男の子の名前

男の子の二文字名前!和風で男らしい名前を9ジャンル243選【全解説つき!】

更新日:

この記事の所要時間: 8040

★次に読まれているオススメ記事★
珍しい男の子の名前 厳選155例
男の子の一文字名前!古風でかっこいい303選!
話題の妊活サプリCHARTYの効果と体験談!

大翔、陽向、陽太、悠真、
悠人、朝陽

男の子の人気名前ランキングで
トップ10に入っている名前ですが、
たしかにかっこいいですよね~♪

ここ最近では、男女を問わず
一文字名前の人気が
すごく高まってきています。
>男の子の一文字名前!古風でかっこいい漢字の名前187選!

一文字名前の良さといえば、
「視覚にすっと入り、印象に残るインパクト」
といったところですが・・・

名字によってはバランスが
取りづらいというケースもあります。

そこで、今回の名付けのテーマは
男の子の二文字名前!

男の子の二文字名前は、
名字との全体のバランスを見るときに
最もバランスがとりやすいと
言われています。

今回は和風でかっこいい男の子の二文字名前を
9つのジャンル、合計243の名前例を
ご紹介いたします。

どれも厳選した男の子らしい
かっこいいい名前ばかり!
それぞれの名前について、どういう意味やイメージがあるか全国のママさんに印象を聞いてみたので良かったら参考にしてみてくださいね♪

ぜひぜひ、
考え中の名前候補にくわえてください!

それではさっそくいってみましょう~♪

スポンサーリンク


世界や未来にはばたくイメージの名前

これからますますグローバル化が進む中、
海外にでたときの呼ばれ方も
親としては気になるところ。

広い世界をイメージする名前や、
21世紀に羽ばたくような大きさを
イメージさせる名前を集めてみました♪
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

英輔(えいすけ)

女性
知的な様子をイメージさせることから幅広い考えや豊かな知識を持った人に育ってほしいという思いを込めることができます。英という文字からは英語に強く、国際的で社交的な人物になってほしいという意味を込めることができます。

+ 海斗(かいと)

女性
「かいと」という読みは、力強いイメージがあります。どこまでも続く広くて大きな海のように、心広く寛大で、どんな波にも立ち向かうような強くたくましく、頼れる男の子になってほしいという願いを込めることができます。

+ 海都(かいと)

女性
海都(かいと)
響きがスッとしていて清潔感と真面目さや素直さを感じます。また「海」という漢字が広い海のような心や視野をもって欲しい。「都」という感じは首都などを表すので
その真ん中に立ってほしい大きな人柄・心広い豊かな人になってほしいというイメージを感じました。

+ 翔吾(しょうご)

女性
「翔」という漢字からは空高く大きく羽ばたいていくようなイメージがあり、世界という大きなフィールドで自分の才能を見つけ、力強く大きく羽ばたき、輝くような人生を送ってほしいという願いを込めることができます。

+ 翔太(しょうた)

女性
大きな翼で飛んで欲しい。人生を飛躍してほしい、そんな思いが込められていると思います。また、図太く、身のある人に育ちどんなことでも太い心を持って受け止められる子になってほしいという想いを込めることができると思います。

+ 健斗(けんと)

女性
健康に育ってほしいという願いを込めることができると思います。
健やか、健全など前向きな言葉が浮かんでくるので真面目で全うな人生を送ってほしいという願いを込めてつけることもできると思います。
また、斗は北斗七星などかっこいいイメージがあるのでかっこいい男の子というイメージがあります。

+ 航貴(こうき)

女性
航という字は広い海を連想させます。こうきという音の響きがキラキラと輝くようなイメージを持たせるので、晴れた日の輝く海のような特別な貴さが感じられます。海の輝きと、その広さを持った大きくゆったりとした人間性を持つ人になるという願いをこめることができます。

+ 航洋(こうよう)

女性
「航」という字からは航海や航空など、人生の旅のようなイメージが浮かびます。「洋」という字は昔から人気のある字ですが、これからの国際社会にふさわしい人に育ってほしいといった願いを感じます。名前の響きはたからゆったりしていて、おおらかな印象を持ちました。

+ 天馬(てんま)

女性
「天」という字から、天性や天才といった才能豊かな人のイメージが浮かびます。「馬」という字からは、稜線を駆ける馬のようなたくましくもあり、またのびのびとして優雅な印象も持ちました。「天馬」と組合わさるととても壮大なイメージがあります。
スポンサーリンク

+ 天哉(たかや)

女性
天まで届くようなエネルギーを感じます。
成長とともに空高く、どこまでも駆け上がってくれるような気がします。
力強さや荒々しさではなく、高みを目指して自分を磨くことができるという意味で、男らしい名前だと思います。

+ 周斗(しゅうと)

女性
どんなスポーツもそつなくこなし、明るく活発で、周りを引っ張っていくような快活なイメージがあります。前向きな気持ちを持ち合わせ、周囲に気配りのできる明るくて優しい人になれるように、という願いをこめることができます。

+ 周大(しゅうだい)

女性
自分の関わる組織を大きくして、リーダーのような存在になる、あるいは縁の下の力持ちの役割を担って、周りの人から頼りにされるという願いがこめられていると思います。どっしりと落ち着いた雰囲気があるように感じます。

+ 新吾(しんご)

女性
「新」という漢字からは、未来に向かって進んでいくという明るさや前向きさ、挑戦心が感じられます。
過去にとらわれすぎることなく、「自分の道を力強く前向きに進んでいって欲しい」という願いをこめることができます。

+ 湊大(そうだい)

女性
たくさんのメロディーや音を奏でる、壮大に周りに届ける事を担う人に、なるような響きがある文字だと思います、音楽が好きな家庭に生まれ、ご両親共に自分の子供には壮大な夢を持って欲しい願いとかも感じられる名前にも感じます。

+ 湊太(そうた)

女性
湊太(そうた)
「湊」の字が夏っぽく爽やかな印象をうけます。
また湊のようにたくさんの人に囲まれる人になってほしいという願いをこめることができます。
呼びやすく、小さいうちはそうちゃんと呼んでもらえて可愛いです。

+ 拓斗(たくと)

女性
まず海外に留学などした際、音的に十分、通用して便利だと思う。大きな志を持って様々の事を開拓するという男の子らしさを感じる。家族全員の名前がタ行から始まるのでイニシャルを統一したい為、選んだのですが私自信が木村拓哉のファンのため彼のようなイケメンになって欲しい願望もこめられています。

+ 乙希(いつき)

女性
「乙」という漢字は「乙女」を連想させ、少し中性的なイメージとなるかもしれません。あとは「甲乙丙」の真ん中でしょうか。「希」は「希望」が真っ先に浮かびます。将来に向けて明るく進む願いが込められた名前であると理解します。

+ 和希(かずき)

女性
「和」という字にも「希」という字にも優しく穏やかな印象を受けます。両方の文字が合わさった「和希」という名前は、前向きであたたかなイメージを抱きやすく、将来を願うにはぴったりで、優しく人を想う子に育ってほしいという願いを込める事ができます。

+ 拓海(たくみ)

女性
「拓」という字からは自らの道を切り開くたくましい男の子、「海」という字からは21世紀の日本、ひいては国際社会を担うように、という願いが込められているように感じました。名前の響きからもシャープな印象を持ちます。
スポンサーリンク

+ 魁斗(かいと)

女性
「魁」からは強そうな印象を受けるので、「かいと」という音とあわせて考えると、やんちゃで強い子になるという印象を持っています。

+ 洋汰(ようた)

女性
「洋」は太平洋などののように広く大きな海の意味合いが含まれており、「汰」は太いという漢字が入っていることから太く強いイメージがあります。そのため、心の広い、寛容な人間になってほしいという願いが込められています。

+ 洋大(ようだい)

女性
「洋」には広く大きな海のイメージがあります。心が広く優しく育って欲しいといった願いをこめることができます。また、大きな海からは懐の大きさも連想できるため、器の大きな信頼される人に育って欲しいという思いもこめることができます。

+ 洋平(ようへい)

女性
「洋」からは広々と広がる大きな海をイメージすることができます。「平」という漢字をつけることで、おだやかな波の広がる海をイメージすることから、寛容で人を包み込む人間に大成してほしいという願いを込めることができます。

+ 陸斗(りくと)

女性
「陸」という字が「大陸」を想像させ、心が広く、スケールが大きいというイメージがあります。そういったイメージから何事にも動じず、すべての物事・人を受け止められるような器の大きな人になって欲しいという願いをこめることができます。

+ 陸登(りくと)

女性
「陸」からは陸地、地上、大陸のように力強さを、「登」からは登山や登るというような上昇するイメージがあります。そこから、上昇志向や、力を蓄え諦めずにやり遂げる子に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 凌介(りょうすけ)

女性
言葉の響きから爽やかなイメージがあります。また、凌駕するなどの力強さのある言葉を連想させることもできるので、ひょうひょうとしていて動じない、おおらかな人物になってほしい、という想いを込めることができます。

+ 凌太(りょうた)

女性
「凌」という字には、大きく天に向かって高みに登るようなイメージがあります。「太」は、太くがっしりとした大黒柱のような荒々しいイメージがあります。「凌太」と合わせて、他の人よりも高みに登り統括していく男のイメージが強くあります。

+ 凌平(りょうへい)

女性
「凌」には非常に力強い意味があります。一方「平」はでこぼこがない様、という意味があります。この2つからみんなに平等で優しく力強い、という意味が込められている、というイメージがあります。あと単純に音に非常に涼しさを感じます。

