お得情報 割引・クーポン

コメダ珈琲店で得に食べる割引情報(株主優待&クーポン)まとめ

投稿日:

この記事の所要時間: 423


ふんわり焼いたデニッシュパンの上にソフトクリームをのせた「シロノワール」などのユニークなメニューが人気なのが「コメダ珈琲店」です。

全国に800店舗以上を展開しており、その勢いはとどまるところを知りません。

そこでここではそんなコメダ珈琲店の割引情報について紹介していきたいと思います。

・公式クーポン情報

公式のHPには直接使える割引クーポンなどは掲載されていませんでした。

(出典:http://www.komeda.co.jp/)

しかしいくつかお得になるアイテムが公式に紹介されています。

まず「KOMECA」です。

これはチャージ式のプリペイドカードで、1000円から入金でき、最大30000万円までチャージできます。

メリットはまず利用金額の1%がポイントとして貯まるということです。貯まったポイントは10ポイント=10円で使用できます。

また合わせて「金シャチ会員」になることでポイント還元率が3%になります。

簡単に登録できますので登録しておきましょう。

(出典:http://www.komeda.co.jp/)

「コーヒーチケット」を利用するのもかなりお得になります。

ブレンドコーヒーなど17種類のメニューに利用できるチケットとなっており、すべて使用すると500円以上はお得になるというチケットです。

この店をよく利用する人であればメリットは大きいでしょう。

さらにこのチケットに100円をプラスすることで「コメ黒」「金のアイスコーヒー」「たっぷりサイズ」も利用できるようになります。

(出典:http://www.komeda.co.jp/)


・ホットペッパー&ぐるナビでクーポンはある?

ホットペッパーやぐるなびなどのグルメクーポンサイトには店舗情報は掲載されていましたが、割引クーポンなどは掲載されていませんでした。

・株主優待ってあるの?

コメダ珈琲店の運営元である「コメダホールディングス」の株式を保有することで株主優待を受けることができます。

権利確定月は2月と8月の年に2回です。

100株以上を保有していると1000円分のKOMECAが支給され、2回目以降は1000円分がチャージされるようになっています。

100株単位での取引となっており、現在株価は2100円前後となっていますので21万円ほどあれば株主になることができます。

また、2017年の株主総会から議決権を行使した株主には500円分がチャージされるようにもなっています。

(出典:http://www.kabuyutai.com/)

コメダホールディングス株式情報:

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/

・商品券やグルメカード・クレカは使える?

コメダ珈琲店では商品券やギフトカードなどはすべての店で使用できるわけではありませんが、一部の店舗では使用できます。

また、KOMECAのようなプリペイドカードや電子マネー、クレジットカードなどは幅広く使用することができます。

ただしすべての店舗で使用できるわけではなく、店舗ごとに違ってきていますので事前に使用できるかを確認しておいた方が良いでしょう。

・dグルメ

dグルメとはレストランなどの飲食店の店舗情報や割引クーポン、さらには料理のレシピなどが掲載されている総合グルメサイトです。

こちらにはコメダ珈琲店の体験記や感想などが情報として掲載されていましたが、割引クーポンなどは掲載されていませんでした。

・食べログ

評価サイトとして有名な食べログには店舗ごとの情報が細かく掲載されていましたが、割引クーポンなどは掲載されていませんでした。

あくまでもメニューなどの店舗情報を調べるサイトとして使用することになるでしょう。

・食べログプレミアム

食べログプレミアムは月額300円を支払ってプレミアム会員になると利用できるサービスです。

高い割引率で利用できるお店が多いのですが、珈琲店のような単価が安い店舗の情報は比較的少なめです。

支払い金額が大きいお店での利用が中心となるでしょう。

コメダ珈琲店の割引に関しても情報は掲載されていませんでした。

・紙媒体でのサービス

すべての店舗ではありませんが、会計時にその店舗でのみ使用できる割引券が渡されることがあります。

「コーヒー100円引き」「10%off」のような紙媒体の割引券になるのですが、どのタイミングで、どの店舗ならもらえるのかは完全にランダムです。

もらえたらラッキーくらいに考えておいた方が良いでしょう。

・まとめ

コメダ珈琲店の割引でもっとも安定しているのは「KOMECA」の利用や「コーヒーチケット」ということになります。

株主優待でもKOMECAが支給されていることを考えるとやはりそれが中心となるということでしょう。

ドリンクを中心に注文するならコーヒーチケット、食事も合わせてする場合はKOMECAなどその時に応じて併用していくのがもっともお得になると言えます。







この記事もおすすめです♪



-お得情報, 割引・クーポン

Copyright© Solve It! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.