアンなイメージを受けますが、元気いっぱい平和にという想いは伝わってきます。

+ 彩花(あやか)

女性
「花の彩り」
字のごとく、とても華やかな印象です。
キレイな色とりどりの花のように、華やかで輝かしい人生を歩んでほしいという願いが込められています。
また、非常に女性的で優しく温かみのあるイメージの字です。

+ 絢葉(あやは)

女性
「絢」という字には、美しい、きらびやかというイメージがあります。またつくりには「糸」という字も含まれているので、色とりどりの糸のように個性的な自分の色を出して、素敵な葉のようにいつまでも美しい女の子でいてほしいと願いを込めることができます。

+ 彩芽(あやめ)

女性
鮮やかで美しい、新芽を次々と誕生させながら、自分を高めていける、努力家になりそうなイメージです。
会社などではきっとテキパキと仕事をこなし、キャリアを積んでいく自立した才能ある女性、といったイメージです。

+ 歩楓(あゆか)

女性
歩くという文字がゆったりのんびりとした女の子を想像できます。また、楓から自然や森を想像し、飾らない女の子を想像できます。少し天然なほんわかしたおんなのこりなりそうです。
あゆかと'あ'の音が多いので明るい印象をうけます。

+ 有咲(ありさ)

女性
きれいな花々が咲いている姿をイメージさせ、爽やかで明るい印象を受ける名前です。また「有る」の字からも自己肯定を感じるので、最初から軸がありセルフエスティームの高い名前なので一生価値のあるお守りにもなる名前です。笑顔を咲かせ、周りにも笑顔にしてほしいと言う願いも込めることが出来ます。

+ 杏菜(あんな)

女性
初夏に咲くアンズの花のように、優しさと可憐さを柄を連想される。また少し酸味もあり人として優しの中でも自分を失うことがない信念を持っている。
世の中の役に立つように育って欲しいという願いと、いつまでも新鮮さを失わないような人であってほしい。

+ 杏那(あんな)

女性
「杏」はおいしい果実の実る木というイメージがあり、「那」と組み合わせることで多くの幸せ(果実)を得ることができ、また幸せを周りの人に分け与えるように人助けができるような人になって欲しいという願いを込めることができます。

+ 苺花(いちか)

女性
赤くて小さい果物の苺という字を使っていることで可愛らしい女の子のイメージが強く残ると思います。まと、女の子特有に使える花の字。
苺も花もどちらも春をイメージさせることができるのでふんわりと柔らかな女の子の印象を与えることができます。
スポンサーリンク

+ 英茉(えま)

女性
エマワトソンとか 少し西洋的なイメージ。
将来、世界で活躍するような、グローバルなキャリアウーマンになりそうな名前。
外国の方にも発音しやすく、覚えてもらえそうな名前で、すごくいいです。
自分が、名前を撰べるので有ればこんな、グローバルな名前が良いです。

+ 衣緒莉(いおり)

女性
衣緒莉という名前の人はなかなかいないと思うので、名前を聞かれてそこから話に繋がって人と仲良くしていけると思います。
人の力を借りながら希望を実現していくことが上手だと思います。
なので、人脈、金脈の大きなグループでも活躍できていけると思います。

+ 絵莉(えり)

女性
「莉」には、「茉莉 (まつり) 」というモクセイ科の香りのよい木を連想させますが、これはジャスミンの香りも同じです。良い香り、ジャスミンは特に人の心をリラックスさせるので、まわりをいつも穏やかな気持ちにさせてくれ、うつくしい絵を描くように周りに希望を与え続けるような子に育ってほしいと願いを込めることが出来ます。

+ 恵蓮(えれん)

女性
とても華やかで欧米的な女性をイメージいたします。
話題の中心にいるような、みんなから愛される そんな女性。
かといって 外見的な華やかさではなくあえて漢字で書くことにより 聡明な女性であろうなとイメージします。

+ 絵莉奈(えりな)

女性
「莉」には、「茉莉 (まつり) 」というモクセイ科の香りのよい木を連想することが出来ます。これはジャスミンのリラックス効果のある香りと似ていて、この子自身もいつも穏やかな気持ちで、人に接することが出来るような人に育ってほしいと願いを込めることが出来ます。

+ 乙葉(おとは)

女性
古風で知的な女の子をイメージします。字の並びも美しいのでこども時代だけでなく、何歳になっても可愛らしさと女性らしさを兼ね備えた素敵な名前だと思います。上品で優しく聡明な女の子に育ってほしいという願いが込められているように感じます。
スポンサーリンク



か行の名前

植物や果実のイメージ か行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

楓(かえで)

女性
「楓」は秋に紅葉する葉のイメージから、色鮮やかで暖かみのある印象を与える字です。楓の葉のように、多くの人々を楽しませ華やかな気持ちにさせることができる人になってほしいという願いを込めることができます。

+ 禾織(かおり)

女性
かおりの響きから「香り」をイメージするものの「禾」の字から高貴で伝統を大切にするイメージを受けます。「織」からは織姫のイメージがあり、雅で高貴でたおやかな女性になってほしいという思いをこめることができます。

+ 花撫(かなで)

女性
大和撫子を連想させる「撫」という字が、古風で清楚な日本女性の美しさをイメージさせます。また、「かなで」という呼び名が音楽をイメージさせることから、清楚ながらも明るい子に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 花恵(かえ)

女性
花に恵まれ、そして恵の花である。綺麗で美しく幸せな風景がイメージされることから、明るく元気な天真爛漫で花がほころぶよう皆に愛される子になるよう、たくさんの人に囲まれ幸せな人生を歩めるように願いを込めることができます。

+ 叶葉(かなは)

女性
語感から「幸せな人生を歩んでほしい」という名づける方の願いが叶ってほしいというイメージを受けます。また、「葉」の言葉から里桜の「一葉」がイメージされます。染井吉野のような早咲きの桜ではなく、桜の開花時期の半ばごろに咲く八重桜ですが、上品な桜です。「一葉」のように上品でありながら、女性として幸せな人生を歩んでほしい、という思いをこめることができます。