+ 凌馬(りょうま)

女性
凌という漢字には力強いイメージがあります。越えると意味も持つ事から何に対しても挑戦して行くことが出来るでしょう。また、読みは違いますが坂本龍馬の様に人と人を結ぶ様な力や、世界を変える力があるかもしれません。
スポンサーリンク

+ 悠久(はるひさ)

女性
ゆったりと流れていく大きな時の流れを連想させるので、安心感と安定感を感じさせます。何者にも惑わされず着実に前へ、未来へと進んでいくイメージから優しく大きな強い意志を持った人に育ってほしいという願いをこめることができます。

+ 悠紀(ゆうき)

女性
「悠」とは気分がゆったりしている様子を表す。落ち着いた印象を与えるので、のびのびと、自分のペースで行動でき、誰に対しても寛容な優しい人に育ってほしいという願いを込めることができます。とてものんびりした印象を与えます。

+ 恒征(こうせい)

女性
名前の響きからきちんとした印象を持ちます。恒という字には変わらないという意味があり、征という字は征伐などで使われるように、強くたくましいイメージがあります。どんな困難にも動じず、乗り越えていけるようにと願いをこめることができます。

+ 恒平(こうへい)

女性
恒という字は、常に変わらず落ち着いているイメージがあります。落ち着いて物事に対峙するイメージから堂々とした感じを受けます。同様に、平も真っすぐて伸びやかなイメージで、辛い波風のない大らかな人生を歩んでほしいという願いを込めることができます。

+ 路成(みちなり)

女性
「路を成す」という漢字と読み方から、人生を自らの手で切り開いていく様子がイメージできます。そのため、子ども自身の意思で、その子らしい素晴らしい人生を歩んで行ってほしいという願いを込めることができます。

+ 路唯(ろい)

女性
唯、この路を行くというイメージです。目標に向かって粛々と進む人生をイメージします。ロイという語感も、日本のみでなく他国の人にも呼びやすいことから大陸的でグローバルな感じがします。個性を大事に活かして、我が道を進む大きな人に育ってほしいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 00

子どもが生まれる時こそ、保険を考えなおすタイミングです


保険に加入した方が良いタイミングをご存知ですか?

就職したとき、結婚したとき、子どもが生まれるとき。大きな節目で家族のライフプランが変わります。

大切な家族を守るための保険、常に安心安全なプランを考えておくといいですね。自分たちに合ったプランを作れる保険がおすすめです。

保険のビュッフェはこちらからどうぞ。


活発で元気なイメージの名前

体を動かすことが好きだったり、
スポーツが得意な子に育ってほしいという
願いをこめて。

動きを表す漢字を使ったり、
一流アスリートの名前にも良く見られる漢字を使っています。
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

駿吾(しゅんご)

女性
素速いイメージがあることから、将来陸上選手などのスポーツが得意な元気な子に育って欲しいという願いを込めることができます。またスピード出世など将来有望なイメージもあり、順風満帆の人生を送って欲しいという願いも込めることができます。

+ 駿介(しゅんすけ)

女性
駿には、敏く賢く速やかな印象を受けます。駿馬や駿才という言葉があるように、抜きんでた才能を感じます。介は、昔ながらの男の子の力強さ、逞しさをイメージします。
賢く、秀でて、自分の才能を生かし活躍できる逞しい男の子に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 隼介(しゅんすけ)

女性
「隼」という感じは、人々に素早く、活発なイメージを与えます。少年期には「運動のできる活発で明朗な」、そして大人になってからは「仕事がデキる」人物になってほしい、という願いを込めることのできる名前です。

+ 駿太(しゅんた)

女性
「駿」には素早く駆け抜ける様、「太」には力強さや逞しさをイメージさせることから、体が強くスポーツで活躍できる印象があります。また物事を瞬時に解決できる行動力と頼りがいがある芯の太い人になってほしいという願いをこめることができます。

+ 隼也(しゅんや)

女性
「ハヤブサ」の字が入っていることから、足が速そうとイメージされることが多そうです。
ですから、運動神経抜群、スポーツ万能、ひいてはオリンピック選手(主に陸上選手でしょうか)を目指してほしいと願いを込めることができます。

+ 駿也(しゅんや)

女性
感じをみてすぐに思い浮かんだのは、「とにかく足が速そう」、「スポーツがとても出来そうという」印象です。おそらく「駿」という文字が強いのだと思います。明るくてスポーツができるクラスメイトの中心にいるような子が多い印象です。

+ 将馬(しょうま)

女性
「将」は勇ましい将軍を、「馬」はそのまま馬を想像させます。この二つが組み合わさることで、馬に乗って広大な世界を駆ける大将軍の姿が現れます。心と身体が健やかに成長し、やがては世界に飛び出していく素晴らしい未来を予感させます。

+ 将真(しょうま)

女性
大人になっても真面目で真っ直ぐに生きて欲しいというイメージがあります。武将のように強くたくましいだけでなく、性格も良い男の子です。名前の響きは可愛らしいので、みんなから愛されるという願いも込められています。

+ 卓馬(たくま)

女性
たっくん、たくちゃんと愛称呼びができ、活発な男の子のイメージです。とくにとめ字に馬を使うと足が速い印象をもちます。卓の字を使うことで大きな机にどっしりと構える印象をもち、真面目で実直につきすすむようなイメージもあります。

+ 卓真(たくま)

女性
卓真(たくま)
「卓」という感じは卓越などに使われるので優れている部分がありますようにとの思いを感じます。「真」には真実など正しさなどの意味あいがあるのでまっすぐに伸びてぼしい・誠実さのイメージを感じます。
スポンサーリンク

+ 卓実(たくみ)

女性
「卓」「実」両方の字から真面目で立派なというイメージがあります。字のイメージだけだと硬いですが、「たくみ」という読み方はおおらかなイメージもあります。真面目に努力できる人になってほしい、大きくおおらかな人になってほしいといった願いを込めることができます。

+ 達馬(たつま)

女性
目標まで颯爽と達成するような感じがします。常に目標を掲げ馬のように前に前に前進していける名前だと思います。また、それに向けての努力もしっかりと出来るような力強い男性に育っていくそんな思いの詰まった名前だと思います。

+ 達輝(たつき)

女性
色々なことがある毎日を、その都度うまく乗り越え達成し、輝きに満ちあふれる人生になりますように。と願い込められる素敵な漢字であり、元気で活発な男の子に育ってくれそうなパワーがあり、どの世代にも受け入れられる名前です。

+ 隼斗(はやと)

女性
力強く誰にも負けない勢いとスピードがあるイメージです。俊敏性に優れ足が速くスポーツでも活躍する光景が思い浮かびます。はやぶさの如く、強く速く勢いのある人に育って欲しいという願いをこめることができます。

+ 隼人(はやと)

女性
人、という字が入っているので、自然と人を呼び寄せてくれるイメージがあります。隼、という字があるので、走ることが得意でスポーツができる子に育ってほしいという風に感じ取られます。二つ合わさることで、男の中の男の子、という気がします。

+ 将斗(まさと)

女性
漢字の一文字目から、堂々とした様子を感じさせます。「将」の字には侍や将棋、戦国時代、など、戦っていく男というイメージで、まさに日本男児といった印象です。それから、リーダー的なイメージもあります。グループを作った時に中心にいて、皆を率いるような人物に成長して欲しい、そんな願いが込められそうです。

+ 将大(まさひろ)

女性
「将」の字は将軍や主将に使われるように、みんなをまとめて率いるリーダーという勇ましいイメージがあります。最近ではメジャーリーガーの田中将大さんのように、世界で活躍してほしいという願いを込めることもできます。

+ 勇輝(ゆうき)

女性
勇の字は、たくましく勇気のあると言うイメージがあり、男の子にピッタリの字だと思います。
そして、輝。
これからの輝かしい未来を願ってと言う、素晴らしい文字だと思います。
勇気のある男の子、輝かしい未来を歩んでほしいと言う願いの込められた素敵な名前だと思います。

+ 勇大(ゆうだい)

女性
大らかなイメージです。それからとっても元気な様子が目に浮かびます。拾い原っぱで走り回ってのびのび遊んで、健康で、前向き。冒険が好きそうな感じです。少しやんちゃでも、いつも笑顔で、困難を自ら切り開いていって欲しい、そんな願いが込められそうです。

+ 勇斗(ゆうと)

女性
勇人(ゆうと)
「勇」という字は心身共に力強く、男らしく何事にも恐れない勇ましい人をイメージさせます。自分より弱い人間を守り、正義感が強く、まっすぐな人間に育ってほしいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 竜斗(りゅうと)

女性
「竜」という字から、とても強くたくましいイメージがあります。また、「斗」という字から、北斗七星のようなきらきらしたイメージがあります。全体のイメージとしては、強いなかにやさしいところもある、そんな印象をもちました。

+ 竜登(りゅうと)

女性
「竜」の字には強い壮大なイメージ、「登」には上に向かって進んでいくイメージがそれぞれあります。さらに縁起のいいイメージもあるので、夢に向かって突き進んで将来成功してほしいという願いを込めることかできます。

音楽・音のイメージの名前

音楽に親しみながら
豊かな感性、音感、表現力をもち、
いつもみんなを楽しませたり、和ませるような人になってほしいという願いをこめて。
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

詠介(えいすけ)

