女の子の名前

春生まれの女の子の名前!古風でかわいい名前を厳選196例【全解説つき!】

更新日:

この記事の所要時間: 6728

★一緒に読まれているオススメ記事★
植物や果実から女の子の名付け160例!
女の子の名前は一文字♪意味も響きもかわいい65選!
花をイメージする女の子のかわいい名前200選!


春に生まれる「女の子の名前」を考え中のパパママへ!

ズバリ、子供の名前で人気のキーワードは「古風」!

その古風なイメージで、
春に生まれる、または、春をイメージした女の子の名前を大調査♪

春、菜、咲、陽、芽、葉

春に関連する6つの漢字を使った
古風でかわいい女の子の名前を、
ど~んと196例をご紹介いたします♪

「春」をイメージした女の子の名前を検討中のパパママ!
ぜひぜひ、参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 00

おすすめ!漢字で悩んでるときにおすすめの決め方

MiraDeShazer / Pixabay



名前の一覧&解説をご紹介する前に、
どんな漢字をつけようかな・・・と思っている方に私のおすすめの漢字の決め方を紹介します。

子供が一生使うことになる名前。
かっこいい名前、親の漢字を引き継いだ名前、海外でも通じる名前。
名前を決めるときには、いろいろ考えますよね。

私もそうでした。
名前の読みは前から決めていたのですが、
いざ漢字を決めるときに姓名判断の結果も気になりはじめました。

実はわたしは姓名判断を気にしてなかったのですが、
親が気にしていて漢字の画数も考慮しなさいと言ってきたのです。

あなたは気にしなくても、
結婚相手(その両親)や就職先の上司が気にするかもしれない。
せめて運勢が悪くない名前をつけてあげなさい、と言われたんです。

そこで、姓名鑑定の先生と一緒にいくつか漢字の候補を出してもらうことにしました。
鑑定の先生には3つくらい候補を出してもらうのにとどめて、
最後は自分たち夫婦で決めました。

もう自分たちで漢字を決めている人はネットでよくある無料診断を利用するのがいいと思います。
でも、まだどうしようかなと考えている段階だった私は、
占い師と相談したことで元々考えてもいなかった漢字を提案されたのですごく助かりました。

わたしは、駅ビルの中に入っていた占い師に姓名鑑定をやってもらったので、だいたい5,000円くらいかかりました。

5,000円は、ちょっと高かったなぁというのが本音です。<br/ >そこでもっと安い方法がないか探してみました!!
いろいろ調べたところココナラ
というサービスを使うと、
1分100円から電話占いができることがわかりました。
だいたい15~20分あれば結構な相談ができるので、2,000円もあれば占えてしまうんですね。
うらやましい!!!

と思ったのですが、更に調べてみると、
いまだけ初回3,000円無料のクーポンがもらえるとのこと。。。
ということは、30分まで無料というわけで・・・
あまり大きい声では言えませんが1円も払わずに相談できてしまうみたいです。




春をイメージする女の子の名前

時期としては3~5月にあたる春。
まずは、春にゆかりのあるものを取り入れた、春らしい名前から♪
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。
春といえば新緑♪

緑 みどり

女性
緑は自然を連想させ、人を癒す色と言われています。そこにいるだけで人を癒すことができるような存在。そして自分も大切にすることができる、自然体で生きていける健やかな女の子でありますようにという願いを込めることができる名前です。

+ 碧 みどり

女性
緑色や青色を連想する字ですが、緑色は気持ちを穏やかにしてくれる効果もあり、周りの人を大切に出来る優しい子に育って欲しいという願いをこめる事が出来ます。又、青色のイメージも持つ事から誠実で信頼があり、責任感をもって何事にも最後までやり遂げられる強い心を持って欲しいという思いも込める事が出来ます。

+ 翠 みどり

女性
少し古風な名前の雰囲気もありますが、宝石のように綺麗なエメラルドのような色を想像します。グリーンって真っ直ぐで素直なイメージが強いのでらそんな宝石のように透き通った心で真っ直ぐに育ってほしいという思いを込めることができます。


女の子の成長を祝う「雛祭り」から「ひな」

+ 日菜 ひな

女性
「日」が太陽のおおらかさをイメージさせ、「菜」はのびのびと育つ菜の花を連想させるので、太陽のように明るい笑顔を振りまき、すくすくと元気にまたのびのびと自由に力強く育ってほしいという願いが込められています。

+ 日菜乃 ひなの

女性
日菜乃 ひなの
春の日が訪れて菜の花が咲いて明るい可愛らしいイメージに乃という古風なイメージがプラスされた、とても品のよい女の子に育ってくれそうな感じがします。
素敵な優しい響きを持ち合わせている、柔らかな優しい女の子に育ちそうです。

+ 妃奈 ひな

女性
妃は漢字のとおり、お姫様です。ご両親にとってはもちろんですが、今後の人生で出会う誰かにとってもそういう大切な存在になってほしいという願いを感じます。奈の語源は神事に用いられる果樹だそうですので、実りの多い人生を送りそうです。

+ 日奈子 ひなこ

女性
「ひなこ」という字が丸みが帯びているので柔らかいイメージです。また、「日」という字があるので、春の暖かいぽかぽかのお日さまに包まれてる感じがします。
まわりの人みんなを優しい光で照らしてくれる様な柔らかい女の子のイメージです。


花期が春(4~5月)の木蓮から「蓮」

+ 蓮乃 はすの

女性
水面に咲く蓮の花の様に、清らかで美しい女性のイメージです。それだけでなく、立派に咲く姿は堂々としていて格好良さも感じます。冷静でしっかり者、自分の意思をしっかりと持っている、外見だけでなくて心も美しい女性を連想させる名前です。

+ 蓮音 はすね

女性
蓮音(はすね)・・・蓮が神々しさを感じさせてくれ、御釈迦様の生まれた園のようなイメージもします。綺麗な花や音に恵まれて欲しいという願いも込めることが出来ます。感性豊かな女の子に相応しい名前で、音としてもキレイなので呼ぶたびに自分の名前が好きになっていくイメージもあります。

+ 華蓮 かれん

女性
美しい響きの名前だと思います。華蓮はそのまま蓮の花を表しています。花言葉は「清らかな心」「神聖」など仏教のイメージもあり、とても純粋で清らかなイメージです。また、「雄弁」という花言葉もあることから、可憐なだけではなく、ちゃんと自分を表現する強さも持っているのだと思います。

スポンサーリンク

+ 香蓮 かれん

女性
「かれん」という発音の名前は欧米にもあるので、親御さんが将来は国際的にも通用する名前を付けたかったのだろうなと想像します。また、蓮の花は仏教では極楽に咲くとされる縁の深いものなので、皆に尊敬されるような徳の高い人になってほしいという思いを感じます。

+ 蓮那 れんな

女性
「蓮」という字から、一面がピンク色に染まったレンゲ畑と黄色い菜の花の絵画的なイメージがわきます。自然体で可憐な誰からも愛されて、いつもお友達に囲まれている人気者、そんな女の子になってくれたらいいな、という願いを込めることが出来ます。

+ 蓮奈 れんな

女性
蓮の花のように、大きく可憐で美しく人々に安らぎを与えるような人間になってほしいと願いを込めました。また、蓮のように力いっぱい根を張るように、何事にも挫けずに負けないような、可愛らしくもありでも、それでも強さを持ち合わせているような女の子に育ってほしいと願いを込めました。


スポンサーリンク

春をつかった女の子の名前

3~5月をさす春。芽吹く、花が咲くなど華やかで
心地よいイメージ。ストレートに「春」の漢字をいれて。

読み方:はる、しゅん
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。
「春」の漢字をつかった女の子の名前

小春 こはる

女性
暖かな春の陽射しの日に産まれた愛らしい女の子のイメージで、春の日のような心が穏やかで落ち着いた女の子に育っていって欲しいという願いが感じられます。春、という字が入っているので、3月か4月産まれのように感じます。

+ 千春 ちはる

女性
[春]という字から、暖かな日差しや穏やかな様子が連想されます。春は新年度が始まり、気持ちを新たにする時期でもあるので、明るくすがすがしい様子も思い浮かびます。名前の響きもとても綺麗なので、心身共に女性らしい人に育つよう願いを込められると思います。

