頭痛に効く市販薬!頭痛歴25年の私が使っている最強頭痛薬!

  • LINEで送る
この記事の所要時間: 146

「頭がガンガンする…」

「頭が痛くて吐き気がしてきた…」


頭痛でこんな経験したことありますか?


私は、こんな頭痛がしょっちゅうやってきます。。。
そうです、ヘビーな頭痛持ちです。

私の場合、2~3日に1回はやってきますが、
頭痛自体は日常生活の中で、
大抵、誰もが経験をしているはずです。


ひとことに頭痛といっても、

「なんとなく頭が痛くて重い感じがする」
「頭の片方だけズキズキする」
「動けない程、頭がガンガンと痛い」


と、
こんな感じで様々な症状があります。

そして、この様々な症状の頭痛は、
それぞれで原因が違っています。

つまり…

原因が変われば、

対処方法も変わってくる


ということです。


私は25年に及ぶ頭痛持ちで、
ありとあらゆる頭痛になります。

これまでに培った頭痛の対処法を
こちらの記事で紹介していますが、
今回はズバリ、


頭痛に効くおすすめ市販薬です!


頭痛の市販薬はたくさんあります。

一体どの頭痛薬が一番効くのか?
頭痛にお悩みの方なら、とても気になるところです。

頭痛薬にはそれぞれ特徴や強みがあり、
その頭痛にあった頭痛薬じゃないと、
かえって逆効果になってしまうことも!

そこで、

あまりの頭痛に病院でMRI検査。
毎日頭痛→不機嫌→家族の雰囲気サイアク→離婚危機。


と、頭痛による
様々な不幸や災難を経験してきた私…

そんなヘビー頭痛持ちの私が、
実際に自分で使ってきた頭痛薬の中から
キングオブ頭痛薬を紹介いたします!


ちなみに、
現在の私は、この頭痛にはこの市販薬…
というように、
頭痛の種類別で市販薬を使い分けています。

どんな頭痛でもこの頭痛薬!

ではなく、

タイプにあわせて使い分ける

これこそが、私が25年かけてたどり着いた
頭痛薬の正しい使い方です。

私が頼りにしている最強市販薬を
頭痛の種類別で紹介いたします。

効果の程は、個人の体質などにより
違いがあるかもしれませんが…

私と同じ様に、
頭痛で辛い思いをしている方の為に
少しでも役立てれば嬉しいです♪

是非、頭痛の市販薬選びの際に
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

頭痛の種類を見極める

まずは、あなたのその
「頭痛の種類」を見分けましょう。

頭痛にはいくつかの種類があり、
それぞれに異なる原因があります。

ですから、それぞれの種類別で
市販薬をセレクトしていくのがおススメです。

次章から紹介するおススメ市販薬では
下記の自分の症状に当てはまるものを確認して、
その頭痛にあったものを参考にしてください。


1.偏頭痛

ズキンズキンと脈打つように痛み、
動くと更に痛みます。

頭の片側に起きることが多いですが、
中には両側で起きることもあります。

この痛みの原因は、頭の血管が拡張し、
周囲の神経を刺激しているためです。

こちらの記事で、より詳しく解説しています。
 >偏頭痛の治し方!5つの予防法と即効で緩和させる4つの対処法



2.緊張性頭痛

頭が締め付けられているような鈍痛で、
日常生活に支障がない程度の痛みです。

頭全体、または後頭部が痛みます。
肩や首のコリが原因となることが多いです。



3.群発性頭痛

目の奥やこめかみがえぐられるような
耐えがたい痛みが起きます。

偏頭痛や緊張性頭痛よりも強い痛みで、
早朝や夜中に起こることが多いです。

日常生活に支障をきたすほどの痛みですが、
動くと少し楽になることもあります。

自立神経の乱れなどが誘因となり、
目の奥にある血管が拡張することが原因と言われています。



こちらの動画でも頭痛の症状について、
詳しく説明しています。



また、こちらの記事でも
更に詳しく頭痛の種類を解説しています。
 >頭痛の治し方!すぐに出来る3つの症状別撃退法と予防法!


こちらも参考にしながら、
まずは自分の頭痛のタイプを特定してください!



市販薬の選びのポイント

上の章で自分の頭痛がどの種類なのか
大体は分かったでしょうか?

市販薬選びには、これがとても重要となります。

【偏頭痛】原因:血管拡張→対処:血管収縮

【緊張性頭痛】原因:血行不良→対処:血行促進

【群発性頭痛】原因:血管拡張→対処:血管収縮


というように、
原因が違うとその対処が全く別ものになります。


経験上、頭痛薬の使い過ぎは危険です!

