男の子の名前

男の子の一文字名前!古風な漢字からおしゃれな漢字まで100選!

更新日:

男の子の一文字名前って、いいですよね♪♪♪

漢字一文字の潔さ、逞しさを感じます!

近年では、男の子だけじゃなく、女の子にも、この一文字名前の人気がぐ~んと高くなっています!

そこで今回は、どんな印象を与えるか!という点から様々な名前を紹介していきます。

男の子の名前を考えているパパママ!ぜひ参考にしてください♪

やっぱり男の子の一文字名前はかっこいいです!

スポンサーリンク

男の子の人気の「名前」と「漢字」

まずは、こちらをご覧ください。

明治安田生命が1898年から毎年実施している名前ランキングの結果です。

そのランキングで、2014年の男の子の名前の漢字で人気だったベスト10の漢字がこれです!

漢字順位前年順位
1位1位
2位2位
3位3位
4位6位
5位4位
6位7位
7位5位
8位8位
8位10位
10位49位
そして続いては、2014年の男の子名前ランキングです。

男の子の名前 2014人気ベスト10

順位名前
1位
2位大翔
3位大翔
4位陽太
5位悠真
6位
6位悠人
6位
6位駿
10位朝陽
人気ベスト10の名前の中に

一文字漢字の名前が4つも入っています!

この一文字名前は、の子の名前だけでなく、女の子の名前でも人気が上がってきていて男女共通での傾向といえます。

>女の子の一文字名前!意味付きの古風~かわいい名前65選!

この、「一文字の名前」の特徴としては、

音の響きや、漢字の意味が、より強調されるところにあります。

たった一文字でも漢字から浮かぶイメージや同じ漢字でも読み方によっては古風に感じたり、かっこよく感じたりと印象がだいぶ変わってきます。

やさしい印象を与える男の子の一文字名前

優しい印象を与える名前を考える際に、最も重要になってくるのは、第三者が名前の漢字を見たときに、優しい印象を感じるかどうかになります。

優しいでも使われる「優」の字は、誰が見ても優しさを想像しますし、「和」という漢字は、「なごむ」という意味合いから、やはり優しさを感じやすいですよね。

優しいという言葉をもっと広げていくと、「大らか」や「温かみのある」と言った言葉も、優しさを感じやすい言葉。

「大」という字は、文字通りの意味になりますし、温かみのある漢字でいえば、例えば太陽を連想させる漢字や、春を連想させる漢字など、名前を見た人が温かみを感じやすいものであれば、自然と優しさを感じやすいのではないでしょうか。

・優(ゆう・すぐる)

・光(ひかる)

・和(やまと)

・暖(はる)

・陽(よう・あさひ)

・泉(いずみ)

・純(じゅん)

・悠(ゆう・はるか)

・航(わたる)

・友(ゆう・とも)

・恵(めぐむ・けい)

・慈(しげる・いつく)

・満(みつる)

・空(そら)

・朋(とも)

・大(ひろ)

・旭(あさひ)

・佑(たすく)

・聡(さとし・そう)

・望(のぞむ)

古風な印象を与える男の子の一文字名前

古風というと、昔ながらの・・といったイメージを巡らせてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

言い方を変えると、由緒ある名前ともなりますし、日本の伝統的な漢字を使うことによって、かっこよさや誠実さなど、第三者に与えるイメージは良くなる傾向にあります。

例えば、古風な印象を与える名前で「誠」という漢字があります。

「まこと」とも読みますし「せい」とも読むこの漢字を使った言葉には、誠実や誠意など、嘘や偽りのない様を表しますよね。

古くから使われている漢字なので、人は自然とその漢字の意味を覚え、その漢字が入っている名前=誠実な人に違いない、と思ってしまうのです。

少々硬いイメージと捉えがちですが、信念を持って人生を歩んで欲しいとか、着実に進んでいって欲しいという願いを込めるのには、向いている名前がとても多い印象があります。

・歩(あゆむ)

・敦(あつし)

・健(けん・たける)

・悟(さとる)

・匠(たくみ)

・誠(せい・まこと)

・慶(けい)

・雅(みやび)

・武(たけし)

・仁(じん)

・陸(りく)

・昇(のぼる)

・和(やまと)

・護(まもる)

・賢(けん)

・寿(ひさし)

・譲(ゆずる)

・徹(とおる)

・龍(りゅう)

・理(おさむ)