女性
「詠」の字にはきらびやかで古き良き和のイメージがあります。詩歌が連想される為、言葉に強くコミュニケーション能力に秀でた子に、そして「えいすけ」という響きから、清らかに育てといった願いもこめることができます。

+ 詠太(えいた)

女性
「詠」は歌、和歌のイメージがあり、ごんべんに永久の永と、そして「太」と太く永く生きて欲しいという事と、アーティストのような後世にも歌い継がれていく歌詞を、太いパイプでたくさんの人達に繋げていく人になって欲しいと言う願いが込めることができます。

+ 詠人(えいと)

女性
詠人は詩人のようなイメージがあり、人の心を理解し、それを表現できるといった印象を受けます。繊細かつ、表現力を持つので芸術的に活躍できそうな名前だと思います。
それが出来る人になるということは、優しい意味も兼ね備えていると思います。

+ 和音(かずと)

女性
かずとという響きはすっきりと思い切りのいい威勢の良さを感じますが、漢字で書いたときの和の字はふっと心が和むような柔らかさを感じさせます。和やかな楽の音のようでありながら、芯のしっかりとした人に育つという願いをこめることができます。

+ 一音(かずね)

女性
一つの音を奏で周りを明るくしてくれるような人に
自分の人生も音を奏で楽しく過ごせるようにというような願いを込めることができます。
音とは人を楽しませる、人を明るくするといったイメージを持てるため
明るく元気にという願いも込めることができます。

+ 紫音(しおん)

女性
男の子でも女の子でも違和感なく使える名前です。「紫」は気品の高い色とされていた事が多く、気品があり、周りから一目おかれるような尊敬できる人をイメージすることができます。また、紫式部のような文才のある人を連想することができ、文学においてもさらに品格のある人になれるよう願いをこめることができます。

+ 直音(なおと)

女性
真っ直ぐで正直、純粋といった人柄をイメージさせる名前です。直に音が入ってくる、ということから、相手の話をよく理解して、すばやく行動していくようなアクティブな面もある印象があります。物分りもよさそうなイメージです。

+ 礼音(れおん)

女性
音の響きがとてもキレイで呼びやすい名前です。
れおんという名前は海外でも通用しますし、世界で羽ばたかせたいという願いを込められます。
音楽に礼をするという字から、音楽が好きな親御さんは子どもに音楽にたけてほしいという思いもこめられるネーミングです。
スポンサーリンク

+ 楽斗(がくと)

女性
周りの人を楽しくできる明るい人のイメージです。また「斗」という字には広大な宇宙が連想でき無限の可能性を感じさせられます。これから歩む人生が明るく楽しく大きな大きな可能性を持った人に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 楽登(がくと)

女性
楽登(がくと)
人生いろんな困難がありますが、どんな時も楽しく生きていってくれますようにという願いをこめられます。何においても楽しめるというのは素晴らしいことです。自分の力で楽しみを見つけてほしいという願いもこめられます。

+ 奏斗(かなと)

女性
声に出してみると、「そう」ではなく、「かな」と読むことで、とても温かく優しいイメージを感じます。「音楽を奏でる」という漢字のイメージからも、感受性豊かな人に育ってほしいといった願いを込めることができます。

+ 奏夢(かなむ)

女性
色々な旋律を聞いて、音を奏でるような優しい気持ちの持つ人間になって欲しい願いも感じるし、たくさんの人に自分の奏でたメロディーを届けて夢に向かって邁進する人生とかをご両親は希望を持って名付けてるようにも感じます。

+ 奏太(そうた)

女性
人生を豊かに、いい音楽が聞こえてくるように貴方の人生をステキな音で奏でられますように。そして、実りのある人になりますように。いつも図太い心と体でどんな局面にあっても負けずと乗り越えられますように。たくさんの人を守れますように。

+ 奏馬(そうま)

女性
「奏」という漢字は楽器を奏でるという印象から演奏家になって欲しいといった願いを込めることが出来、それに加え、「馬」に乗るというまさに白馬に乗った王子様を連想させるようなとてもカッコいい名前だと思います。

+ 奏楽(そら)

女性
どちらの漢字も「音」を連想させることから、やわらかい印象をうけます。おだやかで優しい子に育ってほしいという願いを込めることができます。また、読みは「そら」なので、空を連想させ、どこまでも広がる空のような無限の可能性がありますように、という願いを込めることもできます。

+ 響介(きょうすけ)

女性
「響」は心に響くなど、人を感動させることができる優しいイメージがあります。また「介」は人の間に立ち役に立つというイメージがあり、心身ともに強く、優しい侍のような人に育って欲しいという願いを込める事が出来ます。

+ 響也(きょうや)

女性
「響」という漢字が使われているため、音楽に感心があり、人の心に響く音を奏でることができますようにと願いを込めることができます。また「影響」という熟語にも使われている文字なので、人に良い影響を与えることができる人に育ってほしいという願いを込めることもできます。

+ 響平(きょうへい)

女性
安泰のイメージが強い「平」に込められる想いは多く、物事を公平に判断でき、穏やかに平和的な人生を歩んでほしい、そして自分の心に、また関わる人の心に響くような生き方をしていってほしいという願いを込められます。
スポンサーリンク

+ 拓斗(たくと)

女性
まず海外に留学などした際、音的に十分、通用して便利だと思う。大きな志を持って様々の事を開拓するという男の子らしさを感じる。家族全員の名前がタ行から始まるのでイニシャルを統一したい為、選んだのですが私自信が木村拓哉のファンのため彼のようなイケメンになって欲しい願望もこめられています。

+ 玲汰(りょうた)

女性
人生の流れに乗って、逆流にも負けないことと、誰からも好かれるイメージです。いろんなことに果敢に挑戦してくことができるような、大きなパワーを持ち、まわりのものすべてを優しく包みこんでいけるような願いが込めることができます。

+ 玲央(れお)

女性
漢字や名前的には女性のイメージが強くて、男性につけると漫画から取ってきたのかな?と考えてしまいそうです。
ただ、「レオ(Leo)」はライオンの力強いイメージもできるので、一概に女性的な名前だという判断はされないと思います。

+ 玲音(れおん)

女性
漢字はとても綺麗な文字を使っていると思います。
ただ、れおんという名前は少しキラキラネームの印象があります。
純粋な日本人、または完全な日本人顔の場合は名前とのギャップがありそうです。
顔立ちがハッキリしていれば、良いかなと思います。

+ 詩門(しもん)

女性
「門」という字には、自分の人生に訪れる沢山の扉を前を向いて立ち向かい開いていけますように。そして、人生には色んなことがあります。その一つ一つを詩という字で表していると思います。自分の人生の詩(ウタ)を大きく歌っていけますように。

+ 鐘也(しょうや)

女性
大きく鳴らせば大きく響く、周りに合わせて自分を成長させていってほしい、という願いを感じます。
スポーツではなく、読書や音楽が好きそうなイメージを持ちます。
鐘の字が入った名前は珍しいので、すぐに覚えてもらえそうです。

+ 弦汰(げんた)

女性
「弦」という字から弦のように長くゆったりおおらかなイメージがあり、音楽に秀でて、器の大きな人になりそうな感じがします。また、「げんた」という全体的な響きはとても元気な男の子に育ちそうなイメージがあります。

+ 弦人(けんと)

女性
弦楽器の弦から奏でられる音のイメージや、3文字の音のリズムから跳ねるような元気の良さを感じます。また、オーケストラや音楽に造詣のあるご家族が連想され、文化的で敗訴なご家庭で大切に育てられている男の子、といった印象があります。

+ 神楽(かぐら)

女性
雅なおおらかさを含んだ華やかさをイメージさせる2文字から、洗練された美しい姿とすべてを包み込むような大きさを連想させます。神に愛された楽の音のごとく、多くの人に愛される人に育ってほしいという願いをこめることができます。

+ 楽輝(もとき)

女性
「楽」しく「輝」く、それだけで周囲は明るくなります。人生は楽なことばかりではありませんが、そこに楽しみを見出し、輝ける人になって欲しいという願いを込めることができます。輝きは、暗闇があるからこそ際立ちます。転じて、たとえ逆境にあっても、自分を失わない力強さもイメージできます。
スポンサーリンク

+ 楽也(もとや)

女性
いつも友達に囲まれ楽しんで生きているイメージです。どんな困難にあってもポジティブに頑張れる強さがある子に育って欲しいという願いを込めることができます。また友達や周りの人たちに恵まれて楽しき元気に過ごして欲しいという願いも込めることができます。

+ 楽哉(もとや)

女性
楽哉という字の並びは、漠然と活発そうな印象を想像できました。
楽の字は、明るさをイメージでき、哉の字が男の子っぽさを出していると思いました。
最初からモトヤと読むのだとは分かりにくさを感じてしまいました。

+ 弓音(ゆおん)

女性
ゆおんという柔らかい響きと、シュッと空気を裂く弓矢の思い切りのいい音のイメージから強さと穏やかさを兼ね備えている大きな器を連想させます。穏やかでありながらも強さを持ち合わせた人に育ってほしいという願いをこめることができます。

+ 弓人(ゆみと)

女性
凛とした背筋を伸ばした人物のイメージがあります。的を射るためにキリキリと音がなるほど張り詰めた「弓」の緊張感と、「人」の文字が逆に温かみを感じさせます。響きも珍しく、しなやかで強く、前を見据えた自立した素敵な人物に相応しく感じます。

+ 琳央(りお)