使いすぎると体が慣れてしまい、
より強い薬、より強い薬と
どんどんエスカレートしていきます。


頭痛薬ならロキソニン、バファリン!
というのは、私からしたらアマチュアか
頭痛の知識と経験が乏しいと言わざるを得ません。


頭痛がきたら、すぐに市販薬。
市販薬で頭痛を治す!


のではなく、
頭痛薬はあくまでも対処法の1つ。


根本な解決、対処、改善を行いながら、
状況にあわせて市販薬も使用する。

また使う市販薬も、
自分の頭痛にあったものをセレクトする。



これが私が薦める市販薬の使い方、
頭痛の対処法です。

私の周りにも頭痛持ちが何人かいますが、
頭痛のタイプは偏頭痛か緊張性頭痛です。

そして、私の周りだけでなく
頭痛で悩んでいる方のほとんどは、
このどちかのタイプです。

この2つは、頭痛の原因が真逆!

市販薬選びを間違うと
症状が悪化してしまうのです。

辛い頭痛で苦しんでいるのに、
薬を飲んで更に悪化するなんて、
絶対に嫌ですよね。


ですから、そんなことのないように、
必ずそれぞれに合った市販薬を選びましょう。

次章では、長年頭痛と付き合っている私が、
実際に使用している市販薬を
それぞれの頭痛別に紹介します。

是非、参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

偏頭痛にオススメ

偏頭痛の原因は、頭の血管が拡張することです。

なので、市販薬も当然、
血管収縮の作用があるものをセレクトします。

ちなみに、
「無水カフェイン」というのを知っていますか?

機会があれば、ドラッグストアや薬局に
並んでいる頭痛薬の外箱を見てみてください。

「無水カフェイン」が入っているものと、
入っていないものがあります。

実は、偏頭痛の市販薬選びには
これが重要になります!

無水カフェインには、血管収縮作用があります。
血管拡張が原因の偏頭痛には、
無水カフェイン含有の頭痛薬がベストです。

では、実際に私が使用している
偏頭痛のキングオブ市販薬です!




イヴA錠

これ、私が1番よく服用している頭痛薬です。

どこの薬局でも置いてありますし、
価格もお手頃です♪

もちろん、無水カフェイン入りです。

しかも、他のお手頃価格の頭痛薬よりも、
無水カフェインの分量も多め。

私は偏頭痛が起きた時、頭痛が酷くなる前に、
早めにこれを服用するようにしています。





イブクイック頭痛薬DX

これは割と最近出た頭痛薬です。

イブシリーズの最高クラス
と言った感じでしょうか。

これが出る前は、
私は「イヴクイック頭痛薬」を使用していました。

実は、イヴA錠と、イヴクイックは、
服用するタイミングによって使い分けています。

偏頭痛が始まって、
痛みが酷くなる前ならイヴA錠。

ですが…
たまに、飲むタイミングを逃してしまうことも。

痛みが本格的になってからでは、
市販の頭痛薬ではあまり効果が期待できません。

ただ、このイブクイックDXが出てからは、
そんな時にも痛みを和らげることが
出来るようになりました!

本当に、頭痛持ちの私にとっては、
イヴ錠様様です…(笑)


そして、
特にこのイブクイック頭痛薬DXは、
服用してから効果を感じるまでが早いです!

ただ、価格がお高めなので、
飲むのが遅くなってしまった時にだけ使用しています♪


ということで、
偏頭痛にオススメの市販薬をまとめると・・・

頭痛になり始め→イヴA錠

既に頭痛がピーク→イブクイックDX



そして、さらに効果UPの秘策!

これらの市販薬と並行して、
「頭に冷えピタを貼って冷やす」
を行うと、私は効果バツグンです♪


偏頭痛で苦しんでいる方は沢山います。

決して薬頼みになるのではなく、
こちらの記事も参考にして対処してください。
 >偏頭痛の治し方!5つの予防法と即効で緩和させる4つの対処法

スポンサーリンク

緊張性頭痛にオススメ

緊張性頭痛は偏頭痛に比べて、
さほど痛みも酷くはありませんが…

それでも、長時間、
鈍痛が続くのは地味に辛いものです。

緊張性頭痛の原因は血行不良です。
血行促進の作用がある市販薬がおススメです。

では、実際に私が使用している
緊張性頭痛のキングオブ市販薬です!