+ 春絵 はるえ

女性
「春の絵」をイメージすると、ピンクや黄色緑など色鮮やかで暖かい感じがします。青空の下色んな色の花の回りに蝶々が飛んでいる絵です。赤や黒など主張する感じはなく、優しいイメージです。周りの皆を優しく笑顔にしてくれる雰囲気があります。

+ 春恵 はるえ

女性
「春」という字からは、草木が芽吹く時期の暖かくポカポカした雰囲気が伝わってきます。周囲の誰にも分け隔てなく、あたたかい思いで接して、多くの人に慕われ、人の縁にも恵まれますようにという願いを込められる名前だと思います。

+ 春花 はるか

女性
春は暖かい日差しの中、一斉に花が咲か出す季節ですから優しい柔らかなイメージがあります。そんなイメージを表す名前からは、優しい穏やかな女性になって欲しいという願いを込めることができます。またその子の一生も穏やかであって欲しいという思いも込まれます。

+ 春華 はるか

女性
日本の春は桜をはじめとする花の綺麗なイメージがあります。その中でも華やかという漢字はとても女の子らしく清楚な印象も持ちます。春に華やかに咲く花々というようなイメージがあり、可愛らしい女の子を想像できます。

+ 春香 はるか

女性
「春」には植物が目覚める生命の始まりのイメージがあり、「香」には人を惹き付ける美しい香りのイメージがあります。春の芽吹きのような勢いのあるシーダーシップを持ち多くの人から賛同を得るような美しい行動力を持つといった願いを込めることができます。

スポンサーリンク

+ 春歌 はるか

女性
春のおだやかな日に思わず鼻歌を歌うような、幸せなイメージを感じる事ができる名前です。感情豊かであたたかな心を持った人になりますように、そして周りにも幸せな気持ちを届ける事ができる存在になって欲しいという願いをこめることができます。

+ 春那 はるな

女性
「春」という字は生き物たちが目を覚まし色んな花が咲き乱れる暖かなイメージです。「那」という字は広い大きい感じがするので、ふんわり暖かな空気を沢山の人たちにあたえられる様な優しい女の子になる名前だとおもいます。

+ 春奈 はるな

女性
春奈 はるな
暖かな春のお花の菜の花が咲いている感じです。春のピンクと菜の花の黄色の春らしい可愛いイメージです。
春の暖かい陽射しを受けながら、可愛らしく、元気な黄色の菜の花がすくすく育っていき、周りを明るくしてくれる可愛い女の子のイメージです。

+ 春音 はるね

女性
暖かく優しい「春」という字には、その響きを聞いた誰にもフワッとした気持ちにする力があると思います。「春」の「音」で、「はるね」という名前には、まさに明るい春の陽射しや鳥のさえずりなどの音が聞こえてくるようで、可憐な女性になりますようにとの願いを込められると思います。

+ 春海 はるみ

女性
この名前から、「春の海終日のたりのたりかな」の蕪村の俳句を連想する人は多いことと思います。この句に描かれた海のように、ゆったりとして、愛にあふれた女性に育ってほしい、という願いを込めることができるでしよう。

+ 春乃 はるの

女性
春の陽気というと、あたたいポカポカした気候のイメージがもてる事から、いつでも優しく穏やかな心でいられるような女の子に育ってほしいという願いがこめられていると感じます。柔らかな笑顔の女の子、という印象です。

+ 春美 はるみ

女性
過ごしやすい春に生まれてきた美しい子という印象です。
春らしく優しくてふわふわした可愛い女の子に育って欲しいという願いです。
ときに優しく、ときに厳しく可愛らしさだけではなく、美しさも兼ね備えた子になって欲しいです。

+ 春世 はるよ

女性
「春世」という名前はいかにもこの世の春を謳歌する、といった印象です。周りの人を暖かくする人に育つように、との願いを込めることができるでしょう。名前の響きも、優しい感じで今どきだと他の子と被る心配などないように思います。

+ 美春 みはる

女性
美春(みはる)
「美」も「春」も、とても女の子らしい印象を与えます。きれいな女の子に育ってほしいという願いを込めることができます。
また、「みはる」という語感はとても呼びやすく、春の優しい印象も手伝って、多くの人に親しんでもらえます。

+ 茅春 ちはる

女性
「春」はそのまま季節の春、「芽」は新しく生まれて成長しようとすること。あたたかく穏やかな春に新しく生まれて成長する、主張しすぎないが芯のある柔らかなでほがらかな女性に育つように、という願いを込めることができます。

+ 春陽 はるひ

女性
春の陽だまりの様なポカポカ居心地が良く、誰からも愛されて居心地の良い存在になってもらいたいです。【春】は新しいことにチャレンジが出来そうな季節なので常にチャレンジ精神旺盛な子に育ってほしいのと、【陽】はいつも明るく周りを照らしてくれる子に育ってほしいという願いが込められています。

+ 春妃 はるひ

女性
春の爽やかな雰囲気の漂う名前です。プリンセスのような雰囲気もあるので、とても可愛らしい雰囲気の方を想像します。春の光に包まれて、明るくて可愛く素直な女の子に育ってほしいという願いが込められているのかなと思います。


スポンサーリンク

菜をつかった女の子の名前

春に咲く黄色のかわいい花「菜の花」。明るく健康的なイメージ。
菜の花から「菜」の一文字をとって。

読み方:な、さい
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。
「菜」の漢字をつかった女の子の名前

彩菜 あやな

女性
「彩」は「彩り」のほかに「輝き」や「美しい」という意味があります。また、「菜」は「野菜」です。野菜と言っても根を食べるもの、実を食べるもの、葉を食べるものといろいろです。それぞれに様々な栄養がありますので、様々な経験を糧にして美しく輝く彩りのある人生にして欲しいという願いがこもっていると思います。

+ 綾菜 あやな

女性
古風な日本の女性らしさと、野原のようなのびのびとした両方のイメージを思い浮かばせる名前です。のびのびと健やかに大きくなって、将来は日本の女性らしく、芯の通ったしっかりした女性に成長しますようにといった願いを込めることができます。

+ 杏菜 あんな

女性
杏菜という名前の響きはかわいらしくもあり、大人の女性らしくもあり、充分今時かと思います。杏に菜の花の菜の組み合わせは、春の麗らかなイメージにピッタリです。杏の花の花言葉は乙女の恥じらい菜ので、これまた女の子らしくていい名前と思いました。

+ 花菜 かな

女性
文字そのままに、菜の花を思い浮かべる名前です。一面に黄色い花の咲いた菜の花畑をきらいな人はまずいないと思います。また、菜の花はどこにでも生えている、素朴な花ですよね。だから、飾り気のない親しみやすい女性をイメージさせます。

+ 華菜 かな

女性
華菜(かな)
「華」という字には、華やかで美しく芯が強いイメージがあります。「菜」という字には優しく明るい春の日差しを感じられる印象を受けます。
可愛らしく将来誰からも愛される願いを込めることができます。

+ 香菜 かな

女性
香菜(かな)
春の優しくもきらびやかな芽生えをイメージがあります。温かく寛容性のある子でありつつ、自分の芯をしっかり持ち、今後の人生をのびのびと自分の夢や願いを叶えて欲しいという願いをこめることができます。

+ 琴菜 ことな

女性
琴線をはじく音のイメージから、明るく軽やかな印象を持たせ、また音楽や芸術面への将来性をも感じさせる名前でもあります。
菜の花は俳句で春の季語にもなっているので、春の暖かな季節感を感じさせるのはもちろん、女の子らしさのイメージを持たせることができます。

+ 紗菜 さな

女性
「紗」は「薄く透き通る絹織物」のことで、風にそよぐイメージがします。どんなに強い風にさらされても、柔らかく包み込む暖かなイメージです。「菜」は「野菜」と言った意味があります。春の実りを包み込むことで食べ物に不自由しない人生を送るよう願っているようです。

+ 沙菜 さな

女性
「沙」という漢字からは、水の清らかさがイメージでき、また、「さ」という音の響きからは涼やかさが伝わります。「菜」という感じからは植物のいきいきとした生命力が感じられます。二つの漢字の印象をあわせると非常にみずみずしく、フレッシュな印象のある名前です。

+ 鈴菜 すずな

女性
鈴の音のように、優しく穏やかで心地よくなるような、自然と笑顔が出るような、そんな存在の女の子になってほしいと思い考えました。また、菜の花のように明るく、元気のよい、周りのみんなを幸せにできるような笑顔の素敵な女の子になってほしいという願いを込めました。