女性
とにかく「今時の、最近の男の子」という印象が強いです。キラキラネームほどにはならないと思いますが両親もまだ若いのかなという感じです。どちらかというとやんちゃでいたずら好きな元気な男の子というイメージが沸きます。

+ 琳門(りもん)

女性
「琳」という字は綺麗なイメージがあります。また、「りもん」という読み方は個性的で一度聞いたらすぐに覚えてもらえるような印象です。華やかでかっこよく、いろんな場で活躍できる人になってほしいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

文学古典、文才のイメージの名前

文章にかんする漢字を使ったり、
感銘を受けた作品や作家から関連する漢字を
とりいれて。

感性豊かな人になってほしい、
文才に恵まれてほしいという願いをこめて。

文学古典、文才のイメージの名前
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

虹輝(こうき)

女性
「虹輝」は文字通り虹の輝き、キラリと光る何かを持っている、アーティスティックな男の子を連想します。何か1つでも打ち込めるものを持っていて、集団の中でも輝くことができる、虹のように人に愛される男の子に育つよう願いを込めることができます。

+ 晃介(こうすけ)

女性
「晃」という感じは明るく光なイメージが強いので、誰からも人気の明るい元気な子、そして「介」は介護のイメージがあるので、ひと助けができる優しい男の子、愛される子になって欲しいという願いをこめることができます。

+ 柊平(しゅうへい)

女性
柊はヒイラギと読むのでクリスマスから冬をイメージさせます。2文字とものばす音ですから柔らかい優しげな印象を受けるので、寒さの中でも安心できるような暖かさを感じられます。穏やかで人を包み込むような器の大きさのイメージをこめることができます。

+ 京介(きょうすけ)

女性
うーという響きが続くので可愛らしい印象があります。けれど、漢字そのものは、しっかり者、昔ながら、頼れる人、といった印象です。目で見たときと、口で発音したとき、ギャップがあって、何度も呼びたくなります。

+ 京平(きょうへい)

女性
京という文字からは穏やかな落ち着きと奥深さを感じることができます。きょうへいという柔らかい響きと1つになると、他を包むような器の深さとそばにいる人がほっと安心できるような穏やかな微笑みが溢れる生を送ってほしいという願いをこめることができます。

+ 和葵(かずき)

女性
「和」という字からも「葵」という字からも、日本的な・和風なイメージを受けます。珍しい読み方ではありますが、漢字の並び的には女の子の名前にも使えそうなので、名前だけだと中性的な印象を与えそうな気がします。

+ 佑葵(ゆうき)

女性
「葵」という字は花の名前で中性的なイメージですが、家紋に使われている花なので、古風で真面目なイメージがあります。「ゆうき」という読み方は優しいイメージです。真面目で優しい人になってほしいという願いを込めることができます。

+ 伊織(いおり)

女性
「伊」という文字は、もともと神様を呼び寄せる聖職者に付く漢字なので、神聖なイメージがあり、人と人とを調和させるという願いを込めることができます。また、宮本武蔵の子供が伊織という名前だったので、それにちなむこともできます。

+ 玄都(げんと)

女性
玄という字は中国の神獣・亀の玄武やとても硬い玄武岩など、どっしりとした強さを感じられます。都という国の中心のイメージと合わせると、強い意志と揺るがない安定感を持った存在という他に流されず己を貫くというイメージをこめることができます。

+ 倭人(やまと)

女性
倭という漢字と「やまと」という呼び方が、古代の日本っぽいイメージなので、いかにも日本男児という感じがします。語感からいくと他の漢字を当てることが多いと思うので、同じ読み方でも個性を主張することができる名前だと思います。
スポンサーリンク

+ 倭光(わこう)

女性
倭光(わこう)
『倭』という感じには日本の古い倭の国のイメージがあります。日本の歴史を塗り替えるような何かを成し遂げる感じがします。それに光。なので光輝くといった印象です。倭光は歴史を感じさせるよい名前だと思います。

+ 蒼介(そうすけ)

女性
爽やかで何事にもまっすぐで誠実なイメージがあります。「介」という字は、介抱や介護などの言葉に使われているので、人を助けることのできる優しい人物であると想像できます。どの世代の人にも受け入れられそうだと思います。

+ 蒼平(そうへい)

女性
蒼という漢字からあおあおとした大きな草原をイメージする事から、雄大で寛容な心を持つ子に育って欲しいという願いが込めることができます。また平という字が付いている事で、穏やかな人生を歩んで欲しいという願いも込めることができます。

+ 春樹(はるき)

女性
「春」という字は、春の暖かいイメージを彷彿とさせることから、心優しい暖かい人間に育って欲しいという願いが込める事ができます。
また、村上春樹のような作家を思いだすことができ、文学面においての期待をこめることもできます。

+ 安吾(あんご)

女性
心安らかに暮らすことを連想させる名前で、小説家の「坂口安吾」を思いおこします。文豪を言われるような大物ではありませんが、時代の寵児と呼ばれるようないろいろなことに挑戦し、何事にも屈することない人に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 一路(いちろ)

女性
四字熟語の真実一路のように一筋に生きる誠実なイメージがあります。自分の思う道を目指して一筋に進んで行ってほしいという願いや、自分を偽ることなく正直にまっすぐに生きてほしいという願いを込めることかできます。

+ 一鶴(いっかく)

女性
どこか一本筋が通ったまっすぐなイメージが思い浮かびます。常に頭を上に向けて、前を見ている感じです。力強く育ってほしい、また、鶴のように大きな翼で未来へ羽ばたいてほしいという願いも込められた名前だと思います。

+ 漱石(そうせき)

女性
文豪のイメージが強く、有名なことから誰でもその人物を連想してしまうかもしれません。名前自体は響きも美しく、「石」の字はずっしりと構え、どんなことにも動じず、長く、それでいて何か、素晴らしいものを未来に残す。そんな大きな事を成し遂げてくれる人物になって欲しい、そんな願いを込めることができるでしょう。

+ 千里(ちさと)

女性
千里という名前は読み方は優しい響きです。千里を一歩一歩、自分の足で歩んでいくイメージを持ちます。人生の歩みを確実に一から十、百、千と経験を積み重ねて行って、大器晩成的な人生になっていくのではないかと大きなイメージです。

+ 勢吾(せいご)

女性
「勢」という字には、たくましくて勇敢なイメージがあります。どんな困難にも立ち向かい、力強く生きていってほしいという願いを込める事ができます。また、吾という字には自分を信じるというイメージがあるので、元気に自由に育ってほしいという願いも込められます。
スポンサーリンク

+ 勢太(せいた)

女性
その子の人生において、物事に取り組む勢いを大切にでき、また取り組む姿勢を大切にできるような子に育ってほしいという想いと、そうした中でも太く長く濃い人生を歩めますようにという願いを込めることができます。

+ 兼吾(けんご)

女性
まず、「兼」という字には、兼ね備えるといった意味からからとても器用でなんでもこなすイメージが持てます。また、「吾」という字には「われ」という意味がありこの2つの漢字を組み合わせた兼吾という名前には色々なことに成功して欲しいといった願いが込めることができます。

+ 兼哉(けんや)

女性
堅実な感じがします。兼ねるという字からも才能や運命、実力を兼ね備えた子になるイメージです。二つ以上の事柄や人を結びつけるという意味もあると思います。
哉という字も男の子らしさがあって少しわんぱくな感じもします。

+ 一成(いっせい)

女性
一つのことを成しとげるイメージを与えることができ、人間的に器が大きい人に成長することを感じさせる名前です。一つ一つのことに真面目に取り組んで欲しいと言った願いを込めることができます。
子供に大きなことを成しとげて欲しいと感じる場合にもぴったりです。

+ 陽介(ようすけ)

女性
「陽」には太陽のように明るく周りを活性化させるイメージがあり「介」には1本筋が通っている古風な日本男児のイメージがあります。これらの組み合わせでリーダーシップのある力強い人に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 陽平(ようへい)

女性
「陽」の字からは、太陽の陽だけに明るい印象を受けます。「平」は、平和で、過ぎたことも足りないこともない感じがします。明るく平和な人生を送れるのではないかというイメージです。また、誰にでも裏表なく、公平に接することのできるまっすぐな青年にぴったりな名前という気がします。

+ 白水(はくすい)

女性
非常に清くて、美しく、澄んだイメージがあります。透明感のある冷たい湧き水がこんこんと流れていて、世俗に染まらず、自己をしっかりと持って未来を見据えている、そんな涼やかな人物の名前に感じます。少しだけ、仏教感があるかもしれません。

+ 典生(てんせい)

女性
親御さんが芸術家や画家等特殊なお仕事をされている方なのかな?というイメージです。珍しい名前ですが、よくあるキラキラネームというよりは、お金持ちのお坊ちゃまとかお寺の息子さんにいそうな名前ですね。あと、「てんせい」という響きから、加納典明さんを連想してしまいます。

+ 成悟(せいご)

女性
団塊世代、しらけ世代、ゆとり世代、さとり世代と最近の世の中では言われるようになってきました。そんな中で悟るという漢字を使うことで、将来を見据えているように感じられます。また、悟る前に成功の成の漢字を使用していることで、将来への道が明るい道になるように願いが込められているのだなと思いました。
失敗もあるけれども、その失敗は成功への道なんだということも、この名前には含まれているのだと思います。なぜかというと、その後に悟るがあるからです。失敗をするけれども、その失敗を次に生かすことができるのが、悟ることだと思います。

+ 大成(たいせい)