+ 楓乃(かの)

女性
楓乃(かの)
「楓」はカナダの国旗にも使われているシンメトリーな葉です。優しくて真のあるキチッとした印象があります。
「乃」は、すなわちという助字を意味する漢字で補う言葉です。楓を陰で聞き立てるような和風のイメージがあります。

+ 花乃(かの)

女性
「花」という字の持つ可憐で華々しいイメージと「乃」という字のおしとやかで清楚なイメージを共存させることによって、様々な面を見せてくれるとても人間味に溢れた子に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 果乃(かの)

女性
音の響きがよく、優しく芯の強いイメージがあります。「乃」という字に自分の意志がしっかりとあり、「果」という字から大きな実がなるような印象で、最後までしっかりやり遂げるよう育って欲しいと願いが込められています。

+ 楓音(かのん)

女性
「楓音」という名前からは、爽やかな風に、涼やかに音を立てる楓の様子を連想することができます。
上品で、優雅に風に揺れる楓のイメージから、軽やかで上品なたたずまいの女性になって欲しいという願いを込めることができます。

+ 花音(かのん)

女性
「花」という時には、かわいらしく明るいイメージがあります。また「音」という時には、音楽がすぐイメージできます。また「かのん」という呼び方も、クラシック音楽に同音の「カノン」と呼ばれる曲が多くあることから、音楽や芸術的なものをイメージすることができます。そのため音楽や芸術が好きな感性豊かな子供に育ってほしいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 華萌(かほ)

女性
「華」という字には華やか・きれい・洗練されたようなイメージがあります。「花」の字よりも頭が良さそうなイメージがあります。華々しい人生送ってほしい、華のある人に育ってほしい、文学的に優れた人になってほしいなどの願いを込められます。

+ 茅乃(かやの)

女性
名前から柔らかな様子を想像させることから人当たりのよい人格をイメージさせることができます。また、茅はすすきのように一本筋のとおった信念を持った人に育ってほしいという願いをこめることができます。人当たりのよさがある中にも一本自分の考えを持った素敵な女性の名前だと思います。

+ 花里奈(かりな)

女性
「花」という字は栄えるという意味があり、「里」という字は人のぬくもりや素朴さという意味があり、「奈」という字は神事に用いられる果樹とい意味があります。これらの字をミックスさせることで、とてもいい意味合いの名前であることがわかります。

+ 果凛(かりん)

女性
「果凛」という名前からは果実のようにみずみずしく凛々しい女の子、といったイメージが浮かびました。凛とした女性に育ってほしいという願いを込めることができます。また名前の響きからは利発そう、活発そうな印象を持ちました。

+ 果琳(かりん)

女性
姪の名前が、かりんです。漢字は違いますが読みは同じです。かりんと聞くと姪の性格を思い出してしまいます。姪は気性が荒く、負けず嫌いです。リーダーシップを取りそうな感じもあります。また、私の家の裏に隣の家の柿畑があるのですが、一本だけカリンの木があり、枝がうちの裏庭に垂れ下がっているのですが、時々カリンの実が落ちてきます。試しにわって食べてみたのですが、苦いやら酸っぱいやらで食べられませんでした。かりんと聞くとこの時の感じがよみがえります。

+ 柑奈(かんな)

女性
柑という漢字を使う名前は珍しいので、人とかぶらない名前をつけてあげられます。3文字にすることで今どきの名前な感じにもなるし、真ん中に'ん'の字を入れることでリズム良い名前になり、たくさんの人に親しみを込めて呼ばれることができます。

+ 菊乃(きくの)

女性
古風な響きから、周りの風潮や人の意見に流されることない、芯の強い女性になって欲しいという願いが込められます。また、菊は高貴な花であることから、ご両親の大切な宝物であるという思いも込めることが出来ます。

+ 叶花(きょうか)

女性
どんなに困難で辛いことがあって転びそうになっても、いつでも美しくきれいに咲いている花のようになってほしい、そしていつか自分の夢を叶えられるような美しくて強くて素敵な人生にしてほしいという願いを込めることができます。

+ 桐子(きりこ)

女性
桐のように、丈夫で健康に育ち、まっすぐにいきいきと成長して欲しいという意味を込めて考えました。また、桐の花のように控えめでありながらも、人の心を感動させることができるよなそんな存在の女性になってほしいと思い考えました。

+ 胡桃(くるみ)

女性
「胡桃」や「桃」は果実を連想させ、両方ともその形がころんと丸いので、見た目が可愛いイメージがあります。「桃」の果実はピンク色で、女の子らしい印象も受けます。また「胡桃」は皮が固くなかなか砕けないので、根性のある、意志の強い子に育つようにといった願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 紅葉(くれは)

女性
「紅葉」秋になると真っ赤になって色んな人の心を癒してくれる木々たちのように、あなたも周りの人を惹きつける心を持ちみんなを癒せるような存在でありますように。そして、どんな強い風や雨にも打ち抜ける葉っぱのようにあなたも強く丈夫な身体でいられますように。

+ 桂花(けいか)

女性
凛とした気品のある女の子に育ってほしいという願いが込められたお名前です。
キンモクセイの花をこう呼ぶこともあります。
花言葉は「気高い人」「謙虚」です。
ご両親のこうした思いが込められた、たいへん美しいお名前です。

+ 桂(けい)

女性
「桂」からは少し力強いイメージがあります。
男性の名前でも良さそうな響きがあるため、女性だとボーイッシュなイメージを連想させます。
桂の木は大木になるイメージがあり、幹も太く葉がおいしげって、人生豊かになるような思いが込められると思います。

+ 小梅(こうめ)