中性的な印象を与える男の子の一文字名前

中性的な名前は、男の子にも女の子にも使える名前をさします。

しっかりとした男らしい印象を与えつつ、柔らかな女性的な印象も与えることができます。

中性的な名前で真っ先に上がるのが「翼」。

「つばさ」は、男の子に付けた場合大空を自由に力強く羽ばたく印象がありますが、女の子に付けた場合は、力強さというよりも軽やかな印象を抱きますよね。

つまり、中性的な名前は、どちらにつけてもおかしくない漢字でありながら、性別によって微妙に意味合いが異なってくるということ。

その点を上手に使えば、素敵な名前が誕生するような気がしますよね。

今では外国への行き来が自由になり、国際的に羽ばたいていく日本人も増えています。世界に羽ばたくことをイメージした名前も良いかもしれませんね。

・翼(つばさ)

・聖(ひじり)

・累(るい)

・景(けい)

・瑞(みずき)

・蛍(ほたる)

・晶(あきら)

・碧(あおい)

・渚(なぎさ)

・淳(じゅん)

・輝(ひかる)

・結(ゆう・ゆい)

・真(まこと)

・薫(かおる)

・司(つかさ)

・涼(りょう)

・楓(かえで)

・尚(なお)

・希(のぞみ)

・晴(はる)

かわいい印象を与える男の子の一文字名前

男の子が可愛らしい名前を付けることで得られる効果は優しい印象の名前と似ていて、可愛らしい印象を与える漢字を使った名前は、相手を安心させる効果がありますよね。

響きが可愛らしい響きもまた、相手に安心感を与えますし、親しみを持ってもらいやすくなります。

しかし、可愛らしい名前は、誰からも愛されることは間違いありませんが、あまりにも可愛らしすぎるのは考えもの。

その子が一生、付けてもらった名前を背負っていけるように、男の子であることも意識した名前をつけるようにしましょうね。

・星(せい)

・天(てん)

・柚(ゆず)

・心(こころ)

・静(しずか)

・遙(はるか)

・環(かん)

・紡(つむぐ)

・凜(りん)

・滴(しずく)

・円(まどか)

・詞(うた)

・陽(はる)

・宙(そら)

・獅(れお)

・咲(さく)

・歩(あゆむ)

・岬(みさき)

・皐(さつき)

・珀(はく)

おしゃれな印象を与える男の子の一文字名前

おしゃれな印象を与える名前には、近代的なイメージが連想されるものや、外国風なイメージのものなどがあります。

最近では、漢字とは別な読み方をさせることでおしゃれな印象を与える名前も。

こちらも注意すべき点として、あまりにも凝った名前にしてしまうと読めない場合があります。

人に広く覚えてもらい、愛されるのが新の目的である訳で、子供の未来を最優先に考えて名前を付けるべきです。

子供が愛着を感じられる名前で、皆に愛されるおしゃれな名前をつけてあげるようにしましょうね。

・天(そら)

・永(はるか)

・究(きわめ)

・凱(がい)

・魁(かい)

・劉(りゅう)

・光(らいと)

・虎(たいが)

・昴(すばる)

・基(もとい)

・麗(あきら)

・弦(ゆずる)

・遼(りょう)

・煌(こう)

・柊(しゅう)

・縁(えにし)

・丈(じょう)

・岳(がく)

・郷(ごう)

・誉(ほまれ)

珍しい印象を与える男の子の一文字名前

珍しい名前は印象に残りやすく、早く名前を覚えてもらえるメリットがあります。普段使う漢字でも、名前にすることがなかった漢字や、響きが珍しいパターンなどさまざま。

しかし、名前に込められている願いはしっかりしていて、納得がいくものが多い印象です。

例えば、「雄」という字を使った名前、「ゆう」。

ゆうという名前は、「悠」や「友」などを使う名前が多く、雄を使うのは珍しいかもしれません。

丸く穏やかに、円満な人生を歩んで欲しいという願いを込めて付けられることの多い「まどか」という名前も、「円」という字を使うことが多いですが、旧字の圓とすると、珍しい上に、知的さも感じますよね。

・雄(ゆう)

・諄(まこと)

・謙(ゆずる)

・叶(きょう)

・絢(けん)

・琳(りん)

・黎(れい)

・耀(よう)

・璃(あきら)

・極(きわむ)

・誉(ほまれ)

・廻(めぐる)

・椛(もみじ)

・潮(うしお)

・菖(しょう)

・倭(やまと)

・尊(みこと)

・巽(たつみ)

・要(かなめ)

・丞(たすく)