女性
大成という言葉の意味から大きく成長し社会的にも成功するイメージを抱かせます。また、言葉の響きから大器晩成を連想することができます。焦らず着実に成長し、独立独歩の自立した人生を歩んで欲しいというご両親の願いを読み取ることができます。
スポンサーリンク

+ 典哉(ふみや)

女性
典哉(ふみや)
典のつく名前は頭のよい賢いイメージがあります。ふみと読むのは知らなかったけど、この漢字でふみやというのはいいと思う。読み方は柔らかいけれど、漢字はしっかりしているので、表面は柔らかいけど芯の部分はしっかりした賢い感じを受けます。

+ 遼河(りょうが)

女性
「遼」という字は「はるか」とも読み、「河」という字も自然を表す漢字であり、どちらも壮大なイメージがあります。そのため、懐が深く包容力のあるような大きな人間になってほしいという願いを込めることができます。

+ 遼介(りょうすけ)

女性
真面目でスポーツ万能なイメージがあります。よくドラマや映画でも使用されたりする名前でもあると思うので、そういったイメージがあるからだと思います。自分の周りにも何人か居ますが、やはり普通の好青年という感じです。

+ 正秋(せいしゅう)

女性
「秋」という漢字からは、豊かな収穫物をイメージできます。苦労もありますが、収穫に至るということは、それまで時間と手間を「正」しくかけてきた証です。このことから、真面目に根気強く努力ができる人間になって欲しいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

元気、健康的なイメージの名前

すくすくと伸びやかに元気に成長してほしい。

解放的でおおらかなイメージの漢字を使い、
元気で健康的に育ってほしいという
願いを込めた名前。
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

元気(げんき)

女性
健康で活発な男の子というイメージがあります。いつも外で友達と走り回って遊んでいるようなイメージもあります。健やかに育ってほしいという願いと、まわりのみんなも元気にするような人に育ってほしいという願いが込めることができます。

+ 元太(げんた)

女性
元気いっぱいな男の子、という感じですね。少々やんちゃなところがあるけれど、間違ったことが嫌いで正面からぶつかっていく、そして、それが愛嬌として人好きのする印象を受けます。根は気のいい人で、困っている人を助けずにはいられない優しさを持つ人物になる、というイメージです。

+ 和気(かずき)

女性
和をもって尊しというイメージが浮かびます。周囲と協調し気配りもある優しい人柄を感じます。気には、元気という言葉が一番に浮かびます。同時に勢いと明るさを感じます。協調性があり、人々に愛され、明るく元気に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 大気(だいき)

女性
大気の「大」からは、器の大きくてたくましい、太い木の幹のような、とても力強いイメージを感じます。また、「だいき」という響きから、大きくて、元気いっぱいに育って欲しいといった願いを込めることができます。

+ 勇気(ゆうき)

女性
男の子でも女の子でも使うことのできる名前です。名前の文字のままに「勇気のある子に育ちますように」という願いを込めることができるでしょう。また、勇気にも色々な勇気の形があります。行動力や決断力、正義感など、どのような勇気を持って欲しいのかを考えることができる名前です。

+ 健吾(けんご)

女性
まず、「健」という字には、健康というイメージが持てます。「吾」という字には「われ」という意味があり、この2つの漢字を組み合わせた健吾という名前には、部活や勉強などに一生懸命取り組む丈夫な体を持った人間になって欲しいという願いを込めて付けられた名前だと思いました。

+ 健太(けんた)

女性
健やかに大きく育ってくれるような力強いイメージがあります。「太」は男らしいイメージもあるので、健康で強い男の子に育って欲しいという願いが込められています。どの年代の方にも読みやすく、印象も良いイメージです。

+ 健斗(けんと)

女性
健康に育ってほしいという願いを込めることができると思います。
健やか、健全など前向きな言葉が浮かんでくるので真面目で全うな人生を送ってほしいという願いを込めてつけることもできると思います。
また、斗は北斗七星などかっこいいイメージがあるのでかっこいい男の子というイメージがあります。

+ 康介(こうすけ)

女性
康介の「康」は「健康の康」なので健康にすくすくと育って欲しいといった印象を受けます。
また水泳の北島康介選手と同じ名前であることから、
スポーツも出来、健康的な一生を送れるように、といった願いも込められます。

+ 康太(こうた)

女性
自分の周りにも居ますが、悪さをしない、勉強を真面目にして頭の良い、おっとりしている男の子というイメージが沸きます。名前の響きからしてもとても柔らかい感じがします。健康の「康」があるので、健康を願ってつけられる方もいるのではないでしょうか。
スポンサーリンク

+ 康大(こうだい)

女性
健康の「康」と大きいの「大」という字から健康に大きく育って欲しいという願いを込めることができます。また、「こうだい」という響きから広大と通じるところが想像でき、のびのびとゆったりと広く、大きくというスケールの大きさもイメージもできます。

+ 康平(こうへい)

女性
元気いっぱいで、健やかにすくすくと成長していくイメージがあります。周りの人にも元気を与えて、分け隔てなく接することができるような印象です。年代を問わず、誰からも愛される名前であるため、親しみやすいイメージです。

+ 康也(こうや)

女性
「康」という字は健やかにおおらかにのびのびといったイメージがあります。また、「こうや」という読み方は男らしく頼りがいのあるイメージがあります。健康で力強くのびのびと育ってほしいといった願いを込めることができます。

+ 康斗(やすと)

女性
健やかに育っており、元気なイメージです。皆勤賞を常に取ってるような男の子の名前にありそうです。名前からもみてわかるのですが、絶対に健康を気にして康の漢字を入れられたのではないかと思いました。将来の息子さんが、大病にかからぬよう祈っている、親御さんが思い浮かびます。

+ 壮吾(そうご)

女性
「壮」という字には、血気盛んな若々しい元気印のイメージがあります。ややもするとやんちゃしすぎて羽目を外すような行動にいたることも憂慮されますが、それを後ろの「吾」という字で原点に自分を戻す働きがあるように思えます。

+ 壮介(そうすけ)

女性
壮大の「壮」なので、力強く、逞しいイメージがあります。また「介」という字は少し古風な印象を持つ漢字です。そのことから、壮介という名前からは、強く、逞しく、そして周りや流行に流されない誠実に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 育馬(いくま)

女性
「育」という文字には、勉強・友人関係など何事にも真剣にはぐくむ様子が想像されます。また「馬」という文字の様に、逞しいイメージもあるので一生懸命たくましい男の子に育って欲しいという願いが込めることができます。

+ 育哉(いくや)

女性
健やかに「育つ」ことを望み、すべてにおいて強く意思を持つ「哉」。文字だけのイメージでも「大きく育つ」ことをイメージできる名前です。「や」で終わる名前は、男の子には人気で、音で聞く名前も勢いのある名前です。

+ 旺亮(おうすけ)

女性
「旺亮」という名前からは好奇心旺盛、何事にも熱心で元気いっぱい、とてもおおらかなイメージの男の子が浮かびます。名前の響きも他の人と被ることも女の子に間違えられることもなく、「亮」という字も現代的な方でしょう。

+ 隆太(りゅうた)

女性
健康ですくすくと元気に育っていくイメージがあります。さらには身体的のみならず、心の面においても何事にもどっしりと構えて対応できるような大きな器を持った人になって欲しいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 隆人(たかと)

女性
「隆」と言う字には、興々と湧き起こって来る生命の勢いをイメージします。「人」はそのまま人間ですが「隆人」となった時、自身の胸の内より湧き起こって来る力強い生命力にあふれた男性像を強くイメージすることが出来ます。

+ 隆平(りゅうへい)

女性
「隆」という字は大きく男らしく立派なイメージがあります。「りゅうへい」という読み方も力強く、また、おおらかなイメージがあるので、心も体も健やかに大きな人に育ってほしいといった願いを込めることができます。

+ 保嵩(やすたか)

女性
保嵩という文字を見て最初に思った印象は崇める対象としての仏像でした。安全を奉ることは古来から行われてきましたがそのことを名前の由来にする事は珍しくなく、そのうちの一つだと思われます。
同じ発音でも康隆や健孝の方が一般的だと思いますが、両者ともに健康促進の様なイメージだと思われます。その上で保嵩をあげるならおそらく同じ健康促進でも人間関係の保安と健全といったところではないかと愚考します。

+ 保人(やすと)

女性
保人と言う名前は人を保つと書くので、人と人との繋がりを大切に保つことのできる、穏やかな大きな人へ成長していくイメージを持ちます。保つということが出来て穏やかで健やかなるおおらからな人物になるような気がします。

+ 保延(やすのぶ)

女性
長生きしそうなイメージです。また、健康に育ってほしい思いも込められていそうな名前ですね。
私は、延びるという漢字のイメージから成長を長い目で親が見守るという親からの目線も感じられます。とても、深い意味がある名前にとらえられました。

+ 養市(よういち)

女性
自分で会社を興し、多くの従業員を養っていくイメージです。将来、大きな成功者になって欲しいという願いやお金に困らない豊かな生活を送って欲しいという願いを込めることができます。更に多くの人に慕われるようにという願いも込めることができます。

+ 養平(ようへい)

女性
「養」という字には、事物を育てる、長所を伸ばすために自分が手を差し伸べて貢献して行くというイメージが湧いてきます。そして後ろの「平」という字でその対象をこの世にあまねく広げて行く、公平に事物に接して行くという寛容なイメージが浮かんできます。
スポンサーリンク