+ 世菜 せな

女性
スッキリとした清々しい春の一日を思い浮かべることができます。はつらつとして元気よく、広い世間を明るくしていくようなパワフルさを持ち、たくさんの人に笑顔を与えられる人になれるようにという願いが込められます。

スポンサーリンク

+ 芹菜 せりな

女性
水辺に生えるセリのように、若々しくてみずみずしいイメージが感じられます。容姿だけでなく、心も美しく清らかな女性に育ってほしいとの願いを込めることができます。
また、七草の一つでもあることから、初々しさも連想させます。

+ 菜緒 なお

女性
菜の字は春に咲く菜の花をイメージさせます。菜の花の花言葉は「快活」や「明るさ」など元気で生き生きとした印象を受けます。緒は止め字ですが、糸を結ぶというイメージからこれから縫い始めるという未来への可能性も感じます。また緒は上品でおしとやかな印象も受けます。

+ 菜央 なお

女性
菜央(なお)・・・春の日差しをたっぷり受けて何もかもに恵まれたイメージがあります。最初からあるだけでパーフェクトな存在なので、自己評価を下げることなく自分を愛して豊かに生きて欲しいという願いを込めることができます。名前を見た感じの左右対称のバランスもいいので、人に対しても分け隔てなく接することが出来るイメージもあります。

+ 菜月 なつき

女性
季節が春になり、鮮やかな黄色い菜の花が冬で落ち込みぎみな人々に春の訪れを感じさせ、元気を与えるようにように、明るくみんなが元気になるような、笑顔にできるような素敵な存在の女の子になってほしいと願いを込めて。

+ 菜摘 なつみ

女性
まるで万葉の時代の人々のように、七草の日に若菜を摘みに行っているような気持ちになる名前です。若々しさと初々しさ、1年の幸せを願っているような名前です。もしかしたら、自然を愛し、親しむようになるかもしれませんね。

+ 菜々香 ななか

女性
菜々という名前はよくありますが、菜々香ともう一文字加えるだけでオリジナリティがあり被らないような名前になります。
女の子の漢字三文字の名前は古風なイメージもより強くて品があります。
音の響きも柔らかくて呼びやすいです。

+ 菜々子 ななこ

女性
春の野をイメージさせる明るくて爽やかな印象の名前です。花畑が似合いそうで可愛く明るく愛される人になって欲しいと言う願いを込めることが出来ます。元気に飛び出して行きそうなイメージもしますが、「子」が付くことで落ち着きも持たせられます。

+ 菜々美 ななみ

女性
菜の花を連想させる「菜」
「菜々」と続くことにより、花が咲き乱れている感じを連想させます。
最後に「美」がつくことで美しさを表現していますがあえて「花」を入れないところに奥ゆかしさも感じることが出来ます。

+ 菜帆 なほ

女性
青空の中で暖かい黄色い風がふいているような様子がイメージできます。雪解けや春を連想するので、人の輪を和ませたり、場の雰囲気を明るくして自身も明るくのびのびと成長していってほしいといった願いを込めることができます。

+ 菜穂 なほ

女性
この名前からは、菜の花のような柔らかい可愛らしさや、稲穂のようにすくすく育っていくイメージを連想させます。すくすくと健康に育って、周りの人を癒すことができる優しい人になりますようにといった願いを込めることができます。

スポンサーリンク

+ 春奈 はるな

女性
春奈 はるな
暖かな春のお花の菜の花が咲いている感じです。春のピンクと菜の花の黄色の春らしい可愛いイメージです。
春の暖かい陽射しを受けながら、可愛らしく、元気な黄色の菜の花がすくすく育っていき、周りを明るくしてくれる可愛い女の子のイメージです。

+ 菜々 なな

女性
春の菜の花を想起させる名前ですので、軽やかで愛らしい自然のイメージを込めることができます。
また「なな」と同じ発音が続く名前なので、老若男女を問わず呼んでもらいやすく、親しみやすさを感じることができます。

+ 陽菜 はるな

女性
「陽」には明るくて暖かいイメージが、「菜」には若々しい植物のイメージがあります。よって「陽菜」は、冬の寒さを耐え忍んだ種が芽を出し、太陽に向かってスクスクと成長していく様子、つまりは「元気で丈夫な明るい子」を表すことができます。

+ 晴菜 はるな

女性
「晴」の字には春の日差しのような暖かで元気な印象があります。また「菜」は菜の花の文字であり黄色い可愛らしい花であることから、ふんわりとしたかわいく元気な女の子になりますように、と願いをこめることができます。

+ 榛菜 はるな

女性
「はるな」という音からは春に生まれた女の子という連想があります。「菜」からは春の爽やかなイメージです。また、「はる」が「春」ではなく、「榛」なので、木の若々しさも想起しますし、これからの未来をまっすぐ育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 史菜 ふみな

女性
「史」という字から日本史をイメージします。男の子の名前に使われることもある字ですが、菜が付くことで、古風で雅やかな日本女性のイメージが強くなります。芯の強いたおやかな女性になってもらいたい、という願いを込めることが出来ます、

+ 日菜 ひな

女性
「日」が太陽のおおらかさをイメージさせ、「菜」はのびのびと育つ菜の花を連想させるので、太陽のように明るい笑顔を振りまき、すくすくと元気にまたのびのびと自由に力強く育ってほしいという願いが込められています。

+ 美菜 みな

女性
春になり、黄色い菜の花畑のじゅうたんが一面をおおう風景。それはとても目に眩しいほど明るく照らされます。そんな明るく眩しいほど素敵な女性になって欲しいと願いをこめました。そして、そこから生まれた美しい心を一生もって欲しいと思いました。

+ 日菜子 ひなこ

女性
春の日差しや菜の花をイメージさせることから、穏やかで暖かく優しい人に育って欲しいという願いが込められているのかなと感じます。また、最後に「子」がつく名前であるのに、昔ながらの名前というよりも新しい雰囲気がありおしゃれな名前だと思いました。

スポンサーリンク

+ 妃菜乃 ひなの

女性
容姿や品位がきわめて良く、そして、きらびやかな春の輝きを持ち合わせる高貴な美女というイメージがあります。
貴族を象徴するがごとく、他に類を見ない特別な特徴や特技を有する人に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 真菜 まな

女性
春を連想させるような「菜」の字と、名前の響きでかわいい様子がイメージできると思います。ですので、女の子らしく、かつ、「真」の字のイメージから芯の通ったまっすぐな人間に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 麻菜 まな

女性
「麻」という字から温かいお日様を感じさせるようなぽかぽかした柔らかさを感じさせ、また何があっても丸くおさまるような安心感があり、「菜」からは春の芽生えのような初々しさもイメージでき自分だけではなく周囲の人々までも幸せにする願いが込められています。

+ 萌菜 もえな

女性
「萌」という字には草木の芽が息吹く様子をイメージさせることから、「菜」と合わせることで春一番が吹いて、暖かい日差しの中ですくすく育つ植物のように生き生きと成長して欲しいという願いを込めることができます。

+ 美菜 みな

女性
春になり、黄色い菜の花畑のじゅうたんが一面をおおう風景。それはとても目に眩しいほど明るく照らされます。そんな明るく眩しいほど素敵な女性になって欲しいと願いをこめました。そして、そこから生まれた美しい心を一生もって欲しいと思いました。

+ 桃菜 ももな

女性
桃菜 ももな
桃の花と菜の花の咲く初春のお雛様のイメージです。
女の子の成長過程で毎年行われるお雛祭りをイメージされるので、親から大切につけられた名前だと思います。
明るく朗らかな、可愛い桃や菜の花といったお花が、心に咲いているイメージです。ほんわかと優しい印象を受けます。

+ 優菜 ゆうな

女性
優菜(ゆうな)・・・暖かな春の日差しを受け成長する樹や花をイメージさせてくれます。輪郭の柔らかな感じがするので、女の子にぴったりの名前です。また人からたくさんの恵まれるような恵まれたイメージもあり、人を信頼し安心してすくすく育って欲しいと言う願いも込めることが出来ます。

+ 結菜 ゆいな、ゆうな

女性
春になって花草が競うように咲いていくイメージが湧きます。元気いっぱいに健康で、美しく可憐に育つように、という願いをこめられると思います。また、人との結びつきを大事にする子になるイメージも湧いてきて出会いや別れの春にぴったりだと思います。

+ 友菜 ゆうな、ともな

女性
「友」という字から、友達を大切にする優しいイメージがします。たくさんの良き友に恵まれますようにという願いを込めることができます。「菜」からは、菜の花を連想し、可憐で愛らしい、みんなから愛されるような人になってほしいという願いを込めることができます。

+ 悠菜 ゆうな

女性
黄色く鮮やかな色でみんなを元気にする菜の花のように、自分も周りのみんなも明るく元気なパワーを与えることのできる人になってほしいと願いを込めて。また、強風にも負けじと、悠々と咲き誇る菜の花のようになれば力強くもあってほしいと願いを込めて考えました。

スポンサーリンク

+ 莉菜 りな

女性
女の子らしいイメージが強い漢字の組み合わせで可愛さがありますが,それぞれの漢字に草冠が付いていることが春や初夏を連想させます.
明るくてかつ清らかで.若さを名前で表現しています.
「菜」という,菜の花や菜花と同じ漢字を用いていることから,花を咲かせる(大きな成長)可能性を内に秘めているという意味合いを感じられます.