女性
着物姿でとても可愛い女性のイメージがあります。実は桜より先に梅の方が咲くので春を一番初めに告げるので、寒い冬に暖かな春と言う希望を伝えてくれるイメージもあります。健気で純粋でいて欲しいと言う願いも込めることが出来ますし、何より明るく人に希望を伝えていって欲しいという想いも伝えることが出来ます。

+ 心菜(ここな)

女性
まずは音だけ聞くと可愛らしい女性をイメージしますが
漢字で見ると、 情の深い芯の強い女性を思い浮かべます。
野に咲く菜花のように、純粋で美しいが、しっかりとした女性。
ここなちゃんと呼ぶと すごく可愛いらしいイメージと持ち合わせてい漢字は、 強いイメージがあるので いいと思います。

+ 心葉(ここは)

女性
「心葉」という名前から、誠実でまじめで可憐というイメージが沸きます。
心の葉という連想から、心をいつも広げていて嘘のつけない誰とでも親しくなれる人という想いが込められると思います。
子供のころから大人になっても呼びやすく幼稚な名前に聞こえないところもよい名前だと思います。

+ 采葉(ことは)

女性
語感から「言葉(ことば)」の音感を柔らかくした「言の葉(ことのは)」がイメージできることから、奥ゆかしく柔らかい、一つ一つの言葉を大切に丁寧に扱うイメージを受けます。また、「采(こと)」からは「采配を振る」という言葉がイメージできます。言葉一つ一つの重みを大切に、誠実に物事にあたる女性になってほしいという願いをこめることができます。

+ 小桃(こもも)

女性
小さな桃の実のようにかわいらしく、みんなが自然と笑顔になるよなそんな存在になってほしいという願いを込めて考えました。桃色はみんなに愛される色でもありますから、誰からも愛されるようなチャーミングな女の子になってくれると嬉しいなというう思いも込めました。
スポンサーリンク

さ行の名前

植物や果実のイメージ さ行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

沙樹(さき)

女性
沙羅双樹がまず思い浮かびます。何か神秘的なイメージです。
サキの音感からはキュートなイメージです。音楽が聞こえてくれば踊りだす
自分も一緒に歌いだす。幼いころからアクトレスを感じさせます。
ひょっとして芸能界を目指すかもしれません。

+ 紗樹(さき)

女性
紗樹の「樹」という字は、大地に根を生やししっかりとした樹木のイメージがあります。文字自体を見ても堂々としていてあらゆる事にも動じず揺るがない感じがあります。このような事から物事に対してちゃんと向き合えるしっかりとした人に成長して欲しいという願いを込める事ができます。

+ 冴花(さえか)

女性
「冴」という字には、クールなイメージがあります。「花」という字からは、可憐なイメージを持つことができます。ですから、この名前は、知的で美しい才色兼備の女性へと育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 咲(さき)

女性
「咲」という字には、何か花を咲かせる、や開く、明るいイメージが湧きます。花を咲かせると綺麗で美しい清純です。人生の花を咲かせて清純、清楚、綺麗な女性になりますように、そして、ずっと笑顔を咲かせていますようにといった願いを込めることができます。

+ 咲楽(さくら)

女性
まず「さくら」と聞くと、日本の代表的な花である「桜」を思い浮かべる人が多いと思います。ただ、桜はすぐ散ってしまう花です。そこで「咲楽」という字をあてる人が近年増えているのだと思います。花が咲くようにかわいらしく、人生を楽しむ子になってほしいという親の願いが感じられます。また幼い子でも書きやすい簡単な文字であることも人気が高い要因でしょう。

+ 桜(さくら)

女性
柔らかいピンクの桜の花びらの色のイメージから、優しく穏やかな人になってほしいという願いを込めることができます。また、桜は日本を代表する花の一つであることから和風のイメージがあるので、清楚でしっかりした人になってほしいという願いも込めることができます。

+ 紗菜(さな)

女性
「菜」という漢字はとても女の子らしいイメージがあります。植物に由来する文字を名前に入れるとによって、こどもに健やかに成長して欲しいという親の願いを込めることができると思います。さなという音は響きもやさしくて、受ける印象はやわらかい感じがします。

+ 咲椰(さや)

女性
咲くという漢字に大きな才能を開花することを期待できます。花ではなく、素朴な「椰」子の木が咲く、または「椰」子の木に咲く、といことで、ひとりの女性としても、中身に芯の通ったしっかりとした女性になってほしいと願いを込めることが出来ます。

+ 樹里(じゅり)

女性
おおらかで筋の通ったイメージの字です。
「樹」も「里」も、何かの基本や大切な部分を連想させます。
いつどんな時も、何かに惑わされずに大切なことを忘れずに大らかに過ごしてほしいという願いが込められています。

+ 寧花(しずか)

女性
「寧」という字には、優しいイメージがあります。「花」という字からは、女の子らしい魅力をイメージすることができます。ですから、この名前には、穏やかで気立てのいい女性に育ってほしいという願いを込められます。
スポンサーリンク

+ 珠梨(しゅり)

女性
「珠」という字は、真珠を思わせるように丸く美しいイメージがあるので、魅力的な女性になってほしい、との願いを込めることができます。また、外国人のような響きから、将来海外に出ても違和感なく親しみを込めて呼べるような名前になっています。

+ 涼楓(すずか)

女性
初夏の牧場を、颯爽と駆けまわるような、清清しい
さっぱりとした、凛とした女性をイメージ。
おそらく初夏または夏生まれではないかなと想像してしまいますが、夏の強く、たくましいイメージより、夏に吹く、爽やかな涼しい、清らかな風

+ 菫(すみれ)

女性
昔からある名前ではありますが、古臭くは感じないかわいらしい名前だと思います。
夏目漱石の【菫ほどの、小さき人に生まれたし】という詩にあるように、かわいらしく可憐な中にも、石畳を押し上げて咲く力強さがあり、芯のある女性に育つと思いを込めることができます。

+ 菫玲(すみれ)