幸運をつかむイメージの名前

子供の幸せは、親ならば誰もが望むものです。

子供がいつまでもより幸福になるように、
大きく成長しても何事にも幸運に恵まれ、
成功してほしいという願いをこめた名前です。
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

幸樹(こうき)

女性
「幸」という字はその通り幸せになって欲しい、幸せをもたらしてほしいという願いが込められていることが分かります。また、「樹」という字にはとても大きな木のイメージができます。この2つの漢字を合わせた幸樹という名前はどっしりとした性格で周りを幸せにし、自分自身も幸せになって欲しいというイメージが持てます。

+ 幸希(こうき)

女性
幸福という意味の幸と、希望の希を合わせていて、いつも幸せで、希望を持って生きていって欲しいという願いが感じられます。また、自分だけでなく、人を幸せにできるような人になってもらいたいという思いも込められている気がします。

+ 幸星(こうせい)

女性
光輝くイメージです。この名前を貰った子の頭の上ではいつも輝かしい星が見守っていてくれる、そんな感じを受けました。産まれてきてずっと長い人生、きっと困難に行き会うこともあるけれど、顔を上げればいつだって空には星が輝いている。そんな親の願いを感じました。

+ 幸太(こうた)

女性
大らかでゆったりとした印象を受けます。いつもにこやかに笑っているような感じです。笑顔が福を呼び込んで幸せになりそうな、優しい名前だと思います。しかし、「太」という文字が入っている分、ただ優しいだけではなく、強さも感じさせると思います。音もあったかいですね。

+ 幸平(こうへい)

女性
幸福や平和といった言葉のイメージがあります。それらの言葉から、とても優しく、誠実で、穏和な印象を持ちます。家族や友達などの周りの人に思いやりを持つことができる人になって欲しいといった願いを込めることができます。

+ 幸明(こうめい)

女性
幸多い人生を送ってほしい。明るい子になりますように。といった、我が子の幸せを願うポジティブな名前です。「幸」も「明」も良いイメージをもつ漢字です。より良い未来が我が子に訪れますようにと優しい願いが込められています。

+ 幸成(ゆきなり)

女性
穏やかなイメージから優しく暖かい心の人に育って欲しいという願いが込められます。
幸という字からは幸せや幸福などが感じられ
成という字には成功や成長などが感じられます。
暖かく、優しく、周りを包むような人にという願いも込められます。

+ 幸尚(ゆきひさ)

女性
「ゆきひさ」という語感は少し古風ですが真面目でしっかりした印象です。また、「幸」という字は幸せになってほしい、「尚」という字は立派に育ってほしいというイメージがあります。何事も真面目に努力ができる人に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 喜一(きいち)

女性
あなたの人生に喜びや幸福、笑顔で溢れている毎日が訪れますように。あなたがいることで周りの人を喜ばせられるそんな人になりますように。そしてどんなことに対しても一途になり、一番を目指せるそんな人になってほしいです。

+ 和喜(かずき)

女性
和やかでとても満たされた微笑みを連想することから、たくさんの喜びに出会う暖かな生をイメージさせます。どんな時も笑顔を絶やさず、多くの幸せに出会いながら周囲にも微笑みを広げていくことが出来るような人に育ってほしいという願いをこめることができます。
スポンサーリンク

+ 喜人(よしと)

女性
「喜びを与える人」と「喜びを感じられる人」という二つのイメージがあります。喜びを与えられる人間は、他者を想うことのできる人間です。喜びを感じられる人間は、常に前を向き、些細なことにも心を傾けるられる人間です。

+ 一慶(いっけい)

女性
一という文字が入っていると凛々しい長男の様なイメージがあります。数字の1でもあるこの漢字には、何事も1位を極めて欲しいと言う願いを込めることができます。
また画数の多い文字を後に入れる事によってバランスがよく威厳が保たれる印象です。

+ 慶世(きょうせい)

女性
「慶」は喜びを意味しますので、誕生を喜んでいる親の愛情をいっぱい受けているなと思わせます。「世」は世界、グローバルな感じがしますので、世界に羽ばたいて行ってほしい、そして日本だけではなく世界で活躍出来るようにといった感じを受けます。

+ 慶吾(けいご)

女性
慶吾(けいご)
「慶」は前田慶次のイメージがあり強くて真のある事を思い浮かびます。思いやりがあって家族や友人などを大切にして、幸せな人生を歩んで行って欲しいと言う願いが込められている言葉の様に感じられます。

+ 慶太(けいた)

女性
「とても優しい子」あるいは「やんちゃで男の子らしい」の両極端ですが、二人のイメージが沸く名前だと思います。どちらにしろ顔だちが何となくカッコいい子や可愛らしい整った顔になるという感じがする名前だと思います。

+ 慶斗(けいと)

女性
慶という字はお祝い事に使われます。誕生を、家族や親族に心から祝ってもらい、愛されて育ってきた子というイメージがあります。「けいと」という音感がリズムよく、活発にたちまわり、運動が得意な印象を受けます。

+ 寿宣(としのぶ)

女性
この子がいるだけで、周りが明るくなりそうなイメージです。良いことが次々と起こりそうな名前で、この名前の子に出会いたいぐらいです。こっちまで、幸せになりそうなお名前ですね。周りに良いことで巻き込む、そんな子になってほしいという願いがイメージされます。

+ 寿哉(としや)

女性
「寿」という時の通りにその子の誕生を寿ぐ、ご両親の子どもへの愛情が伝わってくるイメージがあります。読み方は「としや」と男性らしい名前ですが、音や漢字からは優しく穏やかな子に育って欲しいという願いを感じることができます。

+ 祥吾(しょうご)

女性
「祥」と言う字には、ゆらゆらと背後に立ち上り、包み込む大きな吉瑞のイメージがあります。「吾」は自分ですが、「祥吾」の組み合わせで「吉瑞よ、我を包み込み、天高く登り行け」と言った祈りが込められているイメージを強く感じます。

+ 祥司(しょうじ)

女性
幸運を意味する「祥」の字からは、平和であることや穏やかな様子等、良いイメージを連想させます。このことから、穏やかな性格で、争いごとのない幸運な人生を発展させていってほしいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 祥亮(しょうすけ)

女性
明るく幸多き未来を感じさせます。また、誠実さや健全さをもって健康的で前向きな人格を培えるような芯の強さも持ち合わせているイメージがあります。そういった聡明な人柄から、多くの人から慕われ、その力になれる人間になってほしいという願いをこめることができます。

+ 知奏(ともやす)

女性
「知」は知識や賢いイメージがあり、「奏」は奏でるなど音楽的なイメージが思い浮かびます。字面からは、とても知的な男の子がイメージされます。漢字の組み合わせ方は現代的ですが、「ともやす」と読むことで、日本の名前の響きになり、現代的さと古き良き日本の文化が上手くマッチしていますね。

+ 奏斗(やすと)

女性
漢字だけを見ると、「かなと」と読んでしまいそうですね。その分、ご両親が懸命に考えられたのを感じられるでしょう。「奏」という字から、音楽が好きな家族なのかなというイメージができます。優しく、それでもしっかりした人物像を連想させます。

+ 成治(せいじ)

女性
何事も成功して治めていくというイメージがあります。何事も自分を信じて、失敗を恐れずに進んでいけば成功していくという印象を受けます。また、どんな病気に掛かっても必ず治癒して元気に成長していってほしいという願いも込めることが出来ます。

+ 成暁(なりあき)

女性
物事を成すという「成」の文字に、夜明け・日の出等の印象を受ける「暁」の文字のお名前です。きっと様々な困難や試練が訪れてもそれらを成し遂げやがて暁を迎える事が出来る、という出来事を乗り越え大成して欲しいという願いを込めることができます。

+ 功喜(こうき)

女性
「功」という字のイメージから物事を成し遂げる為に努力ができる立派な人に育って欲しいという願いを込めることができます。また、「喜」という字のイメージから周囲の人の幸せを喜ぶことができる優しい人という印象を持てます。なので自分自身は努力を惜しまず人の幸せを願う優しい子になってほしいという願いを込めることができます。

+ 功世(こうせい)

女性
功という字は、功績功労など仕事に対してなどの出来栄えに対するイメージが強くあります。世と組み合わさることで、世に成果をおさめるという男性らしい印象を字から受けました。読みやすくていいのではないでしょうか。

+ 永至(えいじ)

女性
永至という名前には、永という漢字を使っている事から末永く健康で育って欲しいという思いをこめる事ができます。
そして、至というのは何かを達成できるという意味もこめられます。
年齢を経ても違和感がなく、賢いイメージの名前です。

+ 誠至(せいじ)

女性
「誠」という字には、誠実に物事と向き合うというイメージがあります。どんなことにも誠実に向き合い、そして誠意を尽くして全力立ち向かい、自分が掲げた目標を達成できる人になって欲しいという願いを込めることができます。

+ 達仁(たつひと)

女性
達仁(たつひと)
「達」という字には、物事を成し遂げる・達成するという前向きなイメージがあります。また「仁」は仁徳という言葉もあるように、他の人に思いやりを持って接する姿を思うかべることができ、仲間を大事にし成功に導く、目標を達成する子になるようにと願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 達也(たつや)

女性
達也
目的、目標を達成する為に邁進するイメージがあります。周りの同調を得ながら、独自の我流で、より一層成果を上げる人の面も持ち合わせています。
漫画家の江川達也、アイドル歌手の山口達也、漫画主人公の上杉達也の様に独自の世界観を持ち合わせながらも、活発で頼れる存在という強いイメージがあります。

