妊婦さん便秘解消法!簡単で効果的な3つの解消法とは?

妊婦さん便秘解消法!簡単で効果的な3つの解消法とは?

  • LINEで送る
この記事の所要時間: 717


実に、妊婦さんの7割が便秘に悩まされています!

便秘の辛さはもちろんのこと、
ママにとっては胎児への影響も、とても心配になります。

 なぜ、妊婦さんは便秘になりやすいのか?
 便秘による胎児への影響は?
 どうすれば解消できるの?



便秘を解消するためには、
まずは、妊婦さんが便秘になりやすい
カラダのメカニズムであることを十分に理解すること。


そのうえで、体と胎児に負担のない
便秘解消法に取り組んでいくことが大切です。


今回は、便秘で悩む妊婦さんが、
すぐにできて効果的な3つの便秘解消方法を紹介いたします♪

スポンサーリンク

妊婦さんが便秘になる理由

まずは、妊婦さんと便秘の関係です。

妊婦さんの7割が便秘と言われているように、
妊娠すると、便秘になりやすい理由がいくつかあります。

その中でも、大きな理由として、
一つ目はホルモンバランスの変化です。

妊娠をすると、黄体ホルモンの分泌量が増加します。

これは女性ホルモンの一つで、
流産をしないための、カラダの防御システムといえます。

しかし、その反面、この黄体ホルモンには、
腸の働きを弱くしてしまう作用があるのです。


つまり、妊娠をすると
体の中で排便する働き自体が弱まるといううことです。

また、おなかの中の子供が
大きくなるにつれ、子宮が腸を圧迫し始めます。

これが、便秘になりやすい2つ目の理由です。

これは、体の構造によっておこる現象ですが、
腸が圧迫されると、腸管が狭くなって便が詰まったり、
脳からの「排便を促す命令」が鈍くなってしまうのです。

他にも、つわりにより食事がとれなくなることで
水分摂取量が減ってしまい、体が水分不足になること。

また、ストレスなども排便に影響を与えますが、
妊婦さんが便秘になりやすい理由は、
体の中で起こる、この2つの変化が大きな理由です。


便秘による胎児への影響

では、ママが最も気になること。

便秘によって、
   胎児にどんな影響があるかということです。


便秘になるということは、腸内に便がたまった状態です。

腸内には、有益な善玉菌と、健康に有害な悪玉菌が
存在していますが、便秘の状態では悪玉菌が多くなります。

悪玉菌は、腐敗臭やガスといった発ガン物質を発生させます。

やがてそれらは、腸壁から血液へと流れこみ、
体内に流れる血液を汚していってしまいます。

ママの汚れてしまった血液が、
胎盤を通じて、胎児に影響を与えるとも言われています。

が、

実は、最も大きな影響とは

出産の際に産道をとおる赤ちゃんが、
ママの腸内環境の菌を引き継いでしまうことです。



ママの腸内環境が、
赤ちゃんに影響を与えているという研究は
すでに海外で実証されています。

大量の悪玉菌がいる腸内環境を
赤ちゃんが引き継ぐことで、免疫力の低下や、
アレルギー症状を引き起こすことが危惧されています。

便秘の辛さはママだけの辛さではなく、
生まれてくる赤ちゃんにも影響を与えかねません!

たかが、便秘とあなどってはいけません!

妊娠中の便秘には、しっかりとした対処が必要です。

スポンサーリンク

便秘解消のために大切なこと

便秘を解消するために、自分で出来ることは沢山あります。

ですが、

自分で出来るセルフケアと共に、
産婦人科にて相談すること!


を、おすすめします。

毎日排便がない!

ということが、便秘というわけでは決してありません。

排便がないことで、
お腹に張りや、痛みの不快感がでることが「便秘」です。

そして、この便秘によるおなかの不快感、
違和感は、切迫流産や早産などの子宮収縮と、
とても区別が付きにくいものなのです。

便秘と自己判断し、セルフケアで全てを解消しようとせず、
ご自身の状況を、かかりつけの医師に相談のうえ、
自分で出来るセルフケアを行うことをおススメします。

くれぐれも自己判断で、
市販の便秘薬を服用したりはしないでください!