女性
可憐なパステル調のパープル色を彷彿とさせ、誠実でさわやかな、それでいてどこか匂い立つような深い静かな想いを抱かせるイメージが込められています。穏やかで、やさしいけれど、芯のしっかりした女性になりますね。

+ 芹菜(せりな)

女性
「芹」は真っ白な小花をたくさんつけることから、可憐で華やかなイメージと清潔感を感じます。「菜」の字を続けることで更に柔らかでみずみずしい緑を連想させます。読みやすく、きれいな漢字の組み合わせだと思います。

+ 芹奈(せりな)

女性
この名前からは、芹のみずみずしい自然をイメージさせます。また芹は春の七草のひとつにも数えられていますので、春生まれの子にもぴったりな名前です。芹のようにいきいきとした女性になってほしいといった願いを込めることができます。
スポンサーリンク

た行の名前

植物や果実のイメージ た行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

千花(ちか)

女性
千の花と書くことから、花がたくさん集まっている様子が想像できます。そこから花畑や小さな花が咲く樹などを連想でき、「千花」がいることで、周囲の人が楽しい気持ちになるような、華やいだ存在になってほしいといった願いを込めることができます。

+ 知果(ちか)

女性
「知果」という名前からは知性的、理知的な女の子といった印象を受けました。「知」という字が扁と旁に分かれるところを「果」という左右対称の字が支えているのが縦書きにした時の印象もスッキリしていいかと思います。チカちゃん、チーちゃんと親しみを込めて呼ばれそうです。

+ 千草(ちぐさ)

女性
何にも対応しそうな効き目のある癒し、薬草のようなイメージがあります。また周りとも調和出来そうな印象もあります。わがままになることなく、健気に努力して誠実な人生を歩んでほしいと言う願いも込めることが出来ます。文学的で知的にも感じる名前です。

+ 椿(つばき)

女性
椿は、寒さ厳しい冬に鮮やかな色の花を咲かせますので、しっかりとした信念をもった人のイメージがあります。また、昔から愛されている花の為、日本的な奥ゆかしさと芯の強さを併せ持つ女性に育ってほしいという願いをこめることができます。

+ 蕾(つぼみ)

女性
花になる前の一番エネルギーを内に秘めているイメージがあります。努力して自分の花を咲かせて欲しいと言う願いも込めることが出来ます。また花を咲かすには栄養が必要なので周りにも感謝を忘れることなく謙虚でいて欲しいと言う想いも伝えられます。
スポンサーリンク

な行の名前

植物や果実のイメージ な行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

菜緒(なお)

女性
春のはじまりのような柔らかく温かな花のイメージを連想させます。また、「緒」の字から人と人との繋がりを大切にし、架け橋となることができる優しく芯の通った人になって欲しいという願いを込めることができます。

+ 夏葉(なつは)

女性
「夏葉」という名前のイメージからは、力強い生命力を感じることができます。
夏の強い日差しの中に生き生きと生い茂る、力強い緑の葉を連想することができます。
美しく生き生きと、力強く生きる女性であって欲しいという願いを込めることができます。

+ 七葉(ななは)

女性
ななはって全て'あ'の音だから明るい印象をうけます。最後が'は'で終わるので爽やかな感じも受けます。3文字なので今どきな感じもします。
小さな芽から7つの葉っぱが生えるようにたくさん生き生き育ってほしいという願いが込められています。

+ 菜々葉(ななは)

女性
菜の花のように凛としていて、でも優しく可愛らしい女の子。みんなをやさしい気持ちにさせてくれる響き。
春に咲く菜の花の黄色とその周りの新緑の緑の葉が、これからの無限の可能性を示しているような名前という印象を受けます。

+ 菜々(なな)

女性
小さな花をたくさん持って風に吹かれても強く高く咲いている、というイメージで地に足がついた、ステキな才能をたくさん秘めた、真面目な人生を歩みそうです。
そして、きっと、心優しく、自分をしっかり持ちながらも、周りも大切にできる人、というイメージです。

+ 七楓(ななか)

女性
「楓」という字には、秋生まれを連想させ、真っ赤な紅葉を思い浮かべることができるので、明るく元気な様子をイメージさせます。また、「七」という字には、「七福神」「ラッキーセブン」といった幸運の数字を連想させることが出来るため、このしあわせを願う、という意味も込められます。

+ 菜乃葉(なのは)

女性
菜の花は太陽に向かって伸びていき、小さいながらも生命力に溢れた黄色い花を咲かせます。そういったことから「菜乃葉」という名前にはまばゆいばかりの笑顔で明るい人生を歩んでほしいという願いを込めることができます。

+ 乃々花(ののか)

女性
「乃」の字が二回繰り返されることで、真っ直ぐさや、また女性の強さの中にあるしなやかさが強調されると思います。「花」はその女の子自身を象徴しているのでしょうか、高潔な中にも柔軟性もある、花のように綺麗な女性になるような願いが込められているイメージです。
スポンサーリンク

は行の名前

植物や果実のイメージ は行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

葉月(はづき)

女性
爽やかで聡明な凛とした印象を与えることができます。
周囲の人間をそっと見守り、そばに寄り添うような、静かな温かさと優しさを感じさせる名前です。
清らかで謙虚な、古き良き時代の日本人女性を彷彿とさせる漢字です。

+ 葉奈(はな)

女性
語感から、万葉集、奈良時代を連想させることから、穏やかで純粋な優しいイメージを受けます。女性らしい細やかな優しさを持ちながら、日本最古の和歌集である「万葉集」に見られる知性と感性を兼ね備えた女性になってほしいという願いをこめることができます。

+ 葉音(はのん)

女性
この名前からは深緑の葉が、時おり穏やかに吹く風で爽やかな音を立てているような、自然の生命力と同時に、それに心を落ち着かされるようなイメージを受けます。音の響きも可愛いですし、不思議な魅力のある名前だと思います。

+ 芭菜(はな)