+ 結貴(ゆうき)

女性
人と人とを結ぶ、そんな繋がりのある人になってほしい。貴方がいることでみんなは繋がっているんだね、と思われるような強い絆を感じられるような人になってほしい。貴(気品の)ある上品な心を持った人になってほしいという思いを込められると思います。

+ 結太(ゆうた)

女性
結太(ゆうた)
結びが太いと書くので、とても強い絆に恵まれますようにという意味をこめることができます。
また太いという字はどっしりした男の子の印象もありますが、結の字は優しい感じの印象も受けるのでバランスがいいです。

+ 叶吾(きょうご)

女性
まず、「叶」という字には夢が叶って欲しいという願いが込められているイメージが持てます。「吾」という字は「われ」という意味ですので、自分の夢を叶えられるような、自己実現の力を持った人間になって欲しいという願いを込めて付けられた名前だと思いました。

+ 叶佑(きょうすけ)

女性
体育会系のイメージがあります。名前からなのですが、漢字がバスケットボール部にいる男の子で身長は高めのイメージです。力強く、たくましいが、でも現実的なところがあるように私は感じました。
叶うというのは、現実とも向き合わなければなりません。ですので、名前に叶うをいれ、夢ばかり見てないでたまには現実も見ないとという願いが込められているのだと感じました。

+ 叶哉(きょうや)

女性
「その子の夢が実現するように」という願いや覚悟が感じられます。読み方的には和風で知的な男性のイメージを受けますが、漢字を見ると少しキラキラした印象を受けなくもないです...。画数の多い苗字との相性がよさそうですね。
スポンサーリンク

誠実なイメージの名前

真っ直ぐな気持ちで誠実に育ってほしい
という願い。
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

一誠(いっせい)

女性
パット見て真面目そうな印象を持ちました。かといって地味すぎることもなく、「いっせい」という響きは現代的でカッコいいと思いました。「誠」は華やかではないけれど最後には大事にされる人柄というか、平成、あるいは年号が変わっても十分通用し、幅広く好かれる名前かと思います。

+ 誠一(せいいち)

女性
「誠」という字には、真面目で清廉なイメージがあります。これは社会で生きていくうえで不可欠な要素であり、一生をかけて磨いていくものです。そこから、決して偽らず、怠らず、真っ直ぐな人間に育つようにという願いを込めることができます。

+ 誠吾(せいご)

女性
「誠」という字からは誠心誠意という言葉があるように、真面目さや丁寧さ、律儀さなどを感じ取ることができます。また、誠実という言葉もあるように真面目でしっかりとした人間に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 誠道(せいどう)

女性
誠(まこと)の道で誠道と書くので、新撰組のイメージが持てます。意思の強さや真っ直ぐな心を持ってほしいという願いを込めることができるでしょう。二文字ともどっしりとした印象を持ちますので、少し硬派な男の人が思い浮かびます。

+ 真一(しんいち)

女性
真一(しんいち)
真という文字に含まれる、目標に向かって一心不乱に強く突き進むイメージがあります。俳優の堤真一、プロゴルファーの横田真一のイメージから一見、見た目は生真面目に見えるが、とても人格者で一芸に長けた雰囲気を発想します、名前の後に『文字』を着け足すと真一文字(まいちもんじ)の字のようにまっすぐなこと、また、わき目も振らないこと、真一文字に突き進むという願いを込めることができると思います

+ 真吾(しんご)

女性
名前に「し」が付く人は、面白い感じがして芸人さんに多いです。
愛される名前も、「し」が付いています。
しんごと言うと、香取慎吾さんのイメージがあります。
呼びやすく、いつまでも弟的な存在です。
年を取ってもちゃん付けされそうです。

+ 真哉(しんや)

女性
真面目、真剣の真という字から、真っ直ぐで嘘偽りのない、素直な子供に育っていってほしいという願いを込める事ができます。また、真実の真でもあるので、両親の愛情をたっぷり受けてのびのび育っていくイメージがあります。

+ 真登(まさと)

女性
目指しているものにとことん突き進んでいく、というイメージがあります。真っ直ぐ、真面目、真実、というところから、うそ偽りなく、精一杯努力していくという願いがこめられていると思います。プロを目指すような印象があります。

+ 諄知(あつとも)

女性
訓読みを2つ続ける読み方は、やわらかで柔軟なイメージで、かつしっかりと誠実な印象を与えることができます。「あつとも」という響きは平安武士の名前を連想させ、人に頼られ、統率して率いていくような人物になってほしいというご両親の願いを感じることができます。

+ 諄也(あつや)

女性
時代の流れをしっかり掴んで成功しそうなイメージがあります。粘り強く、人に好かれる性格を願うことができ、老若男女問わず好かれるオーラがでているようで好感が持てます。名付け親の聡明さも伝わるような名前です。
スポンサーリンク

+ 諄介(じゅんすけ)

女性
諄介(じゅんすけ)
「諄」は心が込められて親身になって人を助けたりと、親孝行で古風なイメージがあります。また、丁寧でじっくりとゆったりと人を育てたり、教え導く人に育ってほしいという思いを込めることができます。

+ 諄太(じゅんた)

女性
諄太(じゅんた)
諄(じゅん)の漢字は名前に使用されることはめずらしく、丁寧で手厚いイメージがあります。また太は芯が強く、しっかりしている印象です。名前の響きも良く、一度で覚えられやすいと思います。人柄が良く、穏やかで人に好かれるようにとの願いを込める事が出来ます。

+ 諒樹(まさき)

女性
「諒」という字は誰にでも優しくできる人のイメージがあり、「樹」は大きく健やかに育つというイメージがあります。また、「まさき」という読み方からも優しく柔らかい印象を受けますので、周りの人に優しくできる人になってほしいという願いを込めることができます。

+ 諒佑(りょうすけ)

女性
「諒」という字からは、明るい、おもいやりがあるといったイメージが伝わってきます。「佑」は、音の響きからも、優しく柔らかなイメージが受けて取れます。
友達や家族に優しく、困った人がいたら助けてあげる人になって欲しいという思いを込めることができます。

+ 諒馬(りょうま)

女性
「諒」という字は真面目で誰にでも優しくできる人のイメージがあります。「りょうま」という読み方は坂本龍馬を思い出させるような男らしくて力強いイメージですので、優しく力強く育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 諒矢(りょうや)

女性
「矢」という字から、弓矢を連想するので、何事にもまっすぐというイメージがあります。思いやりがありうそをつくことのない、人に対しても物事に対してもまっすぐで素直な人に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 直希(なおき)

女性
「直」という字には、芯がしっかりしているというイメージがあります。将来に希望や目標をしっかりもって、生きていくうえで迷うことがあったとしても真っすぐに、素直に生きていってほしいという願いをこめることができます。

+ 直斗(なおと)

女性
素直でまっすぐでシンプルなイメージで斗の字はまた力強さも感じさせるので、健康で芯も強く、全体的に画数もそんなに多くないので、自分の道というものを確立しどこまでも努力ができ、達成できる願いを込めることができます。

+ 敬一(けいいち)

女性
「敬」という字には、穏やかである一方でエネルギーのあるイメージがあります。生きていくなかで、尊敬できる人を見つけたらいいところをよく見習って、いつの日か周りの人から一番に尊敬されるようなすばらしい人間になってほしいといった願いをこめることができます。

+ 敬梧(けいご)

女性
「敬」という漢字が入っていることから、人を敬い尊敬するというイメージが連想されてきます。そこから、相手を敬うことやすべてのものに対して思いやりを持った人間になってほしいという願いを込めることができます。
スポンサーリンク

+ 慎吾(しんご)

女性
真面目なイメージがあるので、何事にも真剣に真っ直ぐに取り組んでコツコツと頑張れる。そして、自分の意見とかをしっかり持っているので周りに流されることなく我が道を行ける、とても良い子に成長しそうな名前です。

+ 慎亮(しんすけ)

女性
「慎」という漢字には「心」という文字と「真」という文字が含まれているため、誠実で落ち着きがあり真心のある人をイメージさせます。誰からも慕われ信頼される人になってほしいという思いを込めることができます。

+ 良寛(よしひろ)

女性
優しく、心をゆったり構えて、なお懐の深さを感じさせる気がします。「良」という字は悪い事に絶対に使われる字ではないですし、寛という字は寛大とつくぐらい人間の器の大きさ豊かさを感じさせられる漢字だと思います。

+ 省太(しょうた)

女性
「省」という字は、きめ細かな気配りのある意味を連想させます。「太」は太く親しみのあるイメージがあるので、2つを組み合わせると、親しみがあり思いやりのある人物になって欲しいという願いが込めることができる。
スポンサーリンク

かっこいいイメージの名前

男の子ならかっこよく、女の子ならかわいく!
親ならみんな願うことです。

外見だけでなく、内面の心もかっこよく、
輝く人になってほしいという
願いをこめた名前です。
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

玲一(れいいち)

女性
品があり、マナーを守って、一つのことを貫くようなイメージがあります。知的な雰囲気も感じさせて、優秀で賢いイメージです。また、クールで大人びた雰囲気で、落ち着いていて自分の意思をしっかりと持っている印象があります。

+ 玲音(れおん)

女性
漢字はとても綺麗な文字を使っていると思います。
ただ、れおんという名前は少しキラキラネームの印象があります。
純粋な日本人、または完全な日本人顔の場合は名前とのギャップがありそうです。
顔立ちがハッキリしていれば、良いかなと思います。