葛根湯

葛根湯というと風邪の薬というイメージですが、
私はこれが1番のオススメです。

葛根湯には、血行促進の作用もあり、
また、肩こりや冷えにも効果があります。

もちろん、痛みを和らげる成分も入っています。

緊張性頭痛は血行不良が原因ですし、
肩こりなどから来ることも多いです。

このどちらも改善してくれる葛根湯は
緊張性頭痛のベスト市販薬です!


バファリンA

バファリンは昔からある薬ですので、
誰もが知っていますよね。

もちろん、どこの薬局でも見かけます。

このバファリンシリーズの中で、
バファリンAは無水カフェインが入っていません。

そして、何よりも価格がお手頃です。

血管収縮の作用がなく、痛みが緩和するので、
緊張性頭痛に使用出来ます。

バファリンAのHPでも、
肩こりなどから来る頭痛に効くと言っています。

私は、外出時で緊張性頭痛が起きて
どうにも辛くなった時、このバファリンAを使用しています。



【さらに効果UP】

私は、緊張性頭痛の時には、
これらの市販薬の服用と共に、
「湯船に入る」ことで頭痛を治しています。

血行促進、肩こりに効果のあるものを
行うのが良いと思います。

こちらもご参考に!
 >半身浴の効果とやり方!ダイエット効果も?半身浴7つのポイント!
 >肩甲骨はがしのやり方と効果とは?辛~い慢性肩こりをカンタン解消!
 >肩こりによる頭痛や吐き気!何科で診察?3つの肩こり解消法!



群発性頭痛にオススメ

群発性頭痛は基本的に、

・病院で治療する
・医師から処方されるお薬


でしか良くなりません。

ですから、市販薬でコレ!
という薬は、残念ながらありません。。。

が、

群発性頭痛が起きた時に、
多少は効果があったかな…と思ったのは、
偏頭痛で紹介したものと同じ頭痛薬です。

・イヴA錠

・イヴクイック頭痛薬DX



群発性頭痛の原因も、
目の奥の血管拡張と言われています。

ですから、偏頭痛同様に
血管収縮の作用があるものが良いかと思います。

始めにも言いましたが、
群発性頭痛は基本的に病院での治療と処方されたお薬です。

市販薬はプラスアルファ、というか、
強いて言うならば、、、という感じです。


また、無水カフェインが多いということで、
この市販薬で効果があると言っている人もいます。


エスタロンモカ錠

これは、元々「眠気除去薬」として
市販されています。

ちなみに第3類医薬品です。

この市販薬は私自身、
服用したことがありませんので
あくまで参考情報としてお伝えいたします。

あまり目にすることが無い薬ですが、
気になる方は、薬局で聞いてみると良いかと思います。




まとめ

頭痛歴25年、ありとあらゆる頭痛と
付き合ってきている私が、
実際に服用している市販薬を紹介しました。

いかがでしたでしょうか?


頭痛のあの辛さは、
頭痛持ちにしか分かりませんよね。

しょっちゅう「頭、痛い…」と言っているので、
周りも聞き慣なれてしまい心配もされません…

でも、本当は痛くて何もしたくない位ですよね。
ですが、そういう訳にもいかないし…

そんな時には、
我慢せずに市販の薬に頼っても良いと思います。


ただし、
市販薬の長期服用は避けるべきです!

頭痛を治すためのセルフケアを行うこと。
その一つには市販薬の服用もあること。

そして、それだけでなく
専門の医師への相談、診察をするべきと思います。

【参考記事】
 >頭痛の治し方!すぐに出来る3つの症状別撃退法と予防法!
 >偏頭痛の治し方!5つの予防法と即効で緩和させる4つの対処法
 >半身浴の効果とやり方!ダイエット効果も?半身浴7つのポイント!
 >肩甲骨はがしのやり方と効果とは?辛~い慢性肩こりをカンタン解消!
 >肩こりによる頭痛や吐き気!何科で診察?3つの肩こり解消法!


私は、病院で検査してもらった結果、
とくに治療が必要な異常はなかったので、
頭痛の際には市販薬を使用しています。

もし頭痛持ちの方で、
まだ医師に診てもらっていないようでしたら、
まずは一度、診察を受けることをオススメします。


頭痛薬を使わない治し方も参考に、
市販薬を状況に応じて使用していく。



25年もの頭痛との闘いのなかで、
私がたどりついた市販薬の使い方です!

その辛い頭痛の緩和に、私のオススメ市販薬を
参考にしてもらえたらと思います。





こちらの関連記事も人気です♪

  • LINEで送る
サブコンテンツ

このページの先頭へ