+ 瑠菜 るな

女性
「瑠」という字からは、宝石というイメージが最初に浮かびます。そのことから、キラキラとした輝かしい人生を送ってほしいという願いが込めることができます。
そこに「菜」の字を当てることで、とても春らしいイメージが加わります。

+ 玲菜 れいな

女性
「玲」という字には、利発で美しいというイメージがあります。菜は、春らしい女性らしい印象を与える字だと思います。賢く凛とした中にも、可愛らしさを併せ持つ女性になって欲しいという願いを込めることが出来ます。

+ 伶菜 れいな

女性
怜という字には、心が澄んでいてとても賢いイメージがあり、菜という字からは、菜の花、野のイメージ、春のイメージなどがあります。頭の回転が良く、明るく穏やかで優しいと言った女性らしい願いをこめることができます。

+ 怜菜 れいな

女性
名前の響きに品の良さを感じ、「怜」の字のへんからは心を連想させられます。また、春を連想させる「菜」の字と組み合わせることから、春に生まれ、心のきれいな人間に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 若菜 わかな

女性
「若」という字がまだ青くこれからぐんぐん育っていくイメージです。強くしっかりした根をはって、いつかきれいな「菜」の花を咲かせる感じがします。
芯の一本通った真っ直ぐできれいな女の子になりそうなイメージです。

+ 春菜 はるな

女性
「春」という字から、桃色のイメージから女性らしさや、わかわかしくフレッシュで爽やかなイメージがあり、また「菜」という字からも青々しいフレッシュなイメージが伝わります。二つを合わせることで、春のような爽やかで軽やかな女性になってほしいという願いが込めることができます。

+ 和香菜 わかな

女性
みんなの気持ちを、優しさや穏やかな愛で包み込み、みんなを和ませ、春風のような温かな気持ちを分け与えることができるような女の子になって欲しいと願いを込めて考えました。黄色の菜の花のように、明るく世界を照らして欲しいという思いも込めました。

+ 菜々 なな

女性
春の菜の花を想起させる名前ですので、軽やかで愛らしい自然のイメージを込めることができます。
また「なな」と同じ発音が続く名前なので、老若男女を問わず呼んでもらいやすく、親しみやすさを感じることができます。


スポンサーリンク

咲をつかった女の子の名前

笑う、喜ぶ。
綺麗に咲く花を連想する、明るく優しいイメージの漢字。

読み方:さく、さ、さき、しょう
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。
「咲」の漢字をつかった女の子の名前

咲 さき

女性
花が咲くことをイメージさせることから、名前をつけた子の将来は花が華やかに咲くように素敵な女性になるようにと願うことができます。また、その子の人生も花が咲くように華やかなものになるようにと言う思いを込めることもできます。

+ 咲希 さき

女性
「咲」という字からは、花がひらく華やかさと、実を結び、成功へと導かれるようなイメージができます。また、「希」という字からは、のぞみが叶うイメージができます。太陽に照らされ、明るくてまっすぐにすくすく育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 咲江 さきえ

女性
咲という文字の、花が咲き誇るような華やかな雰囲気の中にも、落ち着きを感じるやさしい響きの名前です。日本人らしい奥ゆかしさを持ち、花のように色鮮やかな人生になりますように、という願いを込めることができます。

+ 咲菜 さきな

女性
菜の花の「菜」という漢字から広い野原に咲く沢山の花をイメージします。赤や白、黄色といった色とりどりの花に囲まれるような明るい女の子のイメージが湧いてきます。綺麗な花のように優しい女の子に育ってほしいという願いが込められます。

+ 咲香 さきか

女性
可愛らしく、少し強気な芯をもった女の子のイメージがあります。花が咲き、花の香りがするさまは、温かい春を連想されます。
また花のように可愛らしく、凛と咲く様から自分の信念を持った人に育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 咲帆 さきほ

女性
「帆」は風を受けて船を走らせるものですが、自分で人生を切り開いていくような力強い様子をイメージさせます。そして、「咲」には春に花が開くように自分の人生の花を咲かせようとする様を思い起こさせ、まっすぐな成長を願う心を込めることができます。

+ 咲音 さきね

女性
春の花々が色とりどりに咲いた草原に、小鳥の鳴き声がひびきわたっているイメージが浮かびます。花々や小鳥のようにかわいらしく、周りの人を明るい気持ちにさせる女性になってほしいとの願いを込めることができます。

+ 千咲 ちさき

女性
その人を中心に美しい花々がたくさん咲いているイメージが湧きます。人生の中で色とりどりの経験をし、それを花のように一つ一つを美しく咲かせることができるような人になって欲しいという願いを込めることができます。

+ 咲良 さくら

女性
さくらという読みそのものが春の代名詞である桜の花を表していて、春のあたたかさを感じさせます。漢字表記も良く咲くと書いてさくらと読ませているところが晴れの日の花、つまり入学や卒業の時期に咲く桜をイメージさせ、夢や希望にあふれた人生を歩んでほしいという願いが見て取れます。

+ 咲美 さくみ

女性
咲美 さくみ
お花が美しく咲いていて、可憐で素敵な女の子のイメージです。咲という字は固く小さなつぼみから年齢を重ねていくにつれて自分の力で立っていけるような生命力を感じます。美は女性として表面も内面も美しくあってほしいという願いが込められています。

スポンサーリンク

+ 美咲 みさき

女性
美しいという漢字が入っていると、それだけで華やかなイメージがあります。美咲という名前は美しく咲くと書くので綺麗な花々を連想させます。穏やかに咲く花々は誰もが見惚れる象徴なので、美咲という名前は清楚な女の子が想像できます。

+ 有咲 ありさ

女性
沢山の花が咲き乱れているイメージがあり春らしさを感じます。これからの国際社会、ありさという音が海外でも通じてよいと思いますし留学した時など違和感なく溶け込めそうな名前だと思います。また呼びやすいし、あーちゃん、りさちゃん、ニックネームもバラエティに富んでいそうです。

+ 梨咲 りさ

女性
梨は果物の梨のイメージからかわいらしく瑞瑞しい印象を受ける字てす。梨の花の花言葉には「愛情」「博愛」といった意味もあり愛情深い人になってほしいという思いを込めることができます。咲という字は花が咲くイメージから明るく希望に満ちた印象です。

+ 咲花 さいか

女性
花が満開に咲いてその回りに人が集まり笑顔になるイメージがあります。「花」という字がとても春らしくふんわりと暖かい感じがします。満開の花が咲いた様にキラキラの笑顔が似合う女の子になりそうなイメージです。

+ 咲里 えり

女性
咲く里なので、その場が華やかになるイメージがあります。春の日の桜並木のようにいるだけでその場を明るく、嬉しくさせてくれるような子になって欲しいという願いを込めることが出来ます。また少し珍しい字の読みなので自分だけの名前が誇らしくて気に入りそうです。

+ 咲織 さおり

女性
咲織(さおり)
春の代名詞と言えば桜ですよね。新しい節目を迎えるシーズンに咲く誇る桜。そんな桜のように綺麗に咲くという願いが込められている気がします。また女の子の名前ですが、ちょっとした強さを感じることができます。