+ 綾人(あやと)

女性
綾という漢字は男の子よりも女の子の名前によく使われていると思うので、おとなしそうなイメージを感じます。この名前を付けたら、人に優しくて、誰に対しても親切な男の子になりそうです。童顔の子供に似合いそうな名前だと思います。

+ 綾治(りょうじ)

女性
読み方が非常に難しい名前です。文字自体は今風ではないですし、読みもちょっと古めかしさを持っていますが、男の子らしい落ち着きと堂々とした雰囲気を持つ名前です。文字を説明するのに困ってしまう名前でもあります。

+ 綾太(りょうた)

女性
綾という漢字が、女性らしい感じがするので、可愛らしいイメージです。斗は北斗七星から星を連想させます。また北斗の拳のイメージもあるので、強そうな男性らしさがあります。綾の女性らしいイメージを斗の男性らしさが引き締める感じがします。

+ 綾平(りょうへい)

女性
「綾」という文字は光る部分と光らない部分を作る模様を織り出している絹織物を意味し、「平」はならだか、穏やかを意味することで、なだらかに広く大きく、多様性を持つイメージがあります。自分を強く持つ、男の子らしい名前です。

+ 佳市(けいいち)

女性
桂市の桂という字は樹木を表していて、根を張ってしっかりしているイメージで、市は市場や都市など、人の集まるイメージなので、のびのびとしていておおらかで自然体で大きく社会で伸びるというイメージがあります。

+ 佳吾(けいご)

女性
「けいご」という語感は男らしいイメージがあります。また、「佳」という字を男の子に使う場合は立派とか、真面目できちんとしたイメージがあるので、語感のイメージと総合して立派に真面目に大きく育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 佳汰(けいた)

女性
「佳」という字には、すぐれている、立派であるというイメージがあります。そのことから勉学、芸術、スポーツなど何かしらの分野に秀でた人になってほしい、何かの分野ですぐれた結果をだせるような人になってほしいという願いを込めることができます。

+ 佳登(けいと)

女性
常に何かと戦っている、挑戦しているイメージがあります。佳の漢字からは、繊細さを感じさせられ、登るという漢字で男らしさを感じます。手先が器用で、女の子っぽいが、時には無茶もし、男気のある子に育つのではないかと、私はこの佳登という名前から感じました。
スポンサーリンク

+ 絢人(けんと)

女性
「絢」という文字は、優しく女の子のような印象を持つ文字ですが、文字自体は「きらびやか」や「美しい」という意味をもっているので、「人」という文字を合わせることで、輝かしく大きな人に育ってほしいという願いが込められる名前です。

+ 和綺(かずき)

女性
「綺」という字には「綺麗な心」をイメージし、「和」という字は、人との和を重んじる様子をイメージがあります。二つの素晴らしい字を重ねることで、人に優しく、心の綺麗な人に育ってほしいという願いをこめることができます。

+ 直綺(なおき)

女性
素直で綺麗な心の持ち主というイメージです。真っ直ぐに育って欲しいという願いを込めることができます。また、悪に屈せず正義の心で戦っていく強さを持った逞しい子に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 正綺(まさき)

女性
「正」という字から、まっすぐで曲がったことが嫌いで、正直な人という印象を受けます。自分に対しても周りの人に対してもまっすぐに向き合い、正直な心の綺麗な人に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 凜久(りく)

女性
「凛」という字には、凛々しいという熟語に使われている事を例にとると、しっかりとして礼儀正しく、きりっと引き締まって威厳のある様な人に育って欲しいという願いが込める事ができます。またクールなイメージを彷彿とさせます。

+ 耀市(よういち)

女性
「耀」という字はきらめく様子をイメージさせること、「市」という字から人が集まる様子を連想することができます。誰からも愛される人気者で、輝かしい明るい人生を送って欲しいという願いを込めることができます。

+ 耀治(ようじ)

女性
「耀」という字は光り輝く華やかなイメージがあります。また、「ようじ」という読み方は少し古風ですが、とても落ち着いた印象があるので、しっかり真面目に生きて将来は大成してほしいといった願いを込めることができます。

+ 耀亮(ようすけ)

女性
明るく輝くイメージがあることから、皆から親しまれるような人に育ってほしいという願いを込めることができます。また、自分が輝くことで、周りの人を導けるようなリーダーとしても活躍できる人になれるよう、願いを込めることができます。

+ 那音(なおと)

女性
那音(なおと)
音楽には人を癒したり元気にする力があり、楽しさも連想されます。その「音」と、せつないというイメージから柔らかい印象を受ける「那」で、周りの人を優しく包み込み、人生を楽しく歩んで欲しいという願いを込めることができます。

+ 那月(なつき)

女性
文字の印象として、とても綺麗だと思いました。那と月が続いて綺麗な名前です。音も綺麗で、暗闇のなかでぽっかりと浮いた明るい三日月を思わせます。ただ、響きは女の子名前に多いものなので、少し女性らしい印象があります。男の子でも十分に良い名前ですが。
スポンサーリンク

+ 甲斐(かい)

女性
どちらかというと、下の名前より名字のイメージがあります。年齢の上の人からは甲斐バンドの甲斐よしひろの名字が浮かんでくるのではないでしょうか。読み方への間違いはないと思います。音楽的イメージが強いです。

+ 雅喜(まさき)

女性
この二文字だけで、非常に華やかでキラキラ輝いたイメージを感じることができます。文字を見るだけで元気で逞しく明るい人が思い浮かびます。優雅で喜びに満ち溢れた人に育ってほしい、といった願いを込めることができます。

+ 祐太(ゆうた)

女性
大らかで寛大、丈夫でたくましく、器の大きな人のイメージのある名前です。「ゆうた」「ゆう」「ゆうちゃん」など、呼びやすく、親しみやすい印象もあり、誰からも愛される、元気で優しい男の子のイメージのある名前です。

+ 祐介(ゆうすけ)

女性
「祐」という字は温和で友人が多い人というイメージがあります。また、「ゆうすけ」という読み方も柔らかいイメージがあるので、いつも友人に囲まれて過ごせるような優しく温かい人になってほしいという願いを込めることができます。

+ 英寿(ひでとし)

女性
「英」には「すぐれている」や「はな・はなぶさ」の意味があります。「寿」からは「長く続く」ようなイメージが連想されます。サッカーの中田英寿さんの印象もあり、人よりも優れていたり、華やかな様がずっと続く、常に第一線で活躍し続けるような思いをこめることができます。

+ 衣織(いおり)

女性
文字のイメージだけですと、女の子のようなイメージになってしまう名前ですが、「衣を織る」という意味合いから「職人気質」になることに思いを寄せるご両親が望む名前です。中性的な名前は現代の傾向となっています。

+ 世良(せら)

女性
読み方が今時の名前っぽい響きでおしゃれな印象です。また、漢字からは世界を良くするという意味が読み取れるので、人を思いやり、周りの人を良い方に導いていけるように、というような意味を込めることができます。

+ 世海(せかい)

女性
世海(せかい)
世界中の海に進出したりまたにかけるイメージを連想するので、将来世界進出していけるような水泳選手になって欲しいという願いや船乗りなどの海と関われる仕事に就けるようになって欲しいという願いを込める事が出来ると思います。

+ 瞳吾(とうご)

女性
瞳吾(とうご)
心の澄んだ綺麗な輝きを放つ瞳をもち、自分のことや目の前にいる相手のことをあらゆる角度からしっかりと見つめることができ、思いやりを持ち、行動できる人に育ってほしいという願いをこめることができます。

+ 瞳也(とうや)

女性
「とうや」という語感は今風でかっこいい印象です。「瞳」という字はあまり男の子の名前では見慣れないですが、優しいイメージがあります。かっこよくスマートで優しい男の人に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 雅視(まさみ)

女性
「視」という文字から、様々なことに視野がひろがり、周囲の人々に気配りができ、また、たくさんの事柄を自身に吸収、成長していくようなイメージがあります。「雅」の文字からは、優しく、大らかな心を持ち合わせているような印象があります。気配りのできる、ゆったりとした心を持ち合わせている人になれるように、と願いをこめることができます。
スポンサーリンク

男の子二文字名前 まとめ

男の子の和風でかっこいい二文字名前を
243例ご紹介しましたが、
いかがでしたでしょうか?

これいい!というような
気になる名前はありましたか?

文字数で見た場合、
名字とのバランスが一番とりやすいのが
二文字名前といわれています。

ただ、一番多いのもこの二文字名前。

響きや漢字でちょっとだけ
個性をだしてみるのも良いでしょう♪

当サイトでは、他にもたくさんの
男の子の名前を紹介しています。
>男の子の漢字一文字名前!古風でかっこいい名前112選!
>珍しい男の子の名前!他とはかぶらない名前を厳選155例
>英語でもイケる男の子の名前150選!英語圏で呼びやすい名前はコレ!
>冬生まれの男の子!古風でかっこいい名前はこれ!厳選130例
>優しい男の子の名前!優しさをイメージする漢字と名前123選
>男の子の名付け!太陽や月の自然をイメージする名前139選!

ぜひ、こちらの記事も参考に
できるだけ沢山の名前をみて、
名前候補をどんどん出してみてください。

パパやママが納得の
素敵な名前を見つけてくださいね。







この記事もおすすめです♪



-男の子の名前
-,

Copyright© Solve It! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.