女性
「芭」という字は芭蕉などの花を連想させ、「菜」という字を組み合わせることより、自然の中で周りと共存しながら伸び伸びと成長する草花のように思いやりのある子に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 妃菜(ひな)

女性
「ひな」という読みは可愛く初々しいイメージがあります。けれど「妃」という字は、高貴で上品な印象を受けますので、ただ可愛いだけでなく知性と品格を持った部分と、女性らしい地に足のついた親しみやすさを持ってほしいという願いが感じられます。

+ 陽茉莉(ひまり)

女性
陽茉莉で、ひまりと読むことが現代っ子らしい読み方、漢字を3字使い、読ませることが今っぽいなぁと感じました。太陽の陽が入っていることで明るいイメージを受けました。漢字の当て方が綺麗だなぁ〜と思いました。

+ 向日葵(ひまわり)

女性
「向日葵」のように明るく綺麗でいつも太陽に向かっている花のように自分の人生もまっすぐと前を向いていけますように。茎が太く丈夫な花のように、健康で怪我ひとつせずに、芯のある太さを持って身体も心も大きな人になりますように。

+ 楓花(ふうか)

女性
ふんわりとした柔らかいイメージを感じられ、とても優しく、花があり、きれいな印象です。また人として、人生を通して、きれいな花をたくさん咲かせられるように、何かを成し遂げられるように願いを込めることができます。

+ 楓夏(ふうか)

女性
柔らかい風が夏から秋へ季節の変化をイメージさせることから、明るく活発的で元気いっぱいの中にも穏やかで落ち着いた部分を併せ持つ、柔和温順でありつつも天真爛漫さから優しく純粋な人に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 楓華(ふうか)

女性
ふわっとした柔らかく優しいイメージの中に、美しい花がまっすぐに育っていく様子が想像できます。暖かい雰囲気につつまれた、それでいて芯の通っている、
心優しいすてきな女性に育ってほしいという願いをこめることができます。
スポンサーリンク

+ 楓子(ふうこ)

女性
「楓」という字には、優しさやきらびやかさ、温かいというイメージがあります。周りに優しくできる、温もり溢れるようなおしとやかで、でも立派な樹木のような芯のある女の子になってほしいという願いを込めることができます。

+ 藤乃(ふじの)

女性
「ふじ」という言葉から、富士山のように凛として雄大にそびえたち、様々な方向を見渡し、また、大きく寛容な心をもっているイメージがあります。「藤」文字から、優雅でおとなしい感じ、舞妓さんのようなしとやかさや、気づかいを持ち合わせている人になれるよう、にという思いがこめられます。

+ 双葉(ふたば)

女性
瑞々しく元気いっぱいな印象を与えます。
こどもの健やかな成長を願った名前です。
植物の始まりの部分であることから、これからすくすくと伸びやかに成長していくという、こどもの人生の可能性を感じさせるイメージです。

+ 芙美香(ふみか)

女性
一つずつの漢字がどれも全て女性的で、きれいなイメージです。
将来、女性らしい人に育ってほしいという願いを込めることができます。
また、音の響きも繊細で優雅が印象があります。
穏やかでゆったりとした響きです。

+ 史花(ふみか)

女性
史と言う字から歴史好きを感じます。それと頭の良いお勉強が好きな女の子
花と言う字からは、可愛いらしい、よく笑う、そして華やかさも思い浮かびます
綜合的に優等生でありながら自然と彼女に人が集まって来ます。
良いお相手が見つかる事でしょう。

+ 史華(ふみか)

女性
「史(ふみ)」の語感から、知的で文芸に長けたイメージを受けます。「華(はな)」からは、女性らしい存在感のある華やかなイメージを受けます。名前全体から学問や芸能などの分野で女性らしく知的でありながらしなやかに活躍する人になってほしいという願いをこめることができます。

+ 穂乃香(ほのか)

女性
稲穂の穂を使っていることで伸び伸び健やかな成長を願ったのかなという風に感じられます。また香という字を使うことで女の子らしい柔らかさ、優しさをイメージしました。この名前からは優しい、少しおっとりとしたような女の子の印象を受けます。
スポンサーリンク

ま行の名前

植物や果実のイメージ ま行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

茉穂(まほ)

女性
茉穂(まほ)
ジャスミンの花を連想させる茉と、稲穂を意味する穂はやわらかく可愛らしい女の子のイメージになります。また、「実るほど首を垂れる稲穂かな」という歌にもあるように人を敬う心を忘れない人になってほしいという願いをこめることができます。

+ 麻椰(まや)

女性
ブッダの母である摩耶夫人に由来する名前で、母性を象徴する上品で縁起の良い名前です。
「まや」という音の響きが今風でかわいらしく、流行遅れの古風な名前だという印象を与えないため、周囲から浮いてしまうこともないと思います。

+ 真奈花(まなか)

女性
真奈花は言葉の響きがしっかりとしたなかに、のんびりとしたイメージがあります。真ん中に菜(奈)の花や草花といった自然で純朴な要素を持ち続けていられる、素直で自分らしい子に育ってほしいと願いを込めることが出来ます。

+ 真柚(まゆ)

女性
「真」という字には、無垢なイメージがあります。「柚」という字からは、温かいイメージを持つことができます。ですから、この名前には、純粋で思いやりのある人間に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 茉莉(まり)

女性
茉莉にはジャスミンという意味があります。
ジャスミンはかれんで可愛らしいイメージがあるので、茉莉と聞くと可愛らしいくてかれんな女の子というイメージがあります。
花の名前のイメージがあるので、おっとりした性格の子なイメージがあります。

+ 実桜(みおう)

女性
「桜」という字から春真っただ中の季節を思い出させ新しく爛漫な人生を歩んでいくイメージがあります。日本女性としての美徳も兼ね備え、将来も明るく希望や目指すものが必ず成功し達成できるという願いを込めることができます。

+ 美樹(みき)