+ 咲衣 さえ

女性
咲衣(さえ)という名前からは、自分の衣を咲かせる、自分自身の衣を脱いで新しい自分になるというような二つのイメージがあります。どちらも自分が輝いてプラスなイメージであると言えます。また、春らしい名前ということもあり、桜が咲くような素敵な雰囲気の名前です。

+ 咲瑛 さえ

女性
咲は春にきれいな花が咲くような明るくさわやかなイメージがあります。花の華やかさも感じられる字です。瑛は「水晶のような透明な玉」の意味がありきれいで透明感のあるイメージがあります。これからの人生が花が咲き玉がきらきらとかがやくように希望を込めることのできる名前です。

+ 咲依 さきえ

女性
依は衣を身にまとうという意味の字です。衣のイメージから包み込むような安心感や、寄り添う、人を助けるというような優しいイメージがあります。咲という字は春に花が咲くような明るく希望に満ちたイメージてす。自分も明るく花開きながらまわりの人にも優しく寄り添えるような子になってほしいというような願いを込めることができます。

+ 咲耶 さや

女性
咲くという字から、春の花が満開になっている様子を想像します。
笑顔が素敵で誰からも愛される、優しくて明るい子になって欲しいという願いを感じます。
「さや」という響きも、女の子らしくて可愛らしいと思います。

スポンサーリンク

+ 咲藍 さくら

女性
咲藍(さくら)・・・さくらは音が「桜」と同じなので日本人なら誰もが愛する花の象徴です。散るを連想させないようにこちらの漢字がぴったりです。成長しながら、生き生きと色をつけていく感じで、美しいものをたくさん知って豊かに生きて欲しいという願いを込めることが出来ます。

+ 咲月 さつき

女性
花が満開に咲いた桜の木と、それを照らす月の光が思い浮かぶ名前です。まさに、日本の春を思わせる情景です。この名前からは、しとやかで身も心も美しい、日本古来からの美人が連想されます。きっと、素敵な女性に育つことでしょう。

+ 咲帆 さほ

女性
きれいな花が咲く季節に生まれた女の子というイメージがあります。自分だけの花を咲かせるため、世界に向けて帆を張り(目を向け)風の力を借りながら(人と助け合い)前進してほしいという願いを込めることができます。

+ 咲彩 さや

女性
あざやかに彩る花が咲くと、春の訪れを感じさせ、心を踊らせるイメージがあります。あざやかさを感じさせることから、華やかなイメージがあります。また、パッと笑顔が咲くように、笑顔のかわいい印象を持つこともできます。

+ 咲優 さや

女性
優しさを相手にたくさん与えてあげられる。まわりにたくさん幸せを咲かせてあげられる子に育って欲しいというメッセージを込められる名前です。優美で笑顔のたえない子。そんな子に育って欲しいという思いも込められる名前です。

+ 咲結 さゆ

女性
「結」は人と人を結んでくれるイメージがあります。咲結は花のような素敵な可愛らしい笑顔、優しい気持ちで沢山の人幸せにしてくれる、友達や親、沢山の人との関係がうまくいって欲しいという願いをこめることができます。

+ 咲也加 さやか

女性
咲には春に花が咲くイメージから明るく希望に満ちた印象を受けます。また花のイメージもありとても女の子らしい印象です。さやかという名前の響きもとてもさわやかでやわらかい印象を感じます。也は止め字ですが伸びる、成長するといったイメージもあります。

+ 咲乃 さきの

女性
咲という字は花が咲くイメージから明るくかわいらしい印象を受けます。乃は止め字の中でも特にやわらかく女性らしい印象があります。また乃のつく名前は和の名前という感じで上品なイメージがあります。かわいさ、明るさ、やわらかい女性らしさを感じるとても素敵な名前だと思います。

+ 咲也香 さやか

女性
咲也香(さやか)・・・咲き香るというのが美しい神様の名前、「コノハナサクヤヒメ」をイメージさせて可憐な名前だと思います。春にもたくさんの花が咲くように生まれたことでみんなを幸せにしてくれた喜びも込めることが出来ます。いるだけで華やかで笑顔が咲くように可愛いイメージもあります。

スポンサーリンク

+ 咲世 さよ

女性
厳寒の冬の時期をしっかりと乗り越えて、いっせいに芽吹き出す春という季節を迎えます。それまでエネルギーを温存していて、ここぞという時に力を発揮するような女の子に育ってほしいとの願いを込めることができます。

+ 咲葉 さよ

女性
暖かくなると葉や花が咲き始める時期になる為、春そのものといった気がします。冬から春に変わり始めて間もない時期のイメージですが、新しい事に挑戦すりぞ!と決意や覚悟をするイメージもあるので凛としている感じがします。

+ 咲良 さら

女性
「サラ」という音が春をイメージさせる名前です。「咲良」という名前、「良く咲く」からはいろんなイメージを思い浮かべます。色んな種類の花か、1本なのか、一杯咲き乱れる、美しく咲く、過酷な環境下で花を咲かせる、いろんな意味をもたせることが出来ます。

+ 咲羽 さわ

女性
可憐で優しく咲き誇る花のように、可愛らしくもあり優しくもあり、強さを持つような女性になってほしいと願いを込めてかんがえました。また、たくさんのお花がいろいろ困難を乗り越えながらも、最後にはきれいに咲くように、自分の夢を持ち、それを信じて羽ばたけるような女の子になるようにと願いを込めました。

+ 咲里奈 さりな

女性
咲には春に花が咲くイメージから明るく希望に満ちた印象を受けます。また花のイメージもありとても女の子らしい印象です。さやかという名前の響きもとてもさわやかでやわらかい印象を感じます。也は止め字ですが伸びる、成長するといったイメージもあります。


スポンサーリンク

陽をつかった女の子の名前

太陽のように明るく周りを照らし、
温かく人を包み込める人に、、、という願いをこめて。

読み方:よう、ひ、はる、や etc
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。
「陽」の漢字をつかった女の子の名前

陽向 ひなた

女性
陽向 ひなた
太陽に向かって、空に向かって明るく前向きなイメージです。どんなことがあっても笑って、太陽のように人々を明るく照らしていく笑顔の素敵な女の子のイメージです。
明るく朗らかに、その子がいるだけで光が降り注ぐ元気な健康な感じです。

+ 陽那 ひな、はるな

女性
「陽」という漢字から、陽だまりや暖かい春の光を連想することができ、それが温かい人柄のイメージにつながります。また、名前の最後に「な」がつくことで、やわらかい音の響きになり、優しい人のイメージが持てます。

+ 陽菜 ひな、はるな

女性
春のあたたかな陽気、菜の花が咲きほこるようなあたたかな季節をイメージさせる事から、いつもあたたかな笑顔の絶えない、穏やかで明るいあたたかな心を持った女の子に育ってほしいという願いがこめられていると感じます。

+ 陽花 はるか

女性
「陽」という字が、暖かく明るいイメージを思わせ、「花」は人を笑顔にさせるものであり、花自身が主役にもなり、周りを引き立てる脇役にもなるので、人に愛され、周りの人を大事にすることが出来る様な人に育つ様に思いを込めて名付けられます。

+ 陽華 はるか

女性
穏やかな陽射しの下、さまざまな色の草花が咲き乱れるような春をイメージさせることから、春の陽射しのように暖かく、華のある笑顔を持つ女性になってほしいという願いを込めることができます。また「はるか」という響きは、素直で優しい語感です。

+ 陽香 はるか

女性
暖かい春の陽気に元気で明るいイメ-ジが感じられます。春になると太陽が輝き、庭の花から香ばしい香りが漂い安らぎを感じることはできます。いつでも明るく元気で優しくいて欲しいという願いをこめることができます。

+ 陽恵 はるえ

女性
太陽に恵まれているハツラツとした様子、明るい様子をイメージさせることから、どんなに人生の途中で大雨が降っても雪が降っても、最終的にはいつか太陽に恵まれることが出来ますようにという願いを込めることが出来ます。

+ 陽音 はるね

女性
ぽかぽかした春の日差しの中で生まれた赤ちゃんに付ける名前のイメージです。
すてきな声で、すてきなことば(音)発する、心のあたたかい、まわりを幸せにする女の子に育って欲しい。
そういう願いを込めることができると思います。