排便を促す薬の服用は、
必ず医師の診断のもとで処方される
母子ともに影響のない適切な薬を服用すること!


①応急的な便秘解消
  医師から処方される薬を服用し、排便を促す。

②根本的な便秘解消
  次の項で紹介する、自分で出来るセルフケアを行う

安易に自己判断せずに、
お医者さんに相談のうえ、便秘解消に取り組みましょう。

スポンサーリンク

簡単で効果的な3つの便秘解消法

では、妊婦さんにおすすめの便秘解消法です。

便秘を解消する方法は色々ありますが、
今日から毎日できる、手軽で効果的な3つの便秘解消法です。


1. こまめに水分を補給する

まずは、朝起きたらコップ1杯の水、または牛乳を飲みます。
これにより胃腸の動きが活発になって、便秘の解消に効果があります。

また、特につわりがある方は、脱水症状になりやすい状態ですので、
日中から水分をこまめに補給するようにしましょう。

その場合、カフェインを含まない杜仲茶がおすすめです。

杜仲茶には血流をさらさらするゲニポシド酸も含まれていて、
廃物を排出する効果もあっておすすめです♪


2. ヨーグルなどの乳酸菌を摂取する

ヨーグルトや乳酸菌には腸内環境を整える調整効果があります。

便秘によって増殖してしまった悪玉菌を撃退し、
便秘になりにくい、バランスのよい腸内環境に
回復させる働きをしてくれます。

食後のデザートとして、ヨーグルトを食べると良いでしょう♪


3. 軽い運動をする

ウォーキングによって腹筋が動かされ、腸を動かしてくれます。

妊娠初期のときには軽いウォーキング、
中期をすぎればマタニティーヨガなどもおすすめです。

ただ、わざわざマタニティーヨガに通ったり、
DVDを買ったりなどまではおススメできません。

筋肉や体力をつけるわけではないので、
適度な運動としてはウォーキングで十分です♪


以上が、
簡単にできて、効果的な3つの便秘解消法です。

ほかにも、玄米や食物繊維を接収するなどもありますが、
家族の食生活まで影響し、お金もかかるのでおススメできません。

また、オリゴ糖も、便秘に効果があると言われていますが、
安いオリゴ糖には、糖分や添加物が含まれていることがあります。

無添加の国産品となると、内容量によりますが、
だいたい3000円前後が相場のようです。

あくまでも、生活に負担なく、
毎日続けられるものが一番だと思います!


まとめ 妊婦さんの便秘解消

便秘解消のセルフケアはいかがでしたか?

ほかにも、自律神経にも関わることなので、
リラックスをするという解消法もあります。

ですが、

リラックスで便秘解消ができるかといえば、、、
私自身、まったく効果がありませんでした。

便秘を解消したいという気持ちが強すぎて、
あれもこれもと試してしまうと、

一体何が効いて、何が効かないのかが、

さっぱりわからなくなってしまいます。


まずは、手軽に、簡単に
すぐにできることから試してみるのことをおススメします。


当サイトでは他にも、
妊娠や妊婦さんに関連する記事も公開しています。
ぜひ、こちらも参考にしてみてください。
 >妊娠初期の頭痛と吐き気。市販薬はOK?私が実践した14の対処法
 >妊娠初期の腹痛と出血。赤ちゃんは大丈夫?14の簡単チェックシート
 >妊娠初期の出血。茶色の血と出血量の意味?3つの原因と対処法
 >妊娠初期の黄色いおりものは何のサイン?6つの原因と着色全解説


また、前にも言いましたが、
自分のセルフケアだけで治そうとせず、
必ずお医者さんに相談のうえで、
便秘解消に取り組まれることをおススメします。

たかが便秘。されど便秘。

妊婦さんのカラダは、自分だけのものではありません。

胎児への影響も考えて、
しっかりと便秘対策をしていきましょう!

スポンサーリンク
           
 
   
こちらの関連記事も人気です♪
  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