女性
「美」という字には、可愛らしさや麗しさを感じ、とても女性らしいイメージがあります。
また、「樹」はしっかりと根を張り自分の力で立っていることから、自分の意思を強く持ち、真っ直ぐ育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 美杏(みあん)

女性
「杏」という字には杏の実や花を連想させるかわいらしさとともに、種が漢方に使用されたりすることから人の役に立つというイメージがあります。「美」と組み合わせることにより、美しく人の役に立つような聡明な人に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 望桜(みお)

女性
花の中でも最も日本らしさのある「桜」という字が古風な美しい日本女性をイメージさせます。また「望」という未来を感じさせる字を合わせることで、日本女性としての美しさを持ちながら、広がる明るい未来を進んでいって欲しいという願いを込めることができます。

+ 美蘭(みか)

女性
蘭の花は綺麗で、独特な形をしているものが多いことから、花自体が個性を持っているイメージがあります。「美蘭」という名前は、その蘭が美しく咲くように気高く、品の良い女性に育ってほしいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 蜜柑(みかん)

女性
ミカンの花は白くて可憐な感じです。また、花の時期から収穫するまで爽やかな香りがします。「蜜柑」という名前からは可憐で爽やかな雰囲気が連想されます。また、収穫は冬なので冬生まれの女の子にピッタリなイメージがあります。

+ 心咲(みさき)

女性
「咲」という字には、優しさ・可憐さ・美しさ・命の息吹・柔らかな雰囲気を連想させます。
心が咲くという言葉から人生においてプラスのイメージで彩られ、花のように可憐で優しく美しく育つよう願いを込めることが出来ます。

+ 瑞樹(みずき)

女性
男の子にも女の子にもつけられる名前です。「瑞(みず)」の漢字と音感から高貴でみずみずしく麗しいイメージがあります。また「樹(き)」からは「樹木」ように地に根を張り調和をもたらす緑色のイメージがあります。名前全体として気品があり落ち着いた柔らかいイメージがあり、地に足のついた冷静な判断ができ、周囲に平和と調和をもたらす優しい人に育って欲しいという願いをこめることができます。

+ 瑞葵(みずき)

女性
「瑞葵」という名前から、古風で和風なイメージと清楚なイメージが感じられます。
葵の花は可憐でかわいらしい太陽が好きで葉が太陽の方にどんどん伸びていく様から、元気にすくすくと育っていくという想いも込められると思います。

+ 美椰(みや)

女性
とても神秘的な、幻想的な響きがあります。宮、という同音異字の漢字を連想させることから、日本古来の女性のよさ、奥ゆかしさや品のある様子といった人物に椰子の木のようにしなやかにたくましく育ってほしいと願いを込めることが出来ます。

+ 美柚(みゆ)

女性
柚には、爽やかな香りをイメージされます。周りを癒し、いつも爽やかに美しく育って欲しいと願いを込めることができます。また、柚はどっさりたくさんの実をつけることから、常に友達に囲まれて過ごせるようにと願うこともできます。

+ 美蘭(みらん)

女性
華やかな響きから、みんなから愛される名前です。それでいて芯がしっかりしているので、リーダーになれる素質もあり、信念を曲げずに目標に向かって進めます。

誰からも大切にされ、自分の夢を叶え自分のステージで活躍すことに願いをこめることができます。


+ 芽衣(めい)

女性
「芽衣」という名前からは、新しい息吹と清純なイメージを受けます。
生を受けて若葉が出て、これから素敵な未来が待っていることを想像させて、女の子にはとても可愛い名前だと思います。
呼び方も2文字なので呼びやすくて、友人も多くできそうなイメージです。

+ 芽唯(めい)

女性
春に生まれた女の子のイメージがあります。春に小さな双葉がちょこんと地面から出て、これからすくすくと伸びていく様子を思い浮かべます。太陽の光を一杯に浴びて、やがて綺麗な花を咲かせるような女の子であってほしいといった両親の願いが込められています。

+ 萌生(めい)

女性
植物が生き生きと育っている様子が連想される名前です。
子どもの健やかな成長に対する願いを込めることができます。
ジブリ映画「となりのトトロ」のキャラクターにもある名前で、元気いっぱいのイメージの名前です。
スポンサーリンク

+ 明咲(めいさ)

女性
人生が輝かしく花開いていくイメージの名前です。
子どもの将来が、明るく成功したものになるようにという願いを込めることができます。
花が咲いたような笑顔が絶えない人生になってほしいという気持ちが込められています。

+ 萌莉(もえり)

女性
「萌」という字には、とても可愛いイメージがあります。「莉」という字からは、女の子らしい可憐さをイメージすることができます。ですから、この名前は、女の子らしい女の子になってほしいという思いを込めることができます。

+ 椛(もみじ)

女性
「椛」は「木」の「花」と書くので、高い所で美しく咲く様子がイメージできます。「もみじ」の葉は赤く、紅葉のシーズンには美しく舞う様子が印象的です。またもみじの葉は赤ちゃんの手が開いた状態に見えることから、大きく手を開いて、力強く夢や未来を掴んでほしい、といった願いを込めることができます。

+ 萌々(もも)

女性
やわらかな人がイメージできると思います、もえもえ、人によっては2倍の可愛さを表現できるのではないでしょうか、ももの漢字は違いますが桃のイメージが人にはあるのでももと呼ばれたら可愛い名前と相手に認識されると思います。

+ 萌花(もえか)

女性
可憐で小さな花々のイメージがあって明るく楽しい印象もあります。惜しげもなく咲く花のように、人や自分を信じて素直に、健気に生きて欲しいと言う願いも込めることが出来ます。また花のようにいつも笑顔であって欲しいという想いも伝えることが出来ます。

+ 桃果(ももか)

女性
桃の優しいピンク色と果実の甘い香りのイメージ。
それらを感じさせるとても可愛らしい名前です。
字も音の響きも、女性らしく優しい雰囲気があります。
可愛らしい女性に成長してほしいという願いが込められています。

+ 百葉(ももは)

女性
沢山の柔らかい葉の中に女の子が包まれた感じがして今風のかぐや姫のような感じがします。その女の子は柔らかい葉の感触が気持ち良いらしく、いつも にっこりしている感じがしています。普段から優しい雰囲気をもっていて柔らかい表情をしている女の子に育って行って欲しい、周りの人にも優しくできるような女の子に育ってほしいという気持ちがこめられるイメージがします。

+ 桃音(ももね)

女性
「桃」という字には、非常に女の子らしいやわらかなイメージがあります。また、「音」という字からは、涼やかで清らかなイメージを持つことができます。ですから、この名前には、優しく清純な女性に育ってほしいという願いを込められます。

+ 桃乃(ももの)

女性
モモは優しい色をしていますし、とても愛らしい存在で誰からも愛されるものだと思います。そんな風に、誰からも愛されるような存在になってほしいですし、桃の色のように優しさあふれるかわいらしい人に成長して欲しいと思いを込めて考えました。
スポンサーリンク

や行の名前

植物や果実のイメージ や行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

椰々(やや)

女性
「椰」には神聖さを表す「耶」という字に「木」を合わせた漢字であり、木々が大地に根を張り成長するように様々なことを自ら吸収しながら清らかな大きな心を持つ人に成長してほしいという願いを込めることができます。

+ 唯菜(ゆいな)

女性
「唯(ゆい)」から世界中でたった一人、唯一一人しかいない、のイメージを受けます。また、「菜(な)」からは、菜の花の黄色の明るいイメージを受けます。春先の菜の花畑はそれだけできれいですが、その一輪一輪が生き生きと太陽の光を浴びている姿に明るい未来を感じることができます。世界中で代わりのいない未来を切り開く素敵な女性になってほしいという願いをこめることができます。

+ 結葵(ゆうき)

女性
凛々しさとかわいらしさを兼ね備えた人柄や、和風な雰囲気から上品さをイメージさせる名前です。「結」の字には色んな人とのよいご縁を結ぶことができるようにという願いを込めることもできますし、葵の花のように真っ直ぐな人に成長してほしいといった願いを込めることができます。

+ 優花(ゆうか)

女性
文字通り、優しくて花のようにかわいい女の子になってほしいという親の願いが感じられます。花は見る人の心を慰め、励まし、癒してくれるものです。だから、そのような他人の心を温かくできる人間性を備えた人になると思います。

+ 悠花(ゆうか、ゆか)

女性
悠花(ゆうか)は悠々と自由なイメージや悠久と長いイメージからずっとやゆったりとしたという意味がある「悠」を花に掛けてます。ゆったりと奥ゆかしい花のように可愛くありますように、上品で女の子らしい子になりますようにという願いを込めてます。

+ 柚(ゆず)

女性
ゆずはそんなに目立つものではありませんが、少し入っているだけでも、味のグレードが上がり高級感が増し、ついつい笑顔になってしまします。そんな風に、人々に寄り添い優しい心を持ち、そこにいるだけでみんなが笑顔になるようなそんなかわいらしい女の子になってほしいという願いを込めました。

+ 柚葉(ゆずは)

女性
「ゆずは」という読みからは、さわやかでみずみずしいイメージが伝わってきます。柚子は暗い冬に、鮮やかな黄色の実をつけ、何とも言えない良い香りを放ちます。その葉っぱも鮮やかな緑です。それらのことから、いつも周りを明るく元気づける愛される女性という願いが込められていると感じます。

+ 優芽(ゆめ)

女性
優しくおっとりしたイメージがあり、どんな事にも優しい心を持ったほんわかした女の子。
小さな事から大きなことまで、どんな事にも自分の力を信じて前に進み常に成長の糧から芽を出す、前向きな…。というイメージがあります。

+ 友莉(ゆり)

女性
友と言う感じは文字通り友達のことを指します。莉という文字は茉莉花の花を彷彿とさせ小さく可愛らしいイメージを感じることができます。この二つを組み合わせた友莉
という名前は、可愛らしさと社交的な生涯人に恵まれるようにという願いをこめることができます。

+ 百合花(ゆりか)

女性
「百合」には主に白い花のイメージがあると思います。清らかで美しく、優しい女性を思い浮かべるのではないでしょうか。百合の花には美しくもどこか凛とした強さも感じさせる雰囲気があります。美しくもしっかりとした芯を持つ、そうした女性に育ってほしいという願いを込めることができると思います。

+ 葉(よう)

女性
爽やかで嫌みを感じさせない字です。
穏やかな柔らかさと凛とした強さの両方を兼ね備えたイメージが持てます。
将来、おしとやかな子に育っても元気いっぱいの子に育っても、似合う名前の字です。
また、今では人気のユニセックスな印象の字です。
スポンサーリンク 
スポンサーリンク

ら行の名前

植物や果実のイメージ ら行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

蘭(らん)

女性
胡蝶蘭のイメージがあります。花屋の中でも一番いい場所を陣取る胡蝶蘭のように、優雅で質の高い印象もあります。生まれてきてくれたとびっきりの宝物につける名前にぴったりですし、華やかで美しい名前でもあるので付けられたらうれしい名前だと感じます。また美しく清らかであって欲しいという願いも込めることが出来ます。

+ 莉杏(りあん)

女性
ジャスミンをイメージさせる「莉」とかわいらしい花や実を思い浮かべる「杏」という字から可憐で清らかに成長してほしいという気持ちを込めることができます。また外国風な読み方なので、海外で活躍する人に育ってほしいという願いも込めることができます。

+ 梨杏(りあん)

女性
どちらも植物の果実を表現する漢字で、子供の人生が「名前の通り実り多きものになるように」という願いを込めることができます。
音の響きは、海外でもどのまま通じるような国際色も感じられる現代的なイメージです。

+ 莉音(りおん)