+ 陽乃 はるの

女性
太陽のように、優しく温かくみんなのそばに寄り添い、そっと背中を押してくれるような素敵な女性になってほしいという思いをこめました。春の光ように、みんなが幸せで、穏やかな気持ちになれるようなそういう存在になってほしいという意味もあります。

+ 陽海 はるみ

女性
陽海(はるみ)という名前は、強く優しいイメージがあります。太陽も海も大きいので力強く育ってほしいという願いを込めることができます。また、春の海のように温かで穏やかなイメージもあるので、心の温かい人に育ってほしいという願いを込めることもできます。

スポンサーリンク

+ 陽美 はるみ

女性
春のあたたかな日差しのような、優しく、周囲の人をあたたかく包み込めるように成長してほしいという気持ちを込める事が出来ます。キラキラと美しくまっすぐな日差しのように、素直に育ってほしいという思いも込める事が出来ます。

+ 陽花里 ひかり

女性
「陽」という字から明るく温かな人柄の子に育ってほしいという願いを表しているような気がします。また「花」からは可愛らしい、花のような笑顔がほころぶ女の子になるようなイメージを受けます。「ひかり」という音の名前はありふれていますが、キラキラネームと違って読みやすく、親御さんの工夫が感じられます。

+ 陽香里 ひかり

女性
太陽の香りは、誰しもが心安らぎ、良い気分になります。そういう風に、あたたかく、優しく人々を包み込むようなそういう人になってほしいと願いを込めました。また、太陽の光のように、そこにいるだけで周りがパッと明るくなるようなそんな女の子になってほしいと願いを込めました。

+ 陽奈乃 ひなの

女性
陽という字はとてもポジティブなイメージを感じる字です。太陽のような明るさ、あたたかさ、春の日差しのようなさわやかさや希望のような名付けにこめられた思いを感じることができます。奈、乃はどちらも止め字ですが女性らしくやわらかい印象を受ける字です。

+ 陽月 はづき

女性
春のやわらかな日差しのように周りにいる人を自然と笑顔にする温かさと活発さを持ち、「月」をいれることによって女性のしおらしさも兼ね備えた、誰にでも好かれる子になりますようにという願いを込めることが出来ます。

+ 陽春 はる

女性
「春」の暖かな「太陽」に包まれる様なイメージです。
色々な花に囲まれて、ポカポカ陽気でのんびりしている雰囲気があります。周りの人を温かく柔らかい空気で包み込む事の出来る優しい女の子になる名前だと思います。

+ 陽彩乃 ひさの

女性
陽という字から、春のような温かく朗らかなイメージを起こさせることができます。またその温かさが花を咲かせ彩りのある人生を過ごしてほしいという願いや愛情を込めることができます。そして、全体的な語感も柔らかく耳触りがよいので、誰からも愛される名前です。

+ 陽菜子 ひなこ

女性
陽菜子(ひなこ)・・・音が「雛」と同じなので、可愛くこれから大きく成長するイメージがあります。また春の光をたっぷり浴びて明るく元気な子になって欲しいという願いも込めることが出来ます。愛称で「ひなちゃん」と呼ばれても可愛く、小さな頃からずっと可愛がられるイメージもあります。

+ 陽莉 ひまり

女性
陽莉(ひまり)
この名前は女の子らしく可愛い子を想像させます。また穏やかで優しく、ひまわりのように明るい子というイメージもできます。このことから、誰にでも優しくその場にいる人達を癒すような存在の子に育って欲しいという願いをこめることができます。

+ 陽梨 ひまり

女性
太陽の「陽」が使われていることから、温かな人柄をイメージさせることができます。また、語感が柔らかな印象なので可愛らしい女の子を連想することもできます。可愛らしくて、周りの人を温かく見守ってあげられるような人になってほしいという願いをこめることができます。


スポンサーリンク

芽をつかった女の子の名前

新しい生命、木々が芽吹く春。
兆しや始まりを象徴する漢字。新たなスタートや健やかな成長を願って。

読み方:め、めい、が
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。
「芽」の漢字をつかった女の子の名前

綾芽 あやめ

女性
「綾」は「筋目のある模様を織り出した織物」のことで、柔らかく周りを包み込む優しいイメージです。「芽」は春の新芽でこれから成長していくという強さを感じます。みんなに愛されながら強さと優しさを兼ね備えた子に育つよう願っていると思います。

+ 彩芽 あやめ

女性
「芽」という漢字には、秘められた可能性を感じます。そこから7色の花が咲き、色鮮やかな花畑になっていく様子が思い描かれると思います。そこから、可能性にあふれた、豊かな未来が待っていることを期待させます。

+ 芽衣 めい

女性
春らしい芽吹く季節を想像する事が出来て、これから沢山の事に挑戦し自分らしい芽をだしていってほしいという願いが分かり、衣をいれることで全てを包んでくれる様な優しい女の子のイメージを想像する事が出来ます。

+ 優芽 ゆめ

女性
字のごとく、かわいらしい芽を出す、優しい人になって欲しいという願いを込めることができます。それでいて、ゆめという読み方をあてることで、大きな夢に向かってぐんぐん成長していく姿を想像することもできます。

+ 由芽 ゆめ

女性
植物のように自由に芽を出し、すくすくと成長してほしいという親御さんの願いを感じます。「芽」という字から、若々しくて可愛い、真っすぐ、いろいろな可能性を秘めている、ふんわりといったイメージも持つことができます。

+ 友芽 ゆめ

女性
力強い春の芽吹きの躍動感がイメージでき、「友」の文字からは友情の芽を育み、友を大切にする優しい明るい人物に育って欲しいという願いが込められ、友に囲まれる幸せな明るい雰囲気が伝わってきます。まさに「ゆめ」のある未来を願った名前です。

+ 陽芽 ひめ

女性
「陽」という字は、太陽をイメージさせるあたたかい印象があります。また「芽」という字にも、芽吹きを思い出させることから春らしいあたたかい印象を持たせてくれます。天真爛漫で周りの人を暖かくするようなかわいらしい女の子になって欲しいという願いを込めることができます。

+ 妃芽 ひめ

女性
「妃」という字には、上品で美しい女性というイメージがあります。そして「芽」という字にはこれから成長していく子供に、たくさんの期待を込める事が出来ます。美しい花をこれから咲かせる若い芽を、見守っていきたいという思いが込められます。「ひめ」という読み方も可愛らしいです。

+ 芽吹 めぶき

女性
芽吹(めぶき)・・・春はぴょこんと何かが飛び出すイメージ。地下の中にあった種が芽吹くように、お腹の中から生まれてくれたことを祝福する名前です。これからの命、若い芽が生き生き成長していってほしいという願いも込めることが出来ます。春の風が吹くイメージもあります。

+ 芽生 めい

女性
芽生(めい)という名前は、春に芽吹く草木のイメージがあります。太陽に向かって元気に芽を出す草木のように、まっすぐ育ってほしいという願いを込めることができます。また、トトロに出てくるメイちゃんを思い出すことができ、活発で明るい子にという願いを込めることもできます。

スポンサーリンク

+ 悠芽香 ゆめか

女性
悠はゆったりとした柔らかいイメージの字です。芽は花の芽のイメージから、これから今にも咲こうとする花のような印象です。大きく育って花のようにきれいに咲いてほしいというような未来への希望も感じます。香は芽のイメージとあわせて花の香りのような女性らしい印象です。ゆったりと芽が育つように成長してほしいという両親の願いが伝わるような名前です。

+ 芽海 めみ

女性
海のように壮大で高らかな夢をもつだけでなく、その夢に向かって芽を出せるというイメージがあります。また、海の荒波にも負けずに芽を出せるぐらいの、パワーや勇気のある生命力を持てるようにという願いを込めることができます。

+ 由芽佳 ゆめか

女性
由は女の子によく使われる字ですが、自由という熟語に使われるイメージからのびのびとまっすぐな子という印象を受けます。芽は今にも咲きそうな花の芽のように希望やすくすくとのびていってほしいという思いが感じられます。佳は美しい、優れているという意味を持ちます。こどもに美しくのびのびと育ってほしいという気持ちが伝わってくる名前です。

+ 悠芽乃 ゆめの

女性
名前の響きや、使われている字から全体的におおらかな雰囲気の印象を受けます。「芽」の字からは春を、「乃」の字からはおしとやかな女性のイメージがあります。のびやかに、すくすく健気に育ってほしいという願いを込めることができると思います。