個性的な印象を与える男の子の一文字名前

個性的な名前もまた、覚えてもらいやすいのがメリットとなります。

どんな人間になってもらいたいかなどの願いをダイレクトに込めることもでき、既成概念に捕らわれないで名前を付けることができますよね。

やはりこの手の名前も、子供が一生その名前を背負っていけるかを、しっかりと考える必要があります。

あまりにも個性的な名前を付けた結果、子供が大きくなってから結局改名したという事例も少なくないようです。

名前が原因で、言われ無き仕打ちを受けることも報告されていますので、くれぐれも慎重に名前を付けてあげて下さいね。

・宙(こすも)

・恩(めぐむ)

・玄(はじめ)

・袖(つむぎ)

・証(あかし)

・鐘(あつむ)

・浬(かいり)

・朔(さく)

・傑(すぐる)

・陸(だいち)

・輝(てるき)

・睦(むつみ)

・流(ながれ)

・棗(なつめ)

・錦(にしき)

・聖(ひじり)

・畔(ほとり)

・澪(みお)

・力(ちから)

・湧(わく)

最近人気の一文字名前5つとその意味

ここでは、最近人気のある一文字名前をピックアップし、その意味を見ていきます。

海は、「かい」「うみ」などと呼ばせることが多いようです。

広く大きな海のように、周りの人を大きく包み込み、広い心を持って育って欲しいという意味が込められています。

愛情深い子に育って欲しいという、パパとママの願いが込められているのでしょうね。

なお、パパやママが海が好き、若しくは海に関わる仕事をしている人が名付けることが多いようです。

空は、「そら」「くう」「こう」などと呼ばせることが多いようです。空もまた、海と同じく自然の中のもので、大きく無限に広がっていますよね。

そのことから、大らかな子供に育って欲しいという願いや、空には境界線がないことから、人を差別することなく、広い視野を持って欲しいという意味も込められているようです。

青く澄んだ爽やかなイメージを与えるので、近年、男の子の名前で人気の高い漢字になっています。

月は、「あかり」「らいと」など、一歩先の意味合いで呼ばせることが多いようです。

暗闇を優しく照らし、常に穏やかなイメージがあるので、誰にでも優しく思いやる心を持って欲しいという意味があるようです。

また、月は神秘的なイメージがあり、満ち欠けのサイクルがあることから、変化に負けない強さを持って欲しいという願いを込める場合もあるようです。

白は、「あきら」や「きよし」など、連想させる呼び方にする場合が多いようですが、最近では「はく」とそのまま読ませることも。

白は、純真無垢や純粋など、汚れのないイメージの象徴であり、色の中でも一番明るい色味。

そのため、清く正しく人生を歩んで欲しいという意味があり、自分の考えをはっきりと言える、明朗活発な子になるように願いを込めることが多いようです。

和は、「なごむ」や「やまと」などと呼ばせていることが多いようです。平和や和みなどの意味が強く、和風や和食などから日本的なイメージもあります。

心優しく穏やかに育って欲しいという願いや、落ち着きをもって人々を和ませ愛される存在になって欲しいという願いを込めて、名付けられるようです。

出産前のプレママ、出産後のママに妊活サプリ「CHARTY」

まとめ

漢字一文字の名前は、

視覚にすっと入り、印象に残るインパクトがあります。

音の響きも強調されやすく、相手に自分を表現しやすいのも魅力と言えるのではないでしょうか。

一文字名前は二音のものが多いですが、中には三音のものもあり、イメージを広げて読ませることも可能です。

日本人の多くは2文字名前が多いことも一文字名前の印象を強くしている要因かもしれませんね♪

同じ読み方でも、漢字によって印象が変わったり、またその逆もあったり。

そんなこともあり、あえて、50音順ではなくバラバラに紹介しています。

これいい!

というインスピレーションは、とっても大事ですよ♪

こちらの記事では、名付けのコツを紹介しています。
兄弟がいる方、予定のある方(笑)は、ぜひ、参考にしてみてください♪

>兄弟、姉妹でつながりある名前!同じ漢字や関連性のコツ!

また、他にも男の子の名前について紹介しています。
当サイトでは色々な切り口から、
2,000以上の男の子の名前を紹介しています。

最後の最後、名前が決定するまでパパとママは悩みに悩みますが、
当サイトを参考に頂けたら嬉しいです♪

では、最後に。。。

今回は漢字一文字の男の子の名前を紹介しましたが、

ほとんどの漢字は「プラスとマイナス」どちらの意味も持っています。

必要以上にマイナスの意味を気にしすぎると、名前が決まらなくなるのでご注意ください!

経験上、マイナス面を避けて考えるよりも、「親の願い」や「いい!」と思った名前が
最後の候補に残っていくものです!

素敵な名前に決まるといいですね♪







この記事もおすすめです♪



-男の子の名前
-, , ,

Copyright© Solve It! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.