女性
ボーイッシュな響きもありますが、控えめで周囲の人を見守るようなイメージです。のんびりしているように見えて、実は心の中には情熱があり、これと決めたら目標に向かって道を切り開く力も備えています。

真っ直ぐな信念を持った、優しい女性になれるように育って欲しい願いが込めることができます。


+ 莉華(りか)

女性
「莉」という字には、 ジャスミンを連想させます。また可愛らしい、愛しい、清らかなど女の子に名付けるにはとても素敵な字になっています。そのイメージから可愛らしくて優しい華のような、周りを明るくできる女の子になってほしいという願いを込めることができます。

+ 莉子(りこ)

女性
賢くてお勉強もできますが、なによりも知識を沢山蓄えることを武器に将来は活躍できそうです。
いろいろな事に挑戦して卒なくこなすイメージです。面倒見のいいお姉さんタイプで人気者になれそうです。
自分の道を切り開いて前に進み、誰からも信頼される願いが込められます。


+ 莉桜(りお)

女性
桜という字は女の子らしくて可憐な感じがします。桜というと満開のピンクの花を連想させますが、そこに香りを意味する「莉」が加わると更にイメージが膨らみ、華やかな春の暖かい日を思い起こさせます。とても詩的な素敵な名前です。

+ 莉菜(りな)

女性
子供のころは,りなちゃんと呼ばれ非常にかわいいイメージです。可愛い名前は大人になると軽い感じになる名前もありますが, 莉菜は引き締まった感じで大人になっても,愛らしく,責任感のあるイメージが持てます。大人になって友人などから,りなと呼ばれる人は仕事は勿論遊びにも積極的で仲間と仲良く行動している感じを受けます。

+ 梨帆(りほ)

女性
梨帆(りほ)
「帆」という字には、風を受けて大きくふくらみ、前へ前へと大きな世界に向け滑り出していくイメージがあります。人生で出会う人たちから良い影響を受けては己のものとし、視野を広げながら成長していってほしいという願いをこめることができます。

+ 梨紗(りさ)

女性
「梨」という字にはとてもみずみずしいイメージがあり、爽やかな印象を与えてくれます。また、梨紗という名前からは、しゅっとしていてなおかつ繊細な部分も垣間見えるような素敵な日本人を連想させることから、そうなってほしいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 梨乃(りの)

女性
「梨乃」という名前は響きが女の子らしく今どきでもあり、すんなりと読めていい名前だと思います。「梨」という字から、みずみずしいイメージや、みんなに好まれる印象を持ちました。季節的には秋ごろを思い浮かべます。

+ 梨々(りり)

女性
梨という字には、瑞々しいイメージがあります。梨の花は、春に桜の花に似た真っ白い花が咲きます。真っ白さが純白で何ものにも染まらないまっすぐな強さも感じられ、花言葉には「愛情」「博愛」とあり、周りの人に愛情や優しさを分け合うことができる子になりますようにと願いを込めることができます。

+ 梨李香(りりか)

女性
梨はバラ科の木なので、桜に似た花が咲きます。桜が散ってから白い可憐な花と優しい香がして、きっと両親はこの女の子に優しい子になって欲しいんだなと思わせてくれます。そしてリリカという読み仮名が、世界に羽ばたくような子になって欲しいという願いが込められている事を想像させます。

+ 梨々子(りりこ)

女性
果物の梨の持つみずみずしく、はつらつとしたイメージを連想させ、「梨」という字から利発に育ってほしい、木々が大地に根を張り成長するように自ら色々なことを吸収しながら成長してほしいという願いを込めることができます。

+ 瑠香(るか)

女性
音の響きから元気でポジティブな印象です。アクティブに活動し少しひょうきんな一面もありますが。
とても繊細で他人への配慮も忘れず、そっと寄り添ってあげられるような優しい女性のイメージです。

いつも笑顔を忘れず、周りのみんなを幸せにできる願いを込めることができます。


+ 麗華(れいか)

女性
「麗華」という名前の字や響きからすると、とても美しい華やかな女性をイメージしますが、同時に春のポカポカした陽気を感じられます。「華」という字は華僑や中華の「華」なので、世界の中心、物事の中心となって活躍する人、という意味を込めることもできます。

+ 麗香(れいか)

女性
華やかでご令嬢のようなイメージがある名前です。花のイメージで言うなら胡蝶蘭や百合がぴったりです。洗練された上質のものを知って欲しいと言う願いも込めることが出来ますし、外見だけでなくその名前に相応しい心の美しい女性になって欲しいという想いも伝えることが出来ます。
スポンサーリンク

わ行の名前

植物や果実のイメージ わ行
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

+ 若葉(わかば)

女性
初夏の暖かい日差しが木々の間から差し込み、青く瑞々しい葉っぱが光っているイメージのように、初夏に生まれた赤ちゃんが元気に、明るく、輝かしい未来へと育ってくれるようにと願いこめることができます。また、若葉は、やわらかいというイメージもあるので、女の子らしい優しいイメージも加えられます。
スポンサーリンク

まとめ

植物や果実に関連する漢字やイメージをもちいた
女の子の名前160例を紹介しましたが、いかがでしたか?

植物や果実を連想させる名前って
女の子らしく自然でナチュラルなかわいさがあります。

他にも古風でかわいい素敵な名前はたくさんありますが、
ぜひ、名前候補の1つに入れてみてください!

また、こちらの記事でもかわいい女の子名前をたくさん紹介しています。
あわせて参考にしてみてください♪

>冬生まれの女の子の名前!古風、和風なかわいい名前158例
>女の子の一文字名前!古風でかわいい女の子の名前65選!
>響きから考える女の子の清楚・知的な名前!見つかる厳選164例!
>かわいい名前が見つかる!女の子の名前を人気漢字から考える♪
>女の子のかわいい名前!花をイメージするかわいい名前200選!

ステキな名前が見つかることを願っています♪







この記事もおすすめです♪



-女の子の名前
-, , ,

Copyright© Solve It! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.