+ 友芽花 ゆめか

女性
新しい出会いがあり、新しい友達ができる春は、冬が終わり草花の芽の成長が楽しみになる季節です。そんな「友」「芽」「花」の3文字が入った名前には、春にふさわしい雰囲気があります。また「ゆめか」という音からは、未来へ夢が広がるポジティブなイメージがあり好感がもてます。

+ 香奈芽 かなめ

女性
普通の芽じゃなくて、どこか良質で芯の強いイメージがして、中性的な魅力も感じる名前です。男性からも女性からも好かれる分け隔てのない人になって欲しいと言う願いも込めることが出来ます。香りの字が付いているので、ちゃんと女性らしくもありオシャレな名前なので使うほどに磨かれて行く名前というイメージもあります。

+ 芽琳 かりん

女性
芽という文字は花の芽がこれから咲くように希望や明るさを感じさせる字です。琳は光かがやく美しい玉(宝石)や玉が触れ合うことで鳴る澄んだ音という意味の字です。透明感のあるきれいなイメージです。また読み方のかりんは花梨の花をイメージさせるので豊麗や優雅といった花梨の花言葉の意味をこめることができると思います。

+ 琴芽 ことめ

女性
琴には3月の暖かい日差しの中できれいな琴の音色が鳴り出してくるイメ-ジです。春になると草木の芽が出てくるので新しいことをチャレンジしたくなる季節でもあります。穏やかで何でも出来るような女性に育てたいと願いをこめます。

+ 翼芽 つばめ

女性
「ツバメ」は春の暖かさと共にやって来るイメージです。「翼芽」という漢字からは、冬のような厳しい環境でもしっかり育ち春に芽をだすような強さを持ち、暖かな心で他の人に春を届けるツバメのように育って欲しいと願いを込めることが出来ます。また、翼は自由、あなたには無限の可能性が広がっているのだという、自分の人生を生きて欲しいという願いもこもっていると思います。

スポンサーリンク

+ 芽紗 めいさ

女性
おしとやかさや優しさ、時に繊細さを感じさせる一方で、未熟ながらも「これからどんどんと伸びていくぞ」といった向上心や内なるパワーといったことを表現することが出来ます。そのようなことから「人間らしさ」を表現した名前であると考えます。

+ 芽咲 めいさ

女性
色んなことを吸収してこれからたくさんの可能性を持った芽を出してたくさん才能などを咲かせて欲しいという願いを込められそうです。
外国人風の名前のイメージで古風ではない今風の名前で、可愛らしい名前だと思います。

+ 芽彩 めいさ

女性
一本の木から彩り豊かな様々な新芽を連想されせるイメージから、様々なことに挑戦し、多くの芽を出しながら生きていってほしいという願いを込めることが出来ます。また、周囲の人も様々な芽を持っていることを認め、調和していってほしいという願いも込めることが出来ます。

+ 芽来 めぐ芽 めぐみ

女性
「芽」という字からは、地上から天に向かって、すくすくとまっすぐに育っていく様子がイメージできます。未来に向かって、まっすぐに突き進む強さもあわせ持って成長していけますようにという願いを込められる素敵な名前だと思います。

+ 芽生 めばえ

女性
芽生という漢字は目が出ること、春の花々の芽吹きを連想させます。ひいては生まれ出ること、誕生の喜びのようなものもイメージできます。生まれてきてくれてありがとうという両親の感謝の気持ちが伝わる名前です。また、大地を割いて芽吹く力強さも連想させ、生命力あふれる力強い生き方を願う気持ちも感じられます。


スポンサーリンク

葉をつかった女の子の名前

新緑の春。
青々としたさわやかさ、また、豊かな生命力をイメージする漢字。

読み方:よう、は、よ、ば、くに etc
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。
「葉」の漢字をつかった女の子の名前

乙葉 おとは

女性
「乙」という字は「乙女」をイメージさせ、女の子らしく愛らしい子にという願いを込めることができます。
またタレントの乙葉さんのイメージから、おっとりして笑顔が似合う、誰からも愛される子にという想いが伝わります。

+ 葉月 はづき

女性
爽快な、夏の植物を連想します。健やかに、元気に育って欲しいという思いを込める事ができます。また、元気で爽やかなイメージの「葉」と、神秘的で穏やかなイメージの「月」が合わさった魅力的な女性に似合う名前です。

+ 葉奈 はな

女性
花や華ではないことから、優美さよりも力強さ、生き生きとした生命力に溢れる感じがします。人を引っ張っていくような力強い女性になってほしかったり、自立したキャリアウーマンになるようなイメージがします。暖かい日差しに新緑が映えるように、輝かしい人生になってほしいという願いが込められると思います。

+ 葉那 はな

女性
使われている字や読み方から自然をイメージできます。また、名前の響きも女の子らしいので、植物のように長い年月をかけて、健やかにのびのびと愛嬌のある女性に育ってほしいという意味の願いを込めることができます。

+ 双葉 ふたば

女性
双葉(ふたば)・・・可愛く芽が出た若芽の象徴です。またひとりではなく、誰かと仲良くなって人と協調していって欲しいという願いを込めることが出来ます。人に寄り添い、自分も成長していくイメージも出来、優しさがありながらも軸を持って生きていける名前です。

+ 青葉 あおば

女性
新緑のイメージがあります。
青くてまだ若い葉っぱ。これからたくさん色んな事を吸収して成長して欲しいという願いを込められそうです。
この青葉という名前を付けられた子は、博識で美人な子に成長していきそうな気がします。

+ 彩葉 あやは、いろは、さよ

女性
葉っぱが色とりどりに、人生を歩むように、そういう風に色とりどりに楽しいことや辛いことも乗り越えて元気よくすくすくと育つようにという願いを込めることが出きます。また、葉っぱが色づくにつれて人々も自然と笑顔になりように、周りのみんなを笑顔にできる存在になってほしいと思い考えました。

+ 琴葉 ことは

女性
「琴」という素敵な音を奏でる和楽器からの「葉」という文字を掛け合わせることにより自然の中で音楽に合わせて踊る葉のようなイメージになり、自由に自分らしくゆったりと育って欲しいと願いを込めることができます。

+ 涼葉 すずは

女性
涼葉 すずは
春も5月くらいの新緑の美しい葉っぱが、爽やかなそよ風に吹かれているイメージです。明るいグリーンの新緑の葉は人々の心を癒す色で、明るくなります。
明るく、そして涼やかに上品に育ってほしいという願いの込められた素敵な名前だと思います。

+ 葉澄 はすみ

女性
葉澄(はすみ)
新緑の季節の、爽やかな様子をイメージさせます。これから大きく育っていく木の若葉を思い起こさせる名前で、立派な子に育って欲しいという願いを込めることができます。
名前の響きは昔からあるもので、男の子にも女の子にも似合います。漢字もかっちりとしているので、年齢を重ねても、爽やかでしっかりした人だろうという印象を与えられます。

スポンサーリンク

+ 葉音 はのん

女性
春のあたたかい日差しに照らされた緑色の若々しい葉っぱが、風に揺られてやさしい音を立てている様子がイメージされます。心があたたかく、いつも若々しい気持ちの人になりますように。また、そんな気持ちを周りにも感じさせるような人になって欲しいという願いが込められます。

+ 萌葉 もえは

女性
今まで眠っていた若葉たちが、一斉に芽吹き萌えはじめるように元気に、たくましく育ってほしいという願いを込めました。若葉はやがて、大きくなり人々に安らぎを与える存在にもなります。そういう風に、誰にも分け隔てなく、人々に優しく寄り添えるような子になってほしいという思いを込めました

+ 桃葉 ももは

女性
桃にはかわいらしいイメージがありますが、中には大きな種がありしっかりと芯があるように感じますので、優しくもかわいらしくもありつつ、それでもきちんと芯を持った素敵な女性になってほしいと願いを込めました。

+ 柚葉 ゆずは

女性
「柚」という漢字からは、柚子の実の鮮やかな黄色や丸い形がイメージされ、明るく活発かつ、かわいらしい印象をうけます。果実のイメージから、実のある人生を送って欲しいという願いを込めることもできるでしょう。「葉」という漢字からは柚子の葉のつややかさがイメージされ、柚子の実とのコントラストを思い浮かばせることで、鮮やかで華やかな印象を与えることができます。

+ 若葉 わかば

女性
若葉は春から初夏にかけて木々を彩る鮮やかな黄緑色の葉ですが、そのものを名前にすることで、フレッシュで生命力にあふれたイメージを連想させます。若葉のようにフレッシュで生命力にあふれた清々しい印象の人になってほしい、人に元気を与える人間であってほしいという願いが感じられます。

+ 和香葉 わかば

女性
新しくて瑞々しいイメージがしますし、ただの若い葉ではなく、香りの字が入って「若香葉」なので少しオシャレで女の子なら気に入ると思います。綺麗な名前に相応しい清楚ながらも真のある子に育ってほしいという願いも込められます。

+ 明葉 あきは

女性
花の季節が終わり、若葉の季節へと移り変わっていくころの自然を思い浮かべる名前です。どんどん育っていく若葉の勢いと、初夏にむかっていく日差しの明るさを感じます。積極的に前を切って物事をすすめていく、ポジティブな人生が待っていそうです。

+ 采葉 あやは

女性
若葉が色鮮やかに日に日にぐんぐん成長していく、エネルギーあふれる生命の力強さを感じさせることから、しっかりと地に足をつけた自立した人になって欲しいという願いを込めることができます。また、太陽の光が燦々と注がれるイメージがすることから、元気で明るい人に育って欲しいという願いを込めることができます。

+ 彩葉 いろは

女性
「いろは」という読みは、五十音を表します。「葉」の字は「言の葉」の言葉と通じます。だから、勉強や読書が好きなお子さんに育つのではないでしょうか?しかも、それが「彩」=いろ、が鮮やかなのですから、もしかしたら文才にも恵まれるかもしれません。

+ 楓葉 かえで

女性
楓の葉が紅葉したときの鮮やかな赤や、薄く繊細な葉の形がイメージされ、非常に華やかで洗練された印象を与えることができます。また、爽やかで涼しげな夏の楓の葉をイメージすれば、さわやかな印象があります。季節によって色を変える楓の葉のように、日々変化する美しさのようなものを印象づけることができます。

スポンサーリンク

+ 花葉 かよ

女性
花葉(かよ)
春といえば、花が咲いて綺麗な葉っぱの緑いろの中に花のあざやかさが際立つきせつなので、花と葉この二つのだけで春の暖かい優しい日差しを、草原を思い浮かべることができます。ふりがなからも、涼しげな優しげなイメージを生れてきます。

+ 香葉 かよ

女性
香葉(かよ)
春の新緑が芽吹く香りを抱かせるイメージがあります。
冬から春になり、木々が芽吹きだし葉っぱが少しづつ広がることを思い出させます。
太陽のあびて大きく伸びやかに育ってほしいとの思いを込めることができます。

+ 小葉音 こはね

女性
「小さい新芽が出た葉が音を立てて揺れる」という、春の穏やかな気候や1枚の葉だけでなく複数の葉に囲まれていることをイメージさせることから、穏やかに周りと調和しながら育っていってほしいという願いが込めることが出来ます。

+ 心乃葉 このは

女性
「このは」には温かで可愛いイメージがあります。「心」は大切なもの、大切にすべきもの、「葉」は伝えるもの。温かい心を伝える。思いやりをもった愛らしい女の子に育ってほしい。というイメージが込められている名前だと思いました。

+ 和葉 かずは

女性
「和」という字からは日本人らしさ、または平和の和でもあるので優しさやおおらかさを感じられます。「葉」という字はそのままですが自然のイメージがあります。これらのことからこの名前には、自然や和の心、平和を愛する人といった意味や、葉で優しく包み込むおおらかな人といった意味をつけられるのではないかと思います。

+ 涼葉 すずは

女性
涼葉 すずは
春も5月くらいの新緑の美しい葉っぱが、爽やかなそよ風に吹かれているイメージです。明るいグリーンの新緑の葉は人々の心を癒す色で、明るくなります。
明るく、そして涼やかに上品に育ってほしいという願いの込められた素敵な名前だと思います。

+ 朋葉 ともよ

女性
朋という字は友人や仲間という意味から、仲間に恵まれ、まわりから愛される子になってほしいという願いを感じます。葉は青々とした葉のように明るく元気で生き生きとした印象を受けます。朋と葉を組み合わせると元気で明るくまわりと仲良くできるというイメージです。


スポンサーリンク

春をイメージする女の子の名前

最後は、春のイメージに関連する漢字をつかった名前です。
名前の横の+をクリックすると解説が表示されます。

萌実 もえみ

女性
よどみのない響きから、たおやかで優しいイメージを受け、また、「もえ」というかわいらしい響きに、「えみ」で閉じるところからにこやかな女の子らしい印象も覚えます。
春の兆しのような温かな子に育つ意味を込めてつけるにはぴったりに思えます。

+ 萌々果 ももか

女性
次々と命が生まれる感じがして若くて瑞々しいイメージがします。またただ萌えるだけでなく、実りを付けるようなイメージも出来るので、好奇心いっぱいで夢を持ちながらも地道に積み上げていって欲しいという願いも込めることが出来ます。

+ 百香 ももか

女性
「香」というのは、きっと花の香りのことでしょう。それが「百」あるというのだから、ほんとうにありとあらゆる花が咲きほこっている情景が思い浮かびます。たくさんの美点に恵まれた、はなやかな女性に育ってくれるのではないでしょうか。

+ 桃愛 ももえ

女性
「桃」という字からは、ピンクで愛らしい桃の花を連想することができます。春の始まりを思わせるような桃の花は、誰からも愛され、女の子の節句であるひな祭りも思い起こさせます。女性として、一生、愛される存在になりますようにとの願いを込められます。

+ 舞桜 まお麗 うらら

女性
桜の花が暖かい風でフワッと舞い、一面ピンク色になるというイメージです。
「桜」という字が柔らかく女の子らしい感じがします。ピンクの柔らかい可愛らしい雰囲気でまわりの人を幸せにしてくれそうな名前だと思います。

+ 苺 いちご

女性
「苺」は見た目も可愛らしく、誰からも愛されている存在というイメージがあります。苺のようなみずみずしさで心が潤った人に。また春のあたたかさや苺のさわやかさも感じさせ、魅力的な人になって欲しいという願いを込めることができます。

+ 奈桜 なお

女性
2文字の名前からは明るく活発な人柄をイメージさせます。「桜」という字からは華やかさや春ののどかさもイメージさせ、女性らしさも感じさせます。明るくおだやかな心を持った女性として健やかに育ってほしいという願いを込めることができます。

+ 小桃 こもも

女性
こももという響き自体がとてもかわいらしく、桃の花は女の子の幸せな成長を願うひな祭りを連想させます。また、華やかではないけれど、春にうすいピンクの小さな花を咲かせる桃の花のかわいらしさ、いじらしさもイメージさせます。女の子らしく、かわいらしく育って幸せな人生を送ってほしいという親心が感じられます。

+ 奈桜 なお

女性
2文字の名前からは明るく活発な人柄をイメージさせます。「桜」という字からは華やかさや春ののどかさもイメージさせ、女性らしさも感じさせます。明るくおだやかな心を持った女性として健やかに育ってほしいという願いを込めることができます。


まとめ

「春」をイメージした女の子の名前を196例紹介しましたが、
気になる名前はありましたか?

春の柔らかくてあたたかいイメージと、
女の子のかわいらしさのイメージ


この2つはとっても合う気がしますね♪

ご紹介した名前のなかに、
1つでも参考になる名前があれば嬉しいです♪

また、女の子の名前はこちらの記事でもたくさん紹介してます。
>女の子の一文字名前!古風でかわいい名前65選を意味付きで紹介!
>女の子の二文字名前!古風な漢字やひらがなの名前150選!
>女の子の名前!響きが和風、個性的、中世的な名前例136選!
>女の子に花の名前!花をイメージするかわいい名前200選!
>女の子の名前!人気漢字ベスト10の古風でかわいい名前132選♪

こちらも、ぜひ参考にしてみてください!

さらに、
こちらの記事では名付けの「発想法のコツ」、
兄弟、姉妹がいる場合のポイントも紹介しています。
>子供の名付けのコツ!素敵な名前を見つける6つの発想法!

パパ、ママの子供への願いがこもった
素敵な名前がみつかるといいですね♪







この記事もおすすめです♪



-女の子の名前
-, , ,

Copyright© Solve